<無料占い> 元カレの今と気持ち。 愛さんより。

 
 
 今回は、愛さんからのご相談です。「ちょっと前にかなりひどいケンカをして、私が一方的に相手をやりこめる形で別れた人がいます。よりを戻したいわけではありませんが、彼は今どう過ごしているのか、私への気持ちは一切なくなって、新しい恋をしているのか……とかが気になりました。ぜひ占ってほしいです!」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「節(水沢節)」です。最上図をご参照ください。
 
 「節」は、もとの意味は「竹のフシ」です。区切りをつけてしめくくる、ということです。
 そこから、「節約する」という意味と、「節度を守る」という意味が生じました。欲を抑えて、苦しみを受け入れるべき、という運気です。
 
 「節(水沢節)」は、上が水、下が沢というかたちです。沼(沢)が水をたたえ、枯渇もせず氾濫もせず、ちょうど良い状態を保っているかたちを示しています。
 このかたちについて、「生活に規律を保つべきだ」という言葉が書かれています。
 
「節」のうらないの言葉は、
「節」は伸び栄える。
平衡感覚を保って、苦しみに耐えるべきだ。
「節」は苦難を喜んで引き受け、自らの節度を保つべきことを示している。
 
というものです。
 
 「節」の卦は、上が水、下が沢ですが、水には「苦難」の意味があり、沢には「喜び」の意味があります。そのため、苦しみを受け入れるべきだ、という意味になります。
 ほどよい所にとどまって、手に入らないものには欲を抱かず、固執しない。情に流されすぎない。そうあるべきだ、という運気です。
 この卦については、分析の視点が二つあります。一つは、最高の運気である「泰」が傾こうとするのを、「節」によってとどめるべきという視点です。もう一つは、水が涸れるような最悪の運気である「困」が変化したものが「節」であり、漏れ出る水を下で支えている、という視点です。
 好調な運気とまでは言えないが、節度を守り、日々を平穏に控えめに過ごせば、だんだんと開けてくる運勢であるといえます。大きな事業には向きませんが、日常的なことをやっていくには良い運気です。
 
 
 
 以上のような「節」の卦を踏まえて、愛さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 結論です。
 
 彼は「気持ちに区切りをつけている」かと。
 まだ彼女はいないかもしれないというイメージです。
 
 
 
 今回得られた卦は、「節」です。
 「節」の卦は、もともとは竹の「ふし」という意味です。竹は、伸びる時はスイスイと伸びますが、「ふし」で一旦成長を引き締めますよね。そしてまた伸びていく。伸び伸びする時と、引き締める時とを交互に使い分けて、高く伸びることができるわけです。
 したがって、この卦が得られた時の心構えは、「節度」すなわち「メリハリ」です。
 しかし、その意味については、気をつけていただきたいことがあります。
 「節度がない」というと、「お酒の飲み過ぎ」とか、「ギャンブルのやりすぎ」とか、だらしない方面ばかりが想像されますが、それだけではありません。
 逆の状態、「気の遣いすぎ」「働き過ぎ」「頑張り過ぎ」も、メリハリを失っている状態ですので、「節度がない」とされるのです。緩める時は緩めなければならないのです。
 (たとえば、「苦節」という言葉があります。「苦節~年」と言うと、通常は「よく頑張った、えらい」というイメージで捉えられますが、易の用語としては、「そんなに苦しむほど頑張らなくても……」というイメージの言葉とされています。)
 
 
 「節目」はついた、つまり彼は「もう気持ちに区切りをつけている」のではないかと。
 「区切り」ですので、まだ「次」にはいたっていない、彼女はいないのでは?というイメージでもあります。
 
 
 以下は、完全な余談、差し出口となりますが。
 女性は、自分から振った後でも、「別れた彼氏の様子」を気にされる方が多いような気がいたします。
 しかし、「節」ではないかと。
 「節目、区切り」なのですから、さくっと忘れて次に進むほうが良いような気がするのです。
 伺いますと、たとえば「別れてすぐに次の女に行くのは、何か腹が立つ」と言われるのですけれども。
 男性(私個人に限らず、男性一般によくある感覚だと思うのですが)からしますと、「いや、自分から振っておいて、それはあんまりにも身勝手でしょう」と思いますし。「振っておいて、自分のほうが未練を抱いているんじゃあ世話ないでしょう」とも思うのであります。
 振った彼氏のことなど、気にしなくて良いと思うのであります。
 「節」ですので、「さっさと忘れて次にいく」ことがお勧めになるのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加