作成者別アーカイブ: 未畫

<無料占い> 友達にとっての私の存在。 りんさんより。

    

 
 
 今回は、りんさん(女性)からのご相談です。「去年、長時間ラインでやり取りをして以降、友人の機嫌を損ねてしまったような感じがしています。見返してみても悪かったとは思えないのですけれど。昨日連絡を取りましたが、やはり何か噛み合わない感じがします。考えすぎでしょうか。もうひとつ、他に2人の友達がいます。その2人どうしには接点はありません。それぞれ私に連絡をくれる人ですが、自分の都合を押し付けてきたり、思いを一方的に話してきたりで、自分は都合の良い存在なのではないかと思ってしまいます。本心ではどうなのかを知りたいです。(この2人に対しては、私から連絡することはありません)」とのご相談内容です。
 
 
 ラインをしたお友達について。
 得られた卦は、「節(水沢節)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 「節」は、もとの意味は「竹のフシ」です。区切りをつけてしめくくる、ということです。
 そこから、「節約する」という意味と、「節度を守る」という意味が生じました。欲を抑えて、苦しみを受け入れるべき、という運気です。
 
 「節(水沢節)」は、上が水、下が沢というかたちです。沼(沢)が水をたたえ、枯渇もせず氾濫もせず、ちょうど良い状態を保っているかたちを示しています。
 このかたちについて、「生活に規律を保つべきだ」という言葉が書かれています。
 
「節」のうらないの言葉は、
「節」は伸び栄える。
平衡感覚を保って、苦しみに耐えるべきだ。
「節」は苦難を喜んで引き受け、自らの節度を保つべきことを示している。
 
というものです。
 
 「節」の卦は、上が水、下が沢ですが、水には「苦難」の意味があり、沢には「喜び」の意味があります。そのため、苦しみを受け入れるべきだ、という意味になります。
 ほどよい所にとどまって、手に入らないものには欲を抱かず、固執しない。情に流されすぎない。そうあるべきだ、という運気です。
 この卦については、分析の視点が二つあります。一つは、最高の運気である「泰」が傾こうとするのを、「節」によってとどめるべきという視点です。もう一つは、水が涸れるような最悪の運気である「困」が変化したものが「節」であり、漏れ出る水を下で支えている、という視点です。
 好調な運気とまでは言えないが、節度を守り、日々を平穏に控えめに過ごせば、だんだんと開けてくる運勢であるといえます。大きな事業には向きませんが、日常的なことをやっていくには良い運気です。
 
 
 
 2人のお友達について。
 得られた卦は、「兌(兌為沢)」です。「だ」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 以上のような「節」「兌」の卦と、りんさんのお話とをあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 
 ラインをしたお友達については、りんさんのお言葉を借りるならば、「考えすぎ」のほうかと見立てます。
 「気にしすぎない」ことと、「しつこくなりすぎない」こと、また「連絡を取る際に、あまりに長くなりすぎない」こと……などが、お勧めになるかもしれません。
 2人のお友達については、「利用しようとまでは考えていない」かと見立てます。
 が、良くも悪くも「気安い」お友達と思われているのではないかと。
 りんさんの側からも、気安くお友達に「迷惑」……といっては言葉がきついかもしれませんので。「気安くお友達に『めんどう』をかける、何かあったら助けてもらう」という、「お互い様精神(?)」を発揮されることがお勧めになるかもしれません。
 
 
 
 
 ラインをしたお友達について。
 得られた卦は、「節」です。
 
 「節」の卦は、もともとは竹の「ふし」という意味です。竹は、伸びる時はスイスイと伸びますが、「ふし」で一旦成長を引き締めますよね。そしてまた伸びていく。伸び伸びする時と、引き締める時とを交互に使い分けて、高く伸びることができるわけです。
 したがって、この卦が得られた時の心構えは、「節度」すなわち「メリハリ」です。
 しかし、その意味については、気をつけていただきたいことがあります。
 「節度がない」というと、「お酒の飲み過ぎ」とか、「ギャンブルのやりすぎ」とか、だらしない方面ばかりが想像されますが、それだけではありません。
 逆の状態、「気の遣いすぎ」「働き過ぎ」「頑張り過ぎ」も、メリハリを失っている状態ですので、「節度がない」とされるのです。緩める時は緩めなければならないのです。
 (たとえば、「苦節」という言葉があります。「苦節~年」と言うと、通常は「よく頑張った、えらい」というイメージで捉えられますが、易の用語としては、「そんなに苦しむほど頑張らなくても……」というイメージの言葉とされています。)
 
 全てにおいて、「~しすぎはよろしくない」という運勢です。
 上にも書きましたが、「頑張りすぎること」や「仕事をていねいにやりすぎること」すら(、「節」の卦が得られたときには)、「よろしくない」とされます。
 
 りんさんのお言葉を借りるならば、「考えすぎ」のほうかと見立てます。
 もし何かあるとすれば、ラインのやり取りが「長すぎた」のかもしれません。何も悪いことはしていなくても、お友達が疲れてしまって、それがりんさんの心にひっかかりを作ってしまったのかも。
 (と、言いますのも。男女間では割とありがちなのです。女性の会話やラインの量の多さに、男性が疲れてしまうというケース。で、疲れている姿を見て、女性が「彼が不機嫌になっている」と勘違いしてしまうようなケースです)
 そして、「機嫌を損ねてしまった」という先入観があるから、ちょっとしたズレすら「噛み合わないように思ってしまう」ということかもしれません。
 どれほど仲の良いお友達でも、自分とは別の人格ですよね?感性はズレているのが当たり前ですし、普段ならそれが互いの面白みに感じられたり、あるいは気づくことすらなかったり。
 しかし、気持ちが過敏になっているために、何もかもが気になってしまう。
 ……そのようなケースではないかと見立てます。
 
 「気にしすぎない」こと、また、「ギクシャクしているように思えるから、修復しようと必死になる」ようなことを「避ける」ことがお勧めかもしれません。
 
 
 
 2人のお友達について。
 得られた卦は、「兌」です。
 
 「兌」は、上下とも「沢」を意味します。
 「沢」は、「少女、笑い、喜び、口、身軽さ」などを象徴しています。悪く言えば、「深みがない、軽薄だ」ということにもなります。
 
 この「兌」は、良くも悪くも「軽く、浅い」というイメージを象徴します。
 したがいまして、お友達がなにか「深刻な悪意」を持っているというわけでは「ない」と見立てます。
 「気安い関係」といったところではないでしょうか。
 
 「りんさんほど深く考えていない」、「りんさんほどには、考えが及んでいない」のだと思います。
 「気づいていないから、(悪く言えば)厚かましくなれる」ということかと。
 
 しかし、お友達どうしなのですから、「厚かましい」と考えすぎてしまうのも、少し違うのかなあと。
 お互い迷惑を掛け合ってこそのお友達ではないでしょうか。
 
 迷惑という言葉ですと、少しキツイかもしれません。
 お互いめんどうをかける。あるいは何らか助け合う。それがお友達ではないかと。
 りんさんの側からも、ふたりにめんどうをかけたり、何かやらせたり、りんさんのために時間を取らせたり。……気を使いすぎずに、そういうことをしていって良いのではないでしょうか。
 そうすれば、お互い様ですので。「なんだか自分だけが損をしているような」気持ちからも解放されるのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 彼とのこの先か新しい出会いか。 ななさんより。

 
 
 今回は、ななさん(女性・30代)からのご相談です。「数年お付き合いしている方がいるのですが、彼はお母さんの介護もあり、わたしとのことを考える余裕もなさそうです。いままでつきあっていても、将来のことを話したこともなく、このままずるずる付き合っていても先がないように思っています。この先かれと一緒にいても良いものでしょうか。一緒に生活できることがあるのでしょうか。彼にこの先を期待するより、年齢的にも厳しそうですが、恋愛や結婚につながる新しい出会いはあるのでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「夬之晋(夬、晋へゆく)」です。
 
 
 まずは「夬(沢天夬)」の卦を検討します。「かい」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「夬」のかたちは、上が沢、下が天です。天よりも高いような高地にある池に切れ込みを入れれば、水が下に流れてきて、下にいるみんなが潤う、そういうことばが示されています。
 また、この卦は、一番上が陰を示す破線です。陰湿な独裁者に押さえつけられているが、それを下から打倒するようなイメージも持ちます。
 
 「夬」の占いの言葉は、
 
 「夬」とは切り開くことだ。
 毅然とした態度でつまらないトップを打倒すれば、みな幸せになる。
 正しい議論と誠意でもって、仲間を募ろう。
 まず、自分の脇を固めるのを忘れるな。
 断固として行動するのだ。
 
 というものです。
 
 「夬」の卦は、下の立場から見た、いわばクーデター決行のような運勢を示しています。それと同時に、上の立場から読み取れる運勢、クーデターを起こされないように、早めに対策を取るべきだ、という運勢です。
 もう少し普遍化すると、「問題があるならそれを変えるべく断行すべきだ。また、問題があるなら、それが爆発する前に対処すべきだ。」という運勢です。
 そのため、この卦が出た時は、「クーデターを起こす時のように慎重に」・「クーデターを起こされないように穏やかに」と解釈することが多いとされます。
 全体として、無理をしたり、力不足であったりすることが原因で、ものごとがうまくいきにくい、という運気です。
 恋愛・結婚運でも同様です。なかなかうまくいかないと考えられます。
 
 
 
 次に、「晋(火地晋)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「晋」は、「すすむ」という意味です。運気上昇、自信を持ってマイペースで(オーバーペースにならないように)進むべき運気を象徴しています。
 
 「晋」は、地面の上に陽が出ているかたち、まさに日の出です。
 自分の良いところを発揮すべき時、という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「晋」は、「すすむ」という意味である。
 何事も順調。上下が信用しあっているのだ。
 
というものです。
 
 「晋」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。
 
 
 
 以上のような「夬」「晋」の卦を踏まえて、ななさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせ、変化の関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「問い質す」ことが必要かと見立てます。
 「遠慮せず踏み込んだその先に、運気急上昇のきっかけがある」という運勢です。
 それが今の彼との将来か、別の出会いかまでは、少し見えてこないところがありますが……おそらくは、「今の彼との将来」のほうであろうかと。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「夬、晋へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「夬」は、「決断」や「クーデター」などを象徴します。
 古代の社会情勢(クーデター・下克上は不道徳とされていた)や、アドバイスをする側の事情(占い師は、責任を取れる立場にないのだから、できるだけ「なあなあ」な物言いをする方が安全だ)といった問題もあるために、「できるだけ穏やかに」と解釈されがちな卦ではありますが、この卦の本質はあくまでも「決断」です。
 全体として、何かうまく行かない状態です。「上からの圧力」的なものがあったり、どうも力不足であったり、そのようなイメージです。
 それに耐えて、大きな決断をすると、運気が変わってくると考えられています。
 
 彼は自分の現状をかえりみて、「将来のことを言い出せるような状況には無い」と思っているのかもしれません。
 それはひとつの誠実ではあろうかと存じます。
 しかし、それならば。結婚を考えているななさんとつきあっていてはいけないはず。
 
 付き合うか、別れるか。本来ならば、彼から言い出すべきことなのかもしれません。
 特に女性は、それを求める傾向があるように感じられます。
 しかし現在の労働環境等を考え合わせると、男性に女性をリードする余裕がないというのも、また事実。
 男女が「対等の関係」であるならば、女性も「男性にリードされること」、あるいは「男性から言い出してもらうこと」を期待すべきではないのかもしれません。
 
 ななさんの側から踏み込むべきかと見立てます。
 彼はお母さんの介護をされている。いろいろ大変そうだ。
 「それが見えていても、つきあっている」ということは、彼と一緒にいたいというお気持ちではありませんか?
 それならば、「結婚したい。結婚を前提に、将来を考えた付き合いをしていきたい。あなたはどう考えているのか」と、自分から切り出してはいかがでしょう。
 その返答次第、彼の取る態度次第によって、自然と「この先どうすべきか」が見えてくるのではないでしょうか。
 
 
 このような「夬」が、やがて「晋」へと変化していくと解釈されます。
 
 「晋」」の卦は、「旭日昇天」。まさに日の出であり、急激な運気上昇を示しています。苦しかった時期を抜け出す運気です。(そのため、之卦として、つまり、「A之B」のBにあたる卦として「晋」が出た時は、特に運気の上昇を期待できると言えます。)
 しかし、「地」の上に「火(日)」というかたちは、まだ日が出たところでもあります。日の出前後が一番寒いように、いきなりフルスロットルで走りだすのはお勧めできない場合もあります。
 その理由ですが、やや専門的な話として、「晋」の卦には「坎」(苦難)や、「蹇」(足をひきずる)といった卦の要素が含まれているからです。
 運気が上昇して、一気に走りだしたいところだけれど、内にそれを引きとめるもの(例えば家族の体調や、なんらかの心のしこりなど)があって、どうも進みかねるような心痛がある、そういう状況でもあるわけです。
 それでも前に進むべき、それが「晋」の卦が示す基本的な運勢と言えます。 
 
 「夬」……決断によって運勢を切り開けば、「晋」……運気は急上昇する。
 そのような流れかと見立てます。
 
 それが、新たな出会いなのか、今の彼なのか。 
 そこは少し、見えにくいところではありますけれど。
 
 「晋」のイメージからすると、「今のお付き合いが勢いづいていく」というほうに可能性を感じます。
 が、やはりまずは踏み込むところから。怖がらずに聞いてみることで、展望が開けると見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 新しい職場について。 このみさんより。

 
 
 今回は、このみさん(女性・20代)からの、「来月から新しい職場に行くことになりました。人間関係と、仕事についていけるかが心配です。どうでしょうか?」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「升(地風升)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「升」は「のぼる」と訓読みします。運気上昇の気配です。
 
 地面の下から木(巽は風だけでなく木も象徴します)が生えてくる、のぼってくる、そういうかたちです。
 
占いの言葉は、
 
大いに伸び栄える。
優れたリーダーにしたがってゆけ。
案ずることはない。喜びが訪れるだろう。
南に行くと、吉。
 
というものです。
 
  易では、運気上昇に関する卦は三つあります。「晋」・「漸」・「升」です。
 「晋」は、一気に上昇するけれど、そのぶん安定感に欠けます。
 「漸」は、着実に上昇しますが、勢いが強いわけではありません。
 「升」は、その中間、一番バランスよく運気が上昇する卦です。
 
 この卦は、他者の支え、引き上げがあって運気が上昇する、という運勢です。しかしその前提として、自らの内側に強い意志を持っている必要があります。植物で言えば、地面から芽を出そうとしなければ、世話をする人も水のあげようがないわけです。
 全体的には、最初はやや苦労が多い・進展が見えにくいけれども、ある段階から着実に運気が伸びる、そういう運気です。
 仕事運について言えば、「地面から植物が芽を出す、埋もれていたものが明るいところへ出てくる」というイメージから、新しい計画に着手するには吉と見ます。あるいは、いま現在そのような計画をしているところだ、という状態にあることが多いとされます。
 恋愛・結婚運については、大吉と言われています。女性について占った場合、昔であれば、「玉の輿」と言われるような運気です。ただ、現在の、恋愛結婚中心の結婚観では、そこはやや割り引いて考える必要があると思います。
 何か迷うようなことがある、という局面では、上記の、「南に行くと、吉。」(原文では、「南征吉」)という言葉が重要になってきます。南の方へ行くこと、火や暖かいものに関連すること、明るくて華やかなこと、そういう方向で選択するのが良いと思われます。
 
 
 
 以上のような「升」の卦を踏まえて、このみさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 心配は不要かと感じられました。
 「一生懸命にやれば、自然とうまく回るであろう」という運勢です。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「升」です。
 「升」は、勢いが強すぎもせず弱すぎもせず、バランスよく上昇してゆくという運勢を象徴しています。最高に良い運気の一つと言えます。
 また、「升」は上が「地」で下が「木」(「風」は、「木」も象徴します)というかたちをしています。植物が土の中にあって、やがて芽を出し成長してゆくイメージです。「ひとの助けが得られる」という運気ですが、その助けを得るためには、まずきっかけとして、植物自身が芽を出していかなければなりません。最初は自分の側から努力をしなければならない、ということです。
 
 
 易を代表する盛運のひとつです。
 心配はご無用かと感じられました。
 
 最初のうちは、慣れないことがあったり、いろいろと過敏になってしまったりするかもしれません。
 それでも、そこで「頑張る」こと、また「頑張る姿を見せる」こと。このふたつをこころがけることで、人間関係・仕事運ともに、自然と上昇機運に乗っていくのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 転職活動について鑑定お願いします。 くみさんより。

 
 
 今回は、くみさん(女性・30代)からのご相談です。「最近、転職を決意しました。いままで派遣や契約社員で、独身です。これからもずっと独身かもしれないし、今後のことを考えた結果です。事務を主にやってきましたが、自分が何の仕事をしたいかはっきりと答えがでないままの決断でした。次は今までよりも収入増加、安定への道を探したいです。これだ!と思える仕事に出会えれば良いのですが。どのような行動をすれば早く転職先が見つかるでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「鼎(火風鼎)」です。「てい」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 
 「鼎(火風鼎)」は、「かなえ」です。三本脚の器(食器・調理器具)です。
 三本の脚で器を支えるようにみんなの協力を得てことを行えば、大成功するという、よい運勢を示しています。
 
 「鼎(火風鼎)」は、木(風は木も象徴します)の上に火があるかたちです。鼎をつかって調理を行うかたちです。「秩序を整える」という言葉が示されています。
 
 「鼎」の占いの言葉は、
 
 この卦は鼎をかたどっている。大いに伸び栄える。
 木を火にくべて調理を行い、お供えにしたり、みんなをもてなす。
 謙虚(風)で聡明(火)、穏やかなリーダーにまっすぐな部下。
 だからこそ、伸び栄えるのだ。
 
 というものです。
 
 鼎は三本脚の器です。三本の支えがあればどっしりと安定するように、みんなで協力し合えばよい結果が出るということを示しています。
 また、「鼎」は、新しいことをするのには吉、とされています。「鼎」の前に置かれている卦は「革」(革命)であり、その結果を引き継ぐ運気であると考えられています。
 もっとも、ここでいう新しいとは、完全リニューアルではなく、味付けがうまくいかなかった料理について、食器の中にある食材にもう一度火を加え、料理し直すようなイメージです。うまくいかなかったならば、今までの延長の中でマイナーチェンジを加えてみては、という運気です。
 料理のように、人を喜ばせることで自分も喜ぶという運気でもあります。独善はよくありません。ひとのことを考えると良いでしょう。
 恋愛・結婚運は、協力を意味することから、悪くないと考えていきます。しかし、三本脚の器だけに、三角関係のおそれもあります。
 
 
 
 以上のような「鼎」の卦を踏まえて、くみさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「これまでに基礎を置きつつ、マイナーチェンジ」という方向性はいかがかと提案いたします。
 意味合いとしては、2つ。
 経験がある職務内容、経験のある業種から探していく。
 あるいは、これまで仕事をしてきた感覚から、「この業種(会社)は、うまく回っている」と感じられたところを軸に探していく。
 いずれかに可能性があるのではないかと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「鼎」です。
 「鼎」は、「かなえ」です。「三本脚の、調理器具 兼 食器」を意味します。
 三本脚ですので、非常に安定しています。また、「支え合う」というイメージですので、周囲の人とは協力しあってうまくやっていけるという運勢を示唆します。だいたいのことについてうまく行きやすいと言うことができます。
 また、「調理」ですので、「ちょっとした味付け・アレンジメント」というイメージを持ちます(「革命」を意味する「革」の卦ほどではありません)。「マイナーチェンジ(小さな改良)をする」「気の持ちようを少しだけ変える」ことに向いている運勢です。
 
 全体としては、「安定」というイメージです。
 「まずまず、うまく行きやすい」。「十分な結果が望めそうだ」と感じられます。
 
 方向性としては、「マイナーチェンジ」がお勧めとされます。
 「テーブルをひっくり返して一から始める」よりは、「今あるものをいったん見詰めて、そこに変化のヒントを探る」という方向性はいかがかと提案いたします。
 
 上で申し上げたように、意味合いは2つありそうだと感じられました。
 「まるっきり新しいところ」を意識していくよりは、「これまでのご自身の中にヒントがありそうだ。そこから探すとうまく行くのでは?」と、そのように見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> これからの未来。 じゅりあさんより。

 
 
 今回は、じゅりあさん(女性・40代)からのご相談です。「昨年、癌と診断され、抗がん剤治療をしています。今月末、やっと手術をすることになりました。術後も治療は続きます。また元のような生活をできるようになるのか、この先の自分はどうなるのか。よろしくお願いいたします」とのご相談内容です。
 
 
 医学的なことについては、占いを差し控えさせてください。
 お医者様のおっしゃることが、一番頼りになるかと存じます。
 
 
 得られた卦は、「巽(巽為風)」です。「そん」と詠みます。最上図をご参照ください。
 
 この卦は、上下とも風を現し、まさに風を象徴します。
 また、「巽(そん)」は、「遜」に通じ、謙遜・譲ることを示します。
 
 風はものにぶつかれば方向を変え、どのような隙間にも入り込みます。
 そのぶん、何事にも適応でき、柔軟な人間関係を築けますが、優柔不断に陥る危険もあります。
 決断に迷う運気を示しています。すぐれた指導者にしたがうべき、とされてきた卦です。
 
 占いの言葉は、
 
 やや運が開ける。
 進んでことを行えば順調である。
 謙虚に、指導者にしたがうべきだ。
 
 というものです。
 
 この卦は、柔軟に、ことを進めればやや運が開ける運気であることを示しています。
 もっとも、内部に「大過」(不安定な運気)や「睽」(反発しあう運気)を含んでおり、また風に吹かれる卦でもあることから、不安定さ・動揺という運気をも示します。細かいことが気になり、やや神経質になってしまう、そういう運気です。
 新規の事業には良くない、今までの関係を重視すべき、と言われています。ただ、株や商売関係では、大きくはないが利益が出る、とされます。ただ、「風」ですから、動きやすい局面で、その点に関する注意が必要です。
 一般的に言って、「かたちのないもの」については良い運気です。ですから、精神的な活動には良く、また、サービス業等についても吉とみます。
 
 「風」ですから、おおまかにいって、動きが多く安定が難しい、という運気であることが多い卦です。
 そのため、身辺になんらかの異動・変化が起こる可能性があります。また、安定していないのですから、何事についても周囲に相談していくのが良いと言われる卦でもあります。
 婚姻は、「風のように動く」のでまとまりにくく、末を遂げない可能性もある、とされてきた運気です。
 
 
 
 以上のような「巽」の卦を踏まえて、じゅりあさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 いろいろと、変化はあるかと感じられます。
 それによる「動揺」もあるかもしれませんが、「柳に風」……と申しますか、「柔らかく受け止める」ような動き方がお勧めになりそうです。
 「変化はある。これまでと全く一緒とは、いかないかもしれない。『しかし、そうひどいことにはならない。まずまず、上出来だと思えるような結果になる』」という運勢です。だからこそ、「過敏に動揺しすぎないようにする」ことが、お勧めになりそうです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「巽」です。
 「巽」は、上下とも「風」というかたちです。「風」は「動くもの」ですので、「巽」の卦は、良くも悪くも、「動き」「動揺」「不安定」というイメージを持ちます。
 また、「風」は「入り込むもの」というイメージを持ちます。「かたちがない」ので、どこにでも柔軟に入り込みます。それだけに、「だいたいのことはうまくいく」けれど、「やや八方美人的」ですし、自ら道を切り開いて大成功するというところまでは期待できない、というイメージです。(仕事面で、サラリーマンとして出世はできるが、一世一代の大仕事というまでの勢いはない、的なイメージです。)
 また、身辺に何らかの変化・異動が起こるというイメージを持ちます。
 
 
 「全体としては、まずまずうまく行く」、「そうひどいことにはならない……どころか、そこそこ良い」とされる運勢です。
 ただし、いろいろと「動き」はあるとされる卦です。
 
 「これまでどおり」を、「これまでと全く同じように」と考えてしまうと、動揺が大きいかもしれません。
 これまでと「似たような水準だ」、「変化はしたけれど、まずまずやれている」と、そのように柔らかく受け止めることがお勧めになりそうです。
 事実的な意味での結果としては、「まずまず、上出来」という結果になっていくことが多いとされる運勢です。
 「動揺しすぎない」ようにしていくことで、その結果がますます得られやすくなるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 子どもの進学について。 さわのさんより。

 
 
 今回は、さわのさん(女性・40代)からのご相談です。「中高一貫校の3年生になる息子がいます。一貫校ですので、高校受験の勉強はしていませんし、塾通いもしていません。中学の範囲は、学校のほうで終えています。その息子ですが、高校を外部受験したいと言っています。本人の希望は私立・公立ともにトップクラスの学校です。少々中だるみ気味だったことを考えると好ましい変化なのですが、学校の勉強(高校の範囲に入ります)と両立できるかが不安です。チャレンジさせるべきか非常に迷っています。どんなことでも構いませんので、指針をいただけたらと思っております。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「臨(地沢臨)」です。最上図をご参照ください。
 
 「臨」は、「臨む」、つまり、見ることです。
 より詳しく言いますと、上から下のものを見下ろす、上から支配と保護を及ぼす、そのような運気です。「君臨」・「神降臨」という言葉がありますが、その「臨」です。
 ただじっと観察するわけではなく、能動的に見ていることでもあります。
   
 また、この卦は、岸(地)に立って沼沢(沢)に臨む、というかたちを象徴しています。
 やはり上から下を見るわけですね。
 六本の線のうち、下の2本が陽を示し、陽がだんだんと上がってきている様子を示しています。
 
 占いの言葉は、
 
 剛・陽の気がしだいに盛んになり、上下とも喜ぶ。
 天の道にかなって、大いに栄える。
 変わらぬ心を持っていれば、万事順調。
 しかし、もの盛んなれば必ず衰う。
 陽気が衰退する八月(太陽暦ならば8月末~10月初頭)には凶に転ずる。
 
 というものです。
 
 「臨」の卦は、陽の気が成長している途上にある、と解釈されます。
 「坤」(全て陰)→「復」(一陽来復、下一本だけが陽)→「臨」(下二本が陽)→「泰」(下三本が陽、最高の運気)……という流れです。ですから、このままいけば「泰」、最高の運気になって行く、と考えられている運気です。もっとも、「泰」以降、だんだん運気が衰えていく、その動きもまた必然的で止められないものと言えます。ですから、占いの言葉にも戒めが記されているわけです。
 
 「臨」は、「見る」という意味ですが、易にはもう一つ、「観」という「見る」の卦があります。
 「臨」と「観」の違いですが、前者には「上から下を見る」、また、「積極的に参加していく」ニュアンスがあります。(例えば神降臨、と言う言葉を使う時は、神が人に干渉している・影響力を及ぼしていますよね?)一方、後者は、「下から上を見る」、また、「一歩引いて、傍観者的な立場をとる」というニュアンスがあります。
 したがって、「臨」の卦が出た時には、積極的に行動を起こすのが良い運気です。
 
 「臨」の卦は「復」(一陽来復)から来て「泰」(安泰)に行く、良い運気です。
 もっとも、「臨」の卦の内部には、「震」(から騒ぎ)の要素が含まれています。すなわち、運気が良く、積極的になるのが良いといっても、調子に乗ると大変なことになりかねない、そのような運勢でもあるわけです。つまり、「うまい話には気をつけろ」という時期であると言うことができます。
 運気が良いからこそ、気を引き締めて、本業に邁進しましょう、ということですね。
 人間関係一般を見るときには、こちらを「沢」、相手を「地」と見ます。「地」は、誠実で柔軟、懐が広いのですが、優柔不断。「沢」は少女を象徴し、軽快な人柄、明るくおしゃべりだが、失礼ながらやや軽薄かも、と考えていきます。
 恋愛運についても、「臨」ですので、やや好調とみることができます。ただ、「臨」は、上で申し上げたように、自分から行動を起こして行くことが重要になります。
 
 
 
 以上のような「臨」の卦を踏まえて、さわのさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「息子さんの意志を尊重して良し」と見立てます。
 そのまま成績が上がって合格水準に達すれば何もいうことはありませんし。
 合格水準に達しなかったとしても、中学の範囲の復習にはなります。中学と高校の範囲には、重なっているところも多々ありますし。
 あるいは勉強の意欲が増すだけでも、後々への影響が大きく違ってくると見立てます。
 実際に受験するかどうかは、冬に決めれば良いことでもありますので。
 どのようなことであれ、「頑張れることを見つけられた」ということに意味がある。「臨」の卦からは、そのように見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「臨」です。
  「臨」は、勢いのある良い運気です。イメージは、「君臨」です。「自分から積極的に、リーダーシップをとる(流れを決めてゆく)」のが良い、とされます。
 勢いのままにまとめやすいと言える運気です。多少強引でも行動していけば、周りもそれに合わせて動いていく、というイメージです。
 また、「臨」には、字の如く「臨機応変」のイメージもあります。積極的に動いていけば、後はどうにかアドリブで回していけそうだ、というイメージなのです。
 
 「臨」の卦については、芝居がかっている上に青臭いですけれど、「人生という舞台の主役は、自分自身なのだ」という言葉がピッタリ当てはまります。
 
 「思ったように動いて良し」です。
 特に、若い方が「自分から何かをしようと思い立った」ことには、それだけでも大きな意味があると思います。
 やればやっただけ、一気に伸びる年頃でもありますし、ぐんぐん成績が上がるということ、十分ありうるかと。
 やる気が出ている状態であれば、両立は十分可能かと見立てます。
 
 かりに、「そこまでにはならなかった」としても、勉強の意欲が増したことは確かです。後々への影響が大きく違ってくるかと。
 実際に受験するかどうかは、直前に決めれば良いことでもあります。「そのつもりで、期間を区切って頑張ってみる」こと、悪くないと見立てます。
 
 「臨」については、「しばらくすると息切れする」という性質があるとされます。
 若い頃はそういうものだと思いますので、これも心配はご無用かと。
 たとえ三日坊主でも、「三日はやった」、そのことに意味があるかと。
 「自発的に動く」ことの意義と、その好影響が示唆されるのが、「臨」の卦ですので。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> パートナーの借金癖について。 miniさんより。

 
 
 今回は、miniさん(40代)からのご相談です。「パートナーがいますが、昔からギャンブル依存症で多額の借金に私が悩み、何度もつきあったり別れたり、またつきあったりを繰り返しています。お金の問題がなければ気が合う人なのですが。パートナーは、『もう借金はしていない、ギャンブル依存症は治せた』と言っていますがどうなんでしょう。今はとりあえずその言葉を信じつつ、本音は心配でなりません。私とパートナーの金運、借金を抱えていないかみてもらいたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 現に借金を抱えていらっしゃるかどうかについては、「あてもの」に属します。
 信じてしまって、外れていたらおおごとです。より確度の高い調査手段によるほうが確実かと存じます。
 金運、今後の考え方。そういった観点から記事を作成いたしました。
 
 
 得られた卦は、「明夷之兌」(明夷、兌へゆく)です。
 
 
 まずは「明夷(地火明夷)」の卦を検討します。「めいい」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 
 「明夷」は、「賢明なものが敗れる」という意味です。立派であるがゆえに、周りから叩かれかねない。ここは「能ある鷹は爪を隠す」でいくべきだ、という運勢です。
 
 「明夷(地火明夷)」は、地面の下に太陽があるかたちです。暗黒支配、あるいは有能な部下を上司が押さえつけている、そういうかたちをしめしています。
 「このような時は世間から隠れるべきだ。経済的に苦しいこともあろう、世間から非難されることもあろう。気にすることはない」ということばが示されています。
 
 「明夷」の占いの言葉は、
 
 太陽が地中に隠れた状態。
 このような時は、能力を内に隠して、外面は柔和にいくべきだ。
 文王・箕子といった偉人も、そうして対処したのである。
 
 というものです。
 
 「明夷」の卦が出た時は、「自分は賢明なのだが、そのせいでかえって世間に受け入れられない」という状態です。
 逃げ出そうと思っても逃げ出せません。ではどうすればよいか。「隠れる」「隠す」のです。周りに合わせてしのぐのです。そういう運勢を示すものです。
 ふつうのやり方が通用しにくい時で、「持てる者の悩み」がある時です。たとえばお金持ちであるなら、強盗対策として、あえて地味な生活をする、そのようなやり方をすべき時と言えます。
 恋愛・結婚運については良くありません。自分の美点を隠さなければうまく付き合えない相手ということですから、良い関係とは言い難いのです。
 
 
 
 次に、「兌(兌為沢)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 以上のような「明夷」「兌」の卦を踏まえて、miniさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、どちらで解釈してもほぼ同じかと感じられました。原則どおり、内包関係として解釈しております。
 
 
 
 結論です。
 
 彼のギャンブル依存については、「難しい」かと見立てました。
 付き合うならば、「浅く・楽しく・表面的に」が良い。そのような運勢かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「明夷、兌へゆく」です。
 メインの運気を示す「明夷」は、「本来ならば素晴らしい能力を持っているはずの人が、暗黒に押しつぶされている」ような状態を象徴するものです。運気としては最悪に近いものがあります。
 
 (この「明夷」の卦のイメージは、はるか古代、殷の紂王にまつわる話を想像すると、非常に分かりやすくなります。
 紂王は、暴君でした。運動神経抜群・頭脳明晰。何百年も続いた安定した王朝の、正統の王でした。その故にこそ逆に、暴力的な政治をした彼を止めることは誰にもできませんでした。頭脳明晰ですので、反乱計画すら立てられません。二人の叔父が賢臣として仕えていましたが、紂王を変えることはできず、一人は生きたまま人体解剖され、一人は狂人のふりをするしかありませんでした。また、殷の隣にあった周の国の立派な王様(文王)も彼に睨まれ、10年間牢屋にぶちこまれました。「正しくしていても難しい」とは、このような事情を踏まえたものです。)
 
 ではどうすれば良いのか。この「明夷」という卦は、狂人のふりをした大臣の生き方、あるいは10年我慢して、将来のために牢屋の中で読書をしていた文王の生き方を示すものです。
 
 
 自分は悪くない。悪いのは相手だ。
 そういう状況において、「相手を信用してはならない」、「自分を守ることを考えるべきだ」、「信用できない相手が悪いのだから、自分も相手を欺いて生き延びるべきだ」……と、そういう方向性を示唆する運気です。
 
 ギャンブル依存症は、非常に治療が困難であると聞きます。
 ギャンブルに限らず依存症は、「完治することが無い」のだとか。刺激に触れないようにしておくほか、対処法はないと聞きます。
 しかし街には、そうした施設があふれていますよね。……非常に難しいかと。
 
 「明夷」の卦は、「たとえあなたが数百年間、先祖から何十代にわたって仕えてきた家臣であるという、そこまで深い縁だとしても、王様を見限ることこそが正しい」とする運勢です。
 「いまはもうギャンブルはやっていない」、「借金は無い」。彼のその言葉が、かりに「いま現在、正しい」ものだとしても、そこに判断の基礎を置くべきではないと見立てます。
 
 いま借金があるかどうかではなく、「彼はギャンブルをやめられない、将来的には再び借金をするであろう人だ」という覚悟、あるいは不信感を基礎とした上で、行動を決めるべきかと。
 「明夷」の卦からは、そのように見立てます。
 
 
 このような「明夷」に内包されているサブの運気が「兌」です。
 「兌」は、上下とも「沢」を意味します。
 「沢」は、「少女、笑い、喜び、口、身軽さ」などを象徴しています。悪く言えば、「深みがない、軽薄だ」ということにもなります。
 
 「兌」は、良くも悪くも「浅く、軽く、うわべのおつきあい」というイメージを持つ卦です。
 恋愛で言うならば、それこそ体だけの関係をもイメージさせるような運勢。
 
 「明夷」の卦と考え合わせるならば。
 「パートナー」の意味にもよるかとは存じますが、いわゆる「結婚」あるいはそれに準ずるような「事実婚」に向いた運勢では「ない」と感じられます。
 「気が合う恋人」としてのお付き合い、「浅く・楽しく・表面的な」お付き合い。「いつでも離れられる(明夷)」おつきあい。
 「深いお付き合いか、別れるか」の二択のほかに、「気楽なお付き合い」という第三の選択肢があるかもしれないと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 今年の出会い。 MIAさんより。

 
 
 今回は、MIAさんからの、「今年中に将来結婚する相手徒出会えるか占っていただけますか?」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「咸(沢山咸)」です。「かん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「咸(沢山咸)」は、山の上に池があり、下に潤いが及んでいるかたちです。下にある山は上へ向かおうとするもの、上にある池は下に下ろうとするもの。お互いに近づこうとしています。「自らの我意を虚しくして、人の心を受け入れるのが良い」という言葉が示されています。
 
「咸」の占いの言葉は、
 
「咸」とは感ずること。
陰と陽の二つの気が、親しみ合い、助け合うのである。
陽・剛である男が下にあって変わらぬ愛(山)を誓い、
陰・柔である女がそれを受け入れる(沢)。
それゆえに伸び栄える。固い結びつきを続けるならば、吉。
 
というものです。
 
 「咸」の卦は、「感ずる」ということです。心のふれあい、「感応」の意味と、身体的・感覚的なふれあいと、両方を意味します。また、「咸」は、「みな」・「ことごとく」という訓読みもあります。まさに、全人的・全身体的な感覚によるふれあいを意味すると言えます。
 そして、「咸」は「感」であるわけですから、理屈ではうまく説明できないような、直感・感情といったものが大きな要素となってきます。感情的になってしまうが故の過ちもありうるし、また逆に、直感的な選択が正しい結果につながるということもありうるわけです。
 さらに、やや専門的な話になりますが、「咸」の卦の運気に関わる、運気の理想的な流れは、「(天地)否」→「(沢山)咸」→「(雷風)恒」→「地天(泰)」というものです。閉塞→動き出し→継続→安定、という流れです。
 この流れと、「柔が上にあって剛が下にある(その結果お互い求め合って動き出す)」という占いの言葉から、「咸」の卦は、「運気の動き出し」という性質を持つものと考えられます。そのため、遅疑逡巡(ためらってぐずぐずする)のは良くないとも言われています。
 恋愛・結婚運という点では、上記の説明の通り、非常に良い運勢と言えます。もっとも、感覚的なものに流されて間違いを起こしやすい、という運気でもあるので注意が必要と言われています。
 
 
 
 以上のような「咸」の卦を踏まえて、運勢を判断します。
 
 「結婚」よりも「恋愛」のイメージが強い運勢ではあります。
 が、可能性はあるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「咸」です。
 「咸」は、「感」とほぼ同じ意味であり、「感覚」「感応」という意味を持ちます。「全人格的なふれあい」であり、「感覚」「直観」を重視すべき時期です。
 また、「きっかけ」「運勢の動き出し」という時期にあたることが多いとされます。
 
 「恋の始まり」という卦ですので、「恋愛」という意味での出会いの可能性は大きいかと見立てます。
 
 また、「良い運勢への動き出し」という意味合いがありますので、「結婚」につながる出会いとなる可能性もあるかと。
 そのように見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 誕生卦について。 望さんより。

 
 
 
 
 今回は、望さん(女性・40代)からのご相談です。「マヤ暦と易経を日々の生活に取り入れて、もっと賢く人生を歩みたいと思っております。自分の目的と使命とはいったい何なのか、誕生卦についてじっくり向き合ってみようと思い、いろいろなサイトで卦の意味などを調べていました。結果、『誕生卦は雷山小過』、『鏡の向こうは風沢中孚』、『応答卦は天水訟』と出ました。どの解説を見ても、それぞれの卦に良い意味合い(可能性)を見出すことができず、自分の人生の目的はいったい何なのかわからなくなるばかりです。『私は低姿勢で目立たず、自分を抑えて控え目に、人に真心をもって決して裏切ることなく生きていれば幸せになれる』ということなのでしょうか。『ものすごく地味で人生の楽しみというか仕事の成功(収入)も大きなものを得られず、積極的になれば失敗する』というような、やりがいのない日々を連想してしまいます。どうにか光を感じるような、自分の卦を好きになって生きて行きたいです。アドバイスよろしくお願いいたします。」とのご相談内容です。
 
 
 今回は、こちらで卦を立てるのではなく、望さんが気になさっている卦について申し上げるというかたちにさせてください。
 
 
 
 
 第一としまして。
 いきなり全否定のようにも聞こえてしまうかも知れませんけれど……。
 
 私は、「誕生卦」という考え方をいたしません。
 そのような考え方を否定するつもりはないのですけれど。
 易占の捉えかたについての、私の考え方を申し上げます。
 
 私は、易は「個別の問題ごとに占いを立てるもの」と考えております。
 「生年月日や時刻によって決まる運勢」の有無については、否定も肯定もできません。「そういうものも、あるかもしれない」と申し上げるにとどめます。
 が、易占(少なくとも、私が立てる易占)は、「そういうところを見ていくタイプの占いではない」と。そのように考えております。
 
 たとえば、「『いま現在』恋愛に悩んでいる」から、「その『個別の案件』をどう解決しようか、何か良い方向性はないだろうか」。
 それを探るのが易占だと、私は考えております。
 
 「私の生年月日は○○で、その時の星周りが××だ」から、「私は一生、~~という傾向の恋愛をする」ので、「その傾向を上手に活かして、あるいは注意しながら恋愛をしよう」……という発想法の占いでは「ない」ということです。
 
 
 
 
 第二としまして。
 「『誕生卦』という考え方はさておくとして」、ご相談内容に挙げられた卦について、私なりの解釈を申し上げます。 
 
 
 まず、卦の解釈にはいろいろありますけれど。
 私は、「道学(儒教)一辺倒」よりは、やや「道家(老荘思想)」に寄せた解釈をしております。
 
 「低姿勢で、目立たないようにしましょう」という言葉が得られたとしまして。
 「道学(儒教)的に」この言葉を解釈しますと。「それが道徳的だから、それが人の正しいあり方だから、そうすべきです。そうすることで、人は幸せになれるのです」と考えていくことになります。(やや極端に流れている点があることは、お含み置きいただきたくお願い申し上げます)
 「道家(老荘思想)的に」この言葉を解釈しますと。「低姿勢で目立たないようにしていれば、消耗が少ない。ここで力を溜めて、次の飛躍に期待しよう」と考えていくイメージです。あるいはより機略的に、「ここはあえて、他のヤツを先頭に立てて風除けに使おう。先行するヤツから学べるところを学び取り、疲労するのを待った上で、一気に抜き去るのだ」と考えていくイメージです。(これもやや極端に流れていますけれど)
 
 
 「天水訟」は、「妥協」です。
 「妥協」は「一方的に譲る」という意味ではありません。
 「『主張を全て押し通す』ことは、非常に難しい(ある意味、当たり前です)のだから、『譲るべきところ、譲っても良いところは譲ろう』」という意味あいになります。
 「譲れるところは譲る。そのぶんだけ、『絶対に押し通したい主張』を見極め、絞り、確実に成果として持ち帰るべきだ。そのために何が必要かを考えよう」という意味です。
 
 「中孚」も、「そういうあり方が人として幸せになる道だ」という意味合いではなくて、「駆け引き上手になるよりは、誠実で正直に接するほうが『うまくいく』(かもしれません)よ?」といった意味合いです。
 誕生卦という考え方をしない私が、仮に占いを立ててこの卦が得られたとしたならば。
 「いま現在」、「あなたとご相談にあった彼氏という、お二人の関係においてのみ」、「それがあてはまる/そういう方向性が良い」のではありませんか?……と申し上げていくことになります。
 また、「バカ正直になりすぎて、あるいは熱くなりすぎて、たとえばお金を貢ぐような騙され方をしないように注意が必要かも知れません」と申し上げるかと思います。
 
 
 ご相談内容のイメージは、「金運・仕事運」メインのようですので、そちらにあわせて3つの卦を解釈いたします。
 「誕生卦」を解釈しているわけではないことはご理解いただきたく、お願い申し上げます。
 
 「低姿勢で目立たず、自分を抑えて控え目に、人に真心をもって決して裏切ることなく生きていれば幸せになれる」、あるいは、「ものすごく地味で人生の楽しみというか仕事の成功(収入)も大きなものを得られず、積極的になれば失敗する」とは、私は解釈いたしません。
 
 「『いろいろな話に飛びついては消耗する』ようなことには注意すべきだ。『力をためる』ことを意識されると良いのでは?(小過)」
 「ある意味でお調子者というか、軽いノリで接してうまいこと人間関係をつなごうとするのは難しいようだ。『予想(期待ではありません。予想です)を裏切らない』・『計算が立つ人物になる』ような動き方が良いのでは?ただし、『バカ正直に利用される』ようなことがないようにする注意は必要かもしれない(中孚)」
 「目標や、力の入れ所は絞るのが良さそうだ。全てを手に入れようと考えるよりは、どこまでは確実に得られるかを意識すると良いかもしれない(訟)」
 
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 旦那の浮気。 りおんさんより。

 
 
 今回は、りおんさんからのご相談です。「2年前にも相談させていただきましたが、その後も状況に変化がありません。私は今でも元の夫婦に戻りたいと思っています。旦那はどうしたいと思っているのか、戻ってくるならいつ頃なのか。元の夫婦に戻るにはどうしたらいいですか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「師(地水師)」です。最上図をご参照ください。
 
 「師」は、「多い」また、「いくさ」という意味です。そして、中国の思想では一般に、「いくさは憂うべきもの」と考えますので、キーワードとしては、この二つの他に「憂い」というものが加わります。
 
 「師」は、地面の下に水があるかたちです。水を必要としている地上に水がないために、大きな争いが起こる、そのようなイメージです。
 そのかたちを解釈する言葉として、「大地は豊かな水をその下にたたえている。それと同様に、立派な人間は、豊かな心をもって人と人とのつながりを大事に養い、いざ争いが起こった時のための準備をしておくべきだ。」と言われています。
 
「師」の占いの言葉は、
 
戦争は大義があるものでなくてはならない。指揮官も立派でなければならない。
多数を率いて正しい戦争をすれば、王者となることができる。
戦争は憂いを伴うものだが、正しい行いならば最終的にはとがめはない。
 
というものです。
 
 この卦は、必ずしも悪い運気ではないのですが、とにかく争い事が起きやすい運勢です。
 適任者を求めること、正しいと思うことは断固として貫くことが重要です。
 人間関係でも不和の多い時期であると予想されます。
 
 
 
 以上のような「師」の卦を踏まえて、りおんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 まずは「不退転の決意」が必要かと感じられます。
 そして、「頼りになる専門家の意見を尊重すること」、「行動を厭わないこと(楽をしようと思わないこと)」、「戦略的に考える(冷たくなる)こと」もポイントになるかと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「師」です。
 「師」は、、端的に言って、「戦争だ!」という運気です。「結論を押し通すまで徹底して争うべきだ」という運気を示すものです。
 「師」の卦が得られた時の心構えとは、まさに戦争の心構えです。具体的には3つ。「仕事を委ねる指揮官には適任者を得ること」「決断は速やかに行うこと」「一度決断したら、最後まで貫き通すこと」です。
 
 
 私としても、自分が受けてきた相談、また自分が見てきた周囲の人、あるいは易占の観点……といった「経験」から、あるいはお役に立てるかもしれないという情報を、できる限り提示しているつもりではあります。
 が、所詮は占い師。また個人の経験というものは、どうしても普遍化できるものではありません。
 浮気の問題、また復縁の問題、離婚を防ぐための活動をしている方のノウハウから学ぶことが、大切になるかと感じられます。
 もちろん、「お金ばかりかかって、頼りにならない」という人もあるかとは存じます。
 ですから、自分で勉強されること、とても大切になるかと。
 
 「師」は「戦争」です。どんな手を使っても勝つという「不退転の決意」。そしてそこから、「労力は惜しまない/まだ何か、やれることはないか/やれることは何でもやる」という意識、大切になるかと感じられました。
 
 「やれる努力を全てやる」ことのほかに、もうひとつ、気になったところといたしまして。
 「師」の持つ「戦略性」が挙げられます。
 
 夫婦、家族。「暖かいつながり」であり、それを取り戻そうとされるお気持ちは大変に尊いものかと存じます。
 が、「取り返す」ためであるならば、ご主人を、そしてご自分をも、「客観的に/突き放して/冷たい目で」、「見つめ直す」ような作業が必要になるかもしれません。
 いわば、「駒扱い」です。「全体の戦略像」のようなものを練り上げ、ご主人とご自分について「愛情」という観点ではなくたとえば「利害得失」や「誘導」と言った観点から「動かす」ようなつもりになる。
 そのような発想は、いかがでしょう。
 
 
 別居して2年ならば、時間の余裕はまだあるのではないでしょうか?
 しかし、会わない時間が長くなればなるほど、人間関係は疎遠になるのが一般的かと思われます。
 接触を保つこと、引き戻すために「動く」こと。
 今大切なのは、そうしたことではないかと。
 「師」の卦からは、そのように感じられました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ