<無料占い> 恋愛、結婚について。 Mさんより。

 
 
 今回は、Mさん(女性・30代)からのご相談です。「職場で、隣接業務に勤めている年上の男性と知りあいました。たまに会話をしたり、勤務が重なった時に挨拶をするぐらいで、なかなかプライベートな話をする機会がありません。以前、『送るよ』と言われたことがあったのですが、いろいろ気になって断ってしまったことが、今になって逆に気になっています。職場の上司からも、『彼、良いんじゃない?』的なことを言われたことがあり、気になっています。しかしお互いなかなか声をかけられず、ネガティブに考えてしまっています。彼女がいるかも、などという噂を聞いては、気が重くなったり。彼がどう思っているのか、今後どうなるのかなど、見ていただけますようお願いいたします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「夬(沢天夬)」です。「かい」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「夬」のかたちは、上が沢、下が天です。天よりも高いような高地にある池に切れ込みを入れれば、水が下に流れてきて、下にいるみんなが潤う、そういうことばが示されています。
 また、この卦は、一番上が陰を示す破線です。陰湿な独裁者に押さえつけられているが、それを下から打倒するようなイメージも持ちます。
 
 「夬」の占いの言葉は、
 
 「夬」とは切り開くことだ。
 毅然とした態度でつまらないトップを打倒すれば、みな幸せになる。
 正しい議論と誠意でもって、仲間を募ろう。
 まず、自分の脇を固めるのを忘れるな。
 断固として行動するのだ。
 
 というものです。
 
 「夬」の卦は、下の立場から見た、いわばクーデター決行のような運勢を示しています。それと同時に、上の立場から読み取れる運勢、クーデターを起こされないように、早めに対策を取るべきだ、という運勢です。
 もう少し普遍化すると、「問題があるならそれを変えるべく断行すべきだ。また、問題があるなら、それが爆発する前に対処すべきだ。」という運勢です。
 そのため、この卦が出た時は、「クーデターを起こす時のように慎重に」・「クーデターを起こされないように穏やかに」と解釈することが多いとされます。
 全体として、無理をしたり、力不足であったりすることが原因で、ものごとがうまくいきにくい、という運気です。
 恋愛・結婚運でも同様です。なかなかうまくいかないと考えられます。
 
 
 
 以上のような「夬」の卦を踏まえて、Mさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「積極的に踏み込んで良し」かと見立てます。
 むしろ「そうしなければ動かない、そうすることで動いていく」かと。
 彼が「受け身」だからこそ……というイメージです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「夬」です。
 「夬」は、「決断」や「クーデター」などを象徴します。
 古代の社会情勢(クーデター・下克上は不道徳とされていた)や、アドバイスをする側の事情(占い師は、責任を取れる立場にないのだから、できるだけ「なあなあ」な物言いをする方が安全だ)といった問題もあるために、「できるだけ穏やかに」と解釈されがちな卦ではありますが、この卦の本質はあくまでも「決断」です。
 全体として、何かうまく行かない状態です。「上からの圧力」的なものがあったり、どうも力不足であったり、そのようなイメージです。
 それに耐えて、大きな決断をすると、運気が変わってくると考えられています。
 
 上に、一般論として、「恋愛・結婚運に良くない」と記しました。
 しかしこれは、「古代中国的な社会における話」です。日本で言うならば、「戦前的な、お見合い結婚」におけるイメージ。
 積極的に出会いを求めていかなければいけない現今の状況では、必ずしもあてはまりません。
 
 相性について言えば、彼が「沢」、Mさんが「天」です。
 「沢」は、「受け身、軽い、少女」です。
 「天」は、「天、父、積極性、男性性」。
 ここから考えますと、「彼は受け身で――Mさんが積極的」という関係性かと。
 「彼は決して悪印象を抱いていないが、やや積極性に欠ける」かもしれません。
 
 Mさんの側で、あまり慎重・臆病にはならないほうが良さそうです。
 「送るよ」という提案を断る……というのは、男性側からすれば、「まあ、そりゃそうだよな」と、さらっと流せる話ですし。
 
 まずは積極的に話しかけていく、きっかけを作って二人で会う機会を作っていく……。
 そういう方向性が「功を奏する」かと。
 そのように見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加