<無料占い> 恋愛がうまくいきません。 チコリさんより。

 
 
 今回は、チコリさん(女性・20代)からのご相談です。「前回復縁について相談した人からは、3ヶ月で振られてしまいました。最近親しくなった遠距離の男性とは、相手に近場の恋人ができたらしく、お別れとなりました。たまたまかもしれませんが、長続きしない恋愛が重なって自信を失っています。私に何か問題があるのでしょうか?改善策があれば教えていただきたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 「教える」までには至らないかと存じますが、この記事がひとつの「発想」を提案することができていれば幸いに存じます。
 
 
 得られた卦は、「革(沢火革)」です。最上図をご参照ください。
 
 「革」は、「あらためる」と訓読みします。「革命」「変革」の意味です。
 
 「革(沢火革)」は、上が沢、下が火というかたちです。水と火が争っているので、その争いを解決するべき時であることを示しています。「改革の際には時期を定めよ」という言葉があります。
 
「革」の占いの言葉は、
 
十分時期が熟してから行うべきだ。
水と火が攻め合う、二人の女性がいがみあう形を、喜びに変えるのが「革」だ。
「革」が必然的に行われたなら、未来は開ける
革命には、時機を見定めることが重要である。
 
というものです。
 
 「革」は、上は沢・下は火というかたちですが、沢は「若い女性」、火は「沢よりは年長の女性」をも意味します。火と水、同居している女性同士、そういった争い・矛盾を解決するために「改革」「革命」が必要だ、そういう運気です。
 何事にも意識改革、これまでのやりかたを改めるべきこと、行動も考え方も積極的であるべきで、ただし時機は充分に見計らって行うべきことを示しています。
 仕事運についても、「革」ですから、今までのやり方を変えるには良い運気です。業種転換・配置転換・取引先を変える…といったことについては、大体において良い運勢と見ることができます。
 恋愛運については、特に男性については、あまり良くないと言われています。ただ、「関係が新たな局面を迎える」という意味ですので、場合ごとに検討が必要であると言えると思います。
 
 
 
 以上のような「革」の卦を踏まえて、チコリさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「逆に考える」べき状況なのかもしれません。
 長続きしないとのお話ですが、「短期間の間に彼氏や仲の良い男性を作ることができる」のは、ひとつの能力(?)……あるいはチコリさんの魅力ではないでしょうか。
 「自信を持って良い」かと。自分が悪いのではなく、「状況、若しくは相手が悪い」ケースかもしれません。
 特に遠距離恋愛は、「状況的に」どうしても破綻しやすいですし。
 「ジンクス」や思い込みを捨て、「うまく行かなかった要因」を排除するように努めれば大丈夫。そのように感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「革」です。
 「革」は、まさに「革命」です。
 これまでのやり方が限界に来ているので、それを改めていくことが求められる、という運気です。
 なお、「革」は、改めると言っても、「新たに作る」よりは「古いものを捨てる」というイメージの方が強く現れます。
 
 考え方を「革(あらた)める」のがよいかもしれません。
 いわゆる、「逆に考えてみるべき」時なのかと。
 
 上で申し上げましたが、「長続きしない」といってもチャンスは次々訪れている。
 それはチコリさんのひとつの魅力であり、武器ではないでしょうか。
 自信を失うべき時ではなく、自信を持つべき時なのかもしれません。
 
 「そんなこと言ったって、現に長続きしていないし……」というところについても。
 いわゆる、「コップ半分の水」かもしれません。
 「コップには半分しか水がない」と思うか、「コップ半分も水がある」と思うか。
 「出会って、お付き合いを始めることはできている」のですから、課題(?)は明確ですし、限定的です。
 
 悪いのはチコリさんではないのかもしれません。
 状況がかみ合わなかっただけ、たまたまご縁がなかっただけ。それが2つ続いただけなのかも。
 
 「思い込み」を捨てて、「うまく行かなかった要因」を排除する。
 下を向かずに、自信を持って次に進む。
 そのような発想こそが、あるいはお勧めになるのではないかと見立てます。 
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加