カテゴリー別アーカイブ: 占い(仕事・金運)

<無料占い> これからの事(仕事 出会い 恋愛) ハルさんより。

   

 
 
 今回は、ハルさん(女性・40代)からのご相談です。「事情がある退職せざるを得なくなり、現在は働いていませんが、そろそろ社会復帰を考えています。5月ぐらいには就職できていればと思うのですが。同時に、出会いと結婚も、今年中に進展させられればと願っています。」とのご相談内容です。
 
 
 お仕事について、
 得られた卦は、「震(震為雷)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 「震」は震えること。雷鳴が震いわたっている状態です。恐ろしげだが音ばかり大きくて実害は少ない、というイメージです。
 
 「震(震為雷)」は、上下とも雷というかたちです。「おそろしいけれども用心しておけば大丈夫だ」、という言葉が記されています。
 
 「震」の占いの言葉は、
 
 震は、伸び栄える。
 雷がとどろいている時は恐ろしいが、過ぎ去れば笑顔になる。
 慎み恐れることが重要である。
 恐ろしいことがあっても、ろうばいしないような人間こそ、立派なのだ。
 
 というものです。
 
 「震」の卦は、「伸び栄える」、つまり、仕事等で発奮すると良いことがあるという運勢、サプライズ的な何かがあるという運勢ですが、同時に、音ばかり盛んで実がない、という運気でもあります。
 したがって、軽挙妄動は慎み、落ち着いて行動することが重要です。「悪い結果ではなかったのに、期待の方が大きすぎたせいでがっかりする」ようなこともないようにしたい運気です。
 逆に、問題や悩みがあった場合には、思ったよりも深刻ではなかった、ということもありうる運気と言えます。
 あわてず落ち着いて考えましょう。軽挙妄動はかえってダメージを深刻なものにしてしまいかねません。
 
 
 
 恋愛について。
 得られた卦は、「観(風地観)」です。最上図、右側をご参照ください。
 
 「観」は、字の通り、「観察する」ことを意味します。
 
 「臨」のように、上からリーダーシップをとって、ある意味にらみを利かせる、そういうものとは異なり、「一歩引いて、主導権を相手に渡して、静かに観察する」のがよい、とされる卦です。
 
 「観」は、上が風・下が地をあらわします。そのため、地上から吹きわたる風を見るように、あるいは、風が地面のほこりを吹き払った後のように、物事をよく見るのがよい、というかたちを示しています。
 
 「観」の占いの言葉は、
 「観」とは、見ることである。
 柔和(地)にして謙虚(風)な心によってすべてを見るのだ。
 よく見ることによってのっとるべき法則を見出し、それに従って行動するとよい。
というものです。
 
 「観」の卦は、専門的になりますが、「中正」という状態が二つあるので、おおまかに言えば悪くない運勢です。
 また、観察する、静かに様子見をするのがよい、という運勢ですので、一般に、ものごとの精神的な側面については吉とされます。ですから、教育や研究、文筆活動には良い運勢と言えます。一方、物質的な側面、利益を上げようとか、販路を拡大しようという面については凶と見ます。ここでとどまっておかないと、「剥」(ひきずりおろされる)に運気が変化しかねないからです。
 
 
 
 以上のような「震」「観」の卦を踏まえて、ハルさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 お仕事については、「チャンスは多そうだ」というイメージです。
 恋愛については、ややチャンスが少ないかも知れません。出会いがあれば、その後は穏やかに進展していく可能性はあるかと見立てます。
 
 
 
 
 お仕事について。
 得られた卦は、「震」です。
 「震」は、「雷」。
 「雷」は、「積極性・能動性・素早い動き、大きな音」等を象徴します。悪く言えば、「騒がしさ、落ち着きの無さ」です。
 また、「震」のように、「上三本と下三本が同じかたちをしている卦」は、「二度あることは三度ある」的な運勢を象徴します。「雷」の性質とあわせますと、「失敗しても何度でも挑戦できる」というイメージになります。
 
 「チャンスは多い、失敗しても繰り返しのチャレンジが効く」というイメージの運勢です。
 お仕事については、期待が持てそうです。
 
 「震」は「11月」と言われていますが、あまり強いイメージとはされていません。
 その点はあまり気にしなくて良いかと。
 お仕事、それほど遅くならないかと見立てます。
 
 
 
 恋愛について。
 得られた卦は、「観」です。
 「観」は、まさに「観察」です。一歩引いて、物事を冷静に判断するのに向いています。
 一歩引いて、少し周りを眺めてみる。自分を振り返ってみる。その方が結果につながりやすい、「急がば回れ」的なところがあります。
 
 恋愛運としては、やや「穏やか・静か」に過ぎるところがあります。
 特に「出会いを探す」ケースについては、その傾向が出てくるかと。
 もっともそれだけに、いちど出会いがあれば、その後少しずつ関係を育んでいくには良い運勢。穏やかに進展していく可能性はあるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 無題。 マヤさんより。

 
 
 今回は、マヤさんからのご相談です。「長年憧れているお仕事があります。全くチャンスをつかむことができず、いまだに実現していませんが、いつかチャンスをつかむ事はありますか?諦めたほうが良いですか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「損(山沢損)」です。最上図をご参照ください。
 
 「損」というと、なんだか悪い卦のように見えます。
 しかし、これは現代風にいうならば、「ボランティア」に近い意味です。
 「損して得取れ」ということわざと絡めて説明されることもあります。
 
 山のふもとに沢があるかたちです。
 沢が深い(低い)ほど、その分、相対的に山は高くなります。
 
 「損」の占いの言葉は、
 
 自らを下の立場に置き、上の人に奉仕する。
 欲望を抑えて、高い理想を目指す。
 誠意をもって、自ら他者のためにほねおりをすれば大吉である。
 
 というものです。
 
 「損」の卦が出た時は、出費や損耗、あるいはほねおりの多い時期と言えます。しかし、「損して得取れ」。後で好転する兆しが見える、そのような運気と言えます。
 仕事でも同様で、苦労や損失の多い時期です。
 人間関係について言えば、こちらが一歩引き、相手を認めるのがよいでしょう。
 
 
 
 結論です。
 
 「急がば回れ」というイメージの卦が得られました。あるいは「ウサギと亀」的なイメージの運勢です。
 諦めることはないかと存じます。
 ただし、「一足飛びに、一気にチャンスをつかめる」というイメージでもなさそうですので、「じっくりと取り組む」、「そのために必要な足場は固めておく」的な動き方がお勧めになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「損」です。
  「損」の卦は、現代的に表現するならば「ボランティア」です。何かと「しんどい努力が必要になる」とされる時期を象徴します。
 また、「相手次第」という部分もありますので、やはりなかなか大変なイメージもあります。
 自分から行動していく必要がある運気であり、また、自分ひとりの利益を考えていくにはあまり向きません。「急がば回れ」「損して得取れ」的な動き方が要求されるような運気です。
 
 上の説明は、「相手があること」をイメージした表現となっております。
 自分ひとりで追いかけることのできる夢である場合には、「急がば回れ」であるとか、「ウサギと亀」であるとか。
 そうしたイメージで説明できる運勢を象徴するのが「損」の卦です。
 
 「何かとしんどい」けれど、「絶対に無理」という運勢ではありません。
 諦めることはないかと存じます。
 ただし、「損」は「運気急上昇!」という卦ではありません。「一足飛びに、一気にチャンスをつかめる」というイメージは得られませんでした。
 
 ここは、「持久戦」がお勧めかと見立てます。
 「じっくりと取り組む」、「そのために必要な足場は固めておく」的な動き方がお勧めになるかと見立てます。
 
 「憧れのお仕事」の性質にもよりますので、あるいは的外れになってしまっているところもあるかもしれませんけれど。
 参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 彼のお仕事。 花梨さんより。

 
 
 今回は、花梨さんからのご相談です。「彼が最近、忙しくしているみたいです。お仕事が軌道に乗ってきたのでしょうか?正当な評価を受けられていますか?今後の収入アップにもつながりますか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「渙(風水渙)」です。「かん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 「渙」という字は、「散る」という意味です。川が支流に分かれていくようなイメージです。
   
 また、「渙」の卦は、帆を張って船が水上を行くかたちとされています。
 鬱屈したものが散ってゆく、外にエネルギーを発散させ、大事業に乗り出してゆく、そういう運気を示しています。
 
 「渙」の占いの言葉は、
 
 「渙」は、伸び栄える。
 各横線の働きにより、上下が心を一つにして離散を防いでいるのだ。
 この努力を続ければ、すばらしい結果が待っている。
 
 というものです。
 
 「渙」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 仕事運一般に関して言えば、苦しかった場合にはよい方向に向かうけれども、順調だった場合は緊張感の欠如に注意、と言われています。新規事業には悪くありません。
 人間関係や恋愛・結婚運も同様です。これまで苦しかった場合にはその苦しみが発散していく。逆に、良好である場合には、人間関係やご縁が散って行かないように要注意、と見ていくこととなります。
 
 
 
 
 以上のような「渙」の卦を踏まえて、花梨さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 お仕事、「先行きが明るい」というイメージかと。
 充実ぐあい、あるいは評価という点では、かなり好調かと見立てます。
 収入アップも、おいおいは見込めるかと感じられるのですが……。評価や充実の、「その後にやってくる」かもしれません。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「渙」です。
 
 「渙」は、「発散」です。
 「風に帆を受けて出航する船」や、「ホースの先をつまんで、庭に水を撒くようす」といったイメージの運勢です。
 非常に見通しが良い、爽やかな運勢と言う事ができます。
 
 「見通し良く、先行きが明るい」というイメージです。
 お仕事、非常に充実しているのではないかと見立てます。
 評価という点においても、かなり好調かと。
 
 ただ、収入については、「散る」のイメージから、「みっしりと集まってくる」というところにまでは、まだ至らないかもしれません。
 いわば今は、「撒き餌」のシーズン。「魚を釣り上げるのは、その後で」というイメージかと。
 それでも、「渙」です。非常に気分の良い運勢。将来的には、収入アップも見込めるのではないかと。
 そのように見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> ネット無料占い申込。 まゆみさんより。

 
 
 今回は、まゆみさん(女性・40代)からの、「身体のことについて、また、今の仕事で満足がいく稼ぎができるかについて。どうなっていくでしょうか?」とのご相談です。
 
 
 申し上げます。健康の問題につきましては、私は占いを差し控えております。現代社会においては、専門家であるお医者様に伺うのが一番であろうかと思いますので。
 健康につきましては、「気持ちの問題」について申し上げます。そのつもりで記事をお読みいただければ幸いに存じます。
 
 
 得られた卦は、「解(雷水解)」です。最上図をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「解」の卦を踏まえて、まゆみさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「満足」の程度によるところはあるかとも存じます。
 しかし、「まずまず」とは言えるかと。「無理をせず、じわりと続けることができれば、少しずつ良いほうに向かっていく」ようなイメージかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「解」です。
 「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 お体のことについては、何も申し上げられませんけれども。
 体調と相談しつつ、「無理なく・しかし継続的に続けられれば、少しずつ上向いていく」というイメージの運気です。
 お仕事については、「満足」の程度によるところはあるかとも存じます。
 しかし、「解」のイメージからしますと、少しずつではあっても「上向き」かと。決して悪くないイメージであるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 就職。 いちごさんより。

 
 
 今回は、いちごさんからのご相談です。「夫が体調不良で、ずっと仕事をしていません。それは仕方無いと思っていますが、子供がまだ大学生なので、私としてはバリバリ仕事をしたいと思っています。それなのに今の仕事を辞めなくてはいけなくなりました。失業保険などもらわず、今月中に探したいのですが、うまくいくでしょうか。けっこう切羽詰まってます。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「益(風雷益)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「益」の卦を踏まえて、いちごさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 大きな心配は必要無さそうです。
 お仕事、見つかりやすいかと。
 ガンガン動くには良いのですが、無理は禁物。ご家族その他、各方面にお話や協力を求めて行くこと、悪くないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「益」です。
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。
 
 「ガンガン動いて良し」という運勢です。
 「疾風迅雷」ゆえ、物事が早く動いていきます。お仕事も見つかりやすいのではないかと見立てます。
 
 もうひとつの性質として、「ひとの助けが得られやすい」という性質があります。
 「素早く動いて吉」ではあるのですが、何事につけ焦りは禁物かと。
 ご家族その他、各方面にお話しや協力を求めて行くこと、悪く無いかと見立てます。失業保険についても、決して非難されるべき話ではないかと。
 いずれにせよ、「素早く動き、周囲に話す」ことがポイントかと。うまく回っていくのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 鑑定をお願いします。 ひよこさんより。

 
 
 今回は、ひよこさん(アラフォー、女性)からのご相談です。「職場で、なれない役回りをお願いされることになりました。今まではうまくいっていた上司と噛み合わない状態が続いています。他の人とは良い関係を築けているので、辞めるつもりはありません。しかし最近気が重く、恋愛からも離れ、将来への漠然とした不安もあり。何か打開策はありませんか?今の『役回り』を果たせそうですか?上司とは今の状態が続きそうですか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「坤之恒」(坤、恒へゆく)です。
 
 
 まずは「坤(坤為地)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「坤」は、柔軟さ・女性性・消極性を象徴します。この卦は、六本すべてが「陰・柔」となっていますから、純粋な「陰・柔」という状態です。静止しながら豊かな力を蓄えている様子です。
 
 「坤(坤為地)」は、上下とも「地」というかたちです。万物を生み育てる豊かさを象徴しています。「乾」とは逆に、静止している様子でもあります。
 このような「坤」のかたちについて、「大地の働き、それが坤である。立派な人間は徳性を厚くし、人々を包容していく」という言葉が示されています。
 
 「坤」の占いの言葉は、
 
 「坤」の生成力は偉大である。その力を受けて万物は生まれるのだ。
 「坤」は大地の象徴である。大地は厚く万物を乗せる。その徳は天の広大さと等しい。
 「坤」の限りない包容力によって万物すべてが伸び栄える。
 「坤」の道は、従順に、堅くわが道を守ること。人に従って目的に達するのだ。
 良い友人に恵まれる。同類に背を向ける時は、友を失うも、よりどころが得られる。
 
 というものです。
 
 「坤」の卦が出た時は、一般的には隠忍自重が良い結果をもたらします。また、先生について勉強をするとか、上司の指示に従って働くということについては、良い運勢です。決断をするようなことには向いていません。「柔」ですから、「優柔不断」で決められないと見るのです。
 仕事運等について言えば、リーダーシップをとるよりは、リーダーを支えて裏方に回る方が良い。
 また、この卦には「西南に朋を得るに利あり……」という占いの言葉があります。これには、「友人と仲良くするのが良い。一方、友人に背を向ければ、配偶者に出会える」であるとか、「簡単なほうを選ぶのも良い。難しい方を選ぶと、孤独になるが結果は出る。これも良い。」とか、「西南方向に移動するなら、大勢で行く方がいいが、東北方向へ行くならば、一人がいい」などのいろいろな意味があり、何か思い当たるところがある場合には参考にできると考えられます。
 恋愛・結婚運で言えば、まとまりにくいとされます。良縁の場合は孤独で困難なものになると考えられています。また、注意すべきこととして、「坤」の場合は、人にだまされるおそれ、という問題があります。
 
 
  
 次に、「恒(雷風恒)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「恒(雷風恒)」は、上が雷、下が風というかたちです。雷は成熟した男性、風は成熟した女性を意味することから、長年連れ添って関係が安定した夫婦のイメージです。このかたちについて、「自分の立場をしっかり定め、方針をぐらつかせない」という言葉があります。
 
「恒」の占いの言葉は、
 
 恒久不変、安定したかたちである。
 それゆえに伸び栄える。とがめもない。
 一貫して道を守る者は順調。
 天地の道も恒久不変、一つが終われば一つが始まる。
 この変化に対応しよう。
 
というものです。
 
 『易経』は変化の書である、と申し上げてきましたが、「恒」については、たとえば、「季節には四季という変化があるが、それでも四季がめぐるという点では不変である」、そういうイメージです。
 全体としては、安定した運気です。今まで通りのことをコツコツやるのが良いとされます。
 安定ですから、逆に言うと急成長は見込めません。もし何か大きなことをしようという場合には、気長に構えてじっくりと進めれば成功すると考えられます。
 この卦は、安定を意味しますから、変化の結果となる之卦(「A之B」のB)である時には非常に良い運勢なのですが、本卦(A)である時には注意しなければなりません。
 本卦にある場合は、安定した運気から、ある意味それに飽きてしまって変化が起こりうる、それもあまり良い変化ではなさそうであるから、従来のやり方を変えない方が良い、という運気になることが多いです。逆に之卦にある時は、吉です。
 仕事運全般で言うと、「恒」ですから、現状維持がよく、転職や新規事業はあまり良くありません。もっとも、「雷」も「風」も動くものですから、動きを止めないこと、努力の継続等が重要となります。
 恋愛・結婚運について言うと、これはいわば熟年夫婦の卦と言われています。安定した家庭関係を象徴するものです。ですから、これから結婚する人や、今結婚している人にとっては非常に良い卦なのですが、これから相手を探して行こうという人にとっては、「運気に動きがない」ということで、「やや時間がかかりそうだ」と見ていくことになります。
 
 
 
 以上のような「坤」「恒」の卦を踏まえて、ひよこさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、主に卦の性質から、変化として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「動きにくい」ように感じられるかも知れませんけれど、「低値安定」から「高値安定」へと動いていくようなイメージの運勢です。
 少しずつうまく回っていくかと見立てます。
 問題は一点、上司の方との関係かと。もともとはあまり問題が無かったのですし、「うまくいっていない」ということを「意識しない」ことがポイントになるかと感じられます。
 「まずまず、うまく行っている」……と思うのが無理だとしても、「破綻しているわけではない。パワハラを受けているわけでもない」的に、「悪くは無い」と思うことがお勧めになるかもしれません。
 いまの「役回り」に慣れるにつれ、好転していくかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「坤、恒へゆく」です。
 現在の運気を示す「坤」は、「母なる大地」を象徴します。どこまでも広く平らにつづく大地です。そうしたイメージから、「受容性、柔軟さ、分厚く鈍重、動きが少ない…」といった性質がイメージされる運気です。
 
 悪く言えば、「低空飛行」ではあるのですけれど。「墜落炎上」はありえないとされる運勢です。
 「柔軟に受け入れ可能」な運勢でもあります。「鈍感力」という言葉も、キーワードになることが多いです。
 「受け止め方次第」などと申し上げてしまうと、あまりにも「無責任」にして「情の無い」言い方になってしまいますけれども。
 こと今回については、そういうところがあるかもしれません。
 「まずまず、うまく行っている」……と思うのが無理だとしても、「破綻しているわけではない。パワハラを受けているわけでもない」的に、「悪くは無い」と思うことがお勧めになるかもしれません。
 
 
 このような「坤」がやがて「恒」へと変化していくと解釈されます。
 「恒」は、「つね」という訓読み、「恒星・恒常」といった熟語からも分かるように、安定した、非常に良い運勢を象徴しています。
 「安定」と言っても、不動であるわけではありません。「恒」は、「雷」と「風」で構成されていますが、「雷」も「風」も、動きを象徴するものです。そのため、「恒」が示す「安定」とは、「四季が巡る」というイメージです。春夏秋冬と、「変化・動き」はあります。厳しい季節もあります。しかし、穏やかな季節もあります。「それが繰り返される」という意味で、安定しているということです。
 時として、いろいろな「出入り」や「波風」はあるものの、それでも「収まるところへ収まってゆく」といったイメージです。
 
 こちらは、ある意味では「坤」の逆、「高値安定」です。
 四季の運行のように、気づきにくい変化ではありますけれど、知らぬ間に、しかし確実に、この「恒」へと移ってゆくのではないかと見立てます。
 今の「役回り」に慣れ、上司の方との関係についても、少し「鈍感に」なっていくにつれ、調子は安定してくるかと。
 そしてお仕事方面の調子が安定してくれば、他もうまく回ってきそうなイメージです。
 
 大きな心配はいらないかと見立てます。
 「ゆったりと受け止める」方向性がお勧めになるかと感じられました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 転職し気分新たに新生活。 林檎さんより。

 
 
 今回は、林檎さん(女性・40代)からのご相談です。「私は職を掛け持ちしています。そのうち、平日の仕事について転職しました。良い職場で、続けて働きたいのですが、ひとりだけ傲慢な人がいて、その人とうまくいきません。こないだ、ついに我慢ならずに、不満であることを伝えたところ、いち従業員にもかかわらず『あなたは試用期間、こっちは見させてもらう立場だから』と聞く耳持たずです。私も気がキツイことは自覚しています。穏やかに円満に勤務したいのですが、どうしたら良いでしょうか。人の入れ替え等、会社がいろいろとひと区切りついた時期に私も勤め始めたので、一からのスタートと意気込んでいるところなのです。生活を安定させたい一心でもあります。よろしくお願いします」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「大壮之臨」(大壮、臨へゆく)です。
 
 「大壮」は、「おおいにさかんである」と訓読みします。陽気で騒がしい様子を示します。明るいのは良いのですが、やや中身が伴っていない、という運気です。
 
 「大壮(雷天大壮)」は、上が雷、下が天というかたちです。雷鳴が天上にとどろいている、まさに壮大な様子です。「このような時は、礼に外れた行いはしないものだ」という占いの言葉が示されています。
 
 「大壮」の占いの言葉は、
 
 大いなる陽の気が盛んである。
 盛んに活動しているのだ。
 正しく活動してこそ順調にすすむ。
 
 というものです。
 
 「大壮」は、陽気で騒がしく、活動的な運気を示しています。悪い運気ではありません。ただし、調子に乗りすぎないように注意、という運勢です。
 「大壮」は、冒頭の説明がわずかふた文字(「利貞」)という、やや珍しい卦ですが、それもこのことを表しています。
 「利貞」は、「正しくしていれば良い」というような意味です。勢いが盛んなので、脇道にそれたり、誰かに引きずられたり、調子に乗りすぎたり、悪事に走ったり、そういうことだけ気をつけましょう。
 アクセルばかりではなくブレーキも忘れずに、そんな運勢です。
 
 
 
 次に、「臨(地沢臨)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「臨」は、「臨む」、つまり、見ることです。
 より詳しく言いますと、上から下のものを見下ろす、上から支配と保護を及ぼす、そのような運気です。「君臨」・「神降臨」という言葉がありますが、その「臨」です。
 ただじっと観察するわけではなく、能動的に見ていることでもあります。
   
 また、この卦は、岸(地)に立って沼沢(沢)に臨む、というかたちを象徴しています。
 やはり上から下を見るわけですね。
 六本の線のうち、下の2本が陽を示し、陽がだんだんと上がってきている様子を示しています。
 
 占いの言葉は、
 
 剛・陽の気がしだいに盛んになり、上下とも喜ぶ。
 天の道にかなって、大いに栄える。
 変わらぬ心を持っていれば、万事順調。
 しかし、もの盛んなれば必ず衰う。
 陽気が衰退する八月(太陽暦ならば8月末~10月初頭)には凶に転ずる。
 
 というものです。
 
 「臨」の卦は、陽の気が成長している途上にある、と解釈されます。
 「坤」(全て陰)→「復」(一陽来復、下一本だけが陽)→「臨」(下二本が陽)→「泰」(下三本が陽、最高の運気)……という流れです。ですから、このままいけば「泰」、最高の運気になって行く、と考えられている運気です。もっとも、「泰」以降、だんだん運気が衰えていく、その動きもまた必然的で止められないものと言えます。ですから、占いの言葉にも戒めが記されているわけです。
 
 「臨」は、「見る」という意味ですが、易にはもう一つ、「観」という「見る」の卦があります。
 「臨」と「観」の違いですが、前者には「上から下を見る」、また、「積極的に参加していく」ニュアンスがあります。(例えば神降臨、と言う言葉を使う時は、神が人に干渉している・影響力を及ぼしていますよね?)一方、後者は、「下から上を見る」、また、「一歩引いて、傍観者的な立場をとる」というニュアンスがあります。
 したがって、「臨」の卦が出た時には、積極的に行動を起こすのが良い運気です。
 
 「臨」の卦は「復」(一陽来復)から来て「泰」(安泰)に行く、良い運気です。
 もっとも、「臨」の卦の内部には、「震」(から騒ぎ)の要素が含まれています。すなわち、運気が良く、積極的になるのが良いといっても、調子に乗ると大変なことになりかねない、そのような運勢でもあるわけです。つまり、「うまい話には気をつけろ」という時期であると言うことができます。
 運気が良いからこそ、気を引き締めて、本業に邁進しましょう、ということですね。
 人間関係一般を見るときには、こちらを「沢」、相手を「地」と見ます。「地」は、誠実で柔軟、懐が広いのですが、優柔不断。「沢」は少女を象徴し、軽快な人柄、明るくおしゃべりだが、失礼ながらやや軽薄かも、と考えていきます。
 恋愛運についても、「臨」ですので、やや好調とみることができます。ただ、「臨」は、上で申し上げたように、自分から行動を起こして行くことが重要になります。
 
 
 
 以上のような「大壮」「臨」の卦を踏まえて、林檎さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から見て、変化と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「今のままで良い」と見立てます。
 それが円満を呼ぶ……と言いますか、そんなことでストレスをためる必要はありません。
 大人しく言うことを聞く人も、ひとつの「人材」ではあるかと存じます。しかし、理不尽には声を上げていく人もまた「人材」。
 強い気持ちで働き続ける人は歓迎されるかと。今の気持ち、行動の方向性で良いと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「大壮、臨へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「大壮」は、、「素早い動き」を象徴する「雷」と、「継続して動き続ける」ことを象徴する「天」とで構成されています。
 そのため、非常に積極的で能動的。また、「陽気で騒がしい」という性質を持ちます。勢いの強い、良い運気です。しかし、なかなか中身が伴ってこないという性質、勢いが良いぶんだけ細やかさに欠ける(がさつ)という問題点があります。
 この「大壮」の卦が得られた時の心構えは二つあります。ひとつは、「正しくあること」です。もう一つは、「勢いに乗ること(ただし、調子に乗り過ぎないこと)」となります。
 
 「自分の思うように振舞って良し」、「ありのままで良い」という運勢を象徴します。
 変に遠慮して「自制する」「ブレーキをかける」ような動き方は良くないというイメージです。
 (もちろん、「アクセル踏みっぱなしも良くない」ので、そこは難しいところですけれど)
 
 このような「大壮」が、やがて「臨」へと変化していくと解釈されます。
  「臨」は、勢いのある良い運気です。イメージは、「君臨」です。「自分から積極的に、リーダーシップをとる(流れを決めてゆく)」のが良い、とされます。
 勢いのままにまとめやすいと言える運気です。多少強引でも行動していけば、周りもそれに合わせて動いていく、というイメージです。
 また、「臨」には、字の如く「臨機応変」のイメージもあります。積極的に動いていけば、後はどうにかアドリブで回していけそうだ、というイメージなのです。
 
 「臨」の卦については、芝居がかっている上に青臭いですけれど、「人生という舞台の主役は、自分自身なのだ」という言葉がピッタリ当てはまります。
 「大壮」とよく似ていますけれど、こちらの方が良い運気です。
 いずれにせよ、「自分が考えるとおりに振舞うべきだ」という方向性です。
 
 
 「穏やかに、円満に」。それはもちろん、悪くない発想かとは思います。
 しかし、「気がキツイ」との自覚をお持ちでもある。また、生活を安定させるべく、毎日一生懸命お仕事をされてもいる。
 そのような「強さ」「たくましさ」「しなやかさ」も、大切な資質ではないでしょうか。
 
 試用期間でもあり、不安に思われるのは仕方無いところかもしれません。
 それでも、一生懸命働いているならば、きっと受け容れてもらえるかと思うのです。
 かりに、今回のケンカ(?)を理由に、「お断り」されてしまったとしても。文面から伺われるバイタリティからして、きっと次の職場、見つかると思うのです。
 
 「ケンカで凹む」、「円満に大人しく振舞おうと無理をする」……そのような方向性は、お勧めできないかと見立てます。
 会社からは、「おとなしさ」ではなく、「強い気持ち」をこそ評価してもらえる(もらっている)はずです。
 それに、そういうところで「遠慮する」、「ストレスをためる」余裕、ありませんよね。
 遠慮せず、強い気持ちで、家族のために頑張る。
 その姿勢で回していくほうが良いと思いますし、その方がうまく回っていくかと。そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 開業か、そのまま残るか。 ポチさんより。

 
 
 今回は、ポチさん(男性、30代)からのご相談です。「医療関係の仕事をしています。以前から、自分の技術で独立したいと思っていました。しかし、年齢も年齢ですので、失敗も怖く、なかなか踏み込めずにいます。そこで、以下のことをお聞きしたいと思います。①私は、開業してもやっていける器でしょうか?②もし開業した場合、繁盛する可能性はあるでしょうか?③開業するなら、望ましい時期、場所(方角)などあれば、教えてください。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「蹇(水山蹇)」です。「けん」と読みます。最上図をご参照ください。
 
 
 「蹇」は、「足をひきずる」という意味です。
 
 危険な大河(水)と険阻な山(山)があるかたちを示しています。
 
占いの言葉は、
 
 ゆくてに危険があるのだから、とどまるべきだ。
 このような時は平易な道を選べ。
 人の話をよく聞いて、慎重に対処の方法を考えなさい。
 「蹇」と時機の関係は重要である。
 
というものです。
 
 「蹇」の卦が出た時は、運勢はよくありません。四天王クラスの運気の悪さです。この卦が出た時は、「自分の力」を見極めて、無理はしないようにすべき、と考えられています。
 とはいえ、専門的な話ですが、二本の中正があるので、運気がめちゃくちゃに乱れているというほどのひどさではありません。天の時にあたらない、というほどではないのです。
 平易な道、やりやすいこと、やれることから手をつけていけば、運気が開けてくる。そういう卦でもあります。
 恋愛・結婚運についても、話があっても進みにくい、そもそも良い話ではない、そのようなイメージです。
 
 
 
 以上のような「蹇」の卦を踏まえて、ポチさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 卦としては、「やめておく方が良い」とされる運勢です。
 ①器が無いわけではありません。しかし、「苦労が多い」というイメージです。
 ②繁盛させるのは、なかなか大変。精神的・体力的にかなりキツイことになるのでは?と感じられます。
 ③方角は「西南に吉」とされます。季節は9月とされますが、あまり気にしすぎるべきではないかと。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「蹇」です。
 「蹇」は、「四難卦」とされています。「厳しい運気の四天王」といった意味あいです。
 もっとも、厳しいながらも、どうにもならないというような運気ではありません。
 専門的な話になりますが、「蹇」(と「屯」)は、「中正」が二本あるため、運気がめちゃくちゃに乱れているというわけではないということ。また、卦の性格が分かりやすく、対策が非常にはっきりしているということ。それらの理由により、「四難」の残りの二つである「習坎」や「困」ほどは厳しくありません。四難卦ではないものの非常に悪い運気とされる、「否」や「明夷」ほど厳しくもないのです。
 「蹇」は、「足に障碍がある」という意味です。また、登山をしているようなイメージです。
 足に障碍がある、あるいは足が疲れ切っているような状態で、山中にある。下には大きな川が流れている。「危険が予想される」という状態ですから、「そちらの方へ進んではいけない」、あるいは「疲れをとるべく、しばらく休息するのが良い」、「動くのであれば、無理をせずゆっくりと」と、という心構えが必要となります。
 「にっちもさっちもいかない」「何をどうすればいいかさえ分からない」というような厳しさはない、ということです。「危険だと分かっている」のだから、「留まる」「控える」「休息する」ようにすれば良いのです。
 
 
 このような「蹇」からしますと。
 
 ①器については、「それがない」というわけではありません。
 しかし、いまはまだ時期ではない。あるいは、苦労が多い。
 「優れた登山家ほど、山にチャレンジする時には慎重になる」……そのようなイメージです。
 
 ②上で申し上げたような理由で、繁盛させる前に「心身の疲労」の方が積み重なってしまう恐れがあるかも?と見立てます。
 体力・資金等、余裕を作ってから臨むことがお勧めになるかと感じられます。
 
 ③「蹇」は、古来「西南に利あり」……「西南が吉」とされる運勢です。また、季節としては9月と言われます。
 しかし「西南」とは、古代中国で「平坦なところ」……つまり、「無理を避ける」というイメージ。
 場所、季節とも、「合理的に」選ぶことが何より大切かと見立てます。
 
 
 
 と、勢いを挫くようなことを申し上げてしまいましたけれど。
 独立を望んでいらっしゃる、そのお気持ちは強く感じられました。
 
 独立には、勇気が要ります。
 お金が無くとも、何がなくとも。気力、体力が必要になりますよね。
 
 占いで「止めておく方が……」と言われたとして。 
 「いいや、そんな事は無い!たかが占いじゃないか!やってやる!」と思えるかどうか。
 その自信を、確信をお持ちになれた時には、独立を目指して行くべきではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 仕事占い。 ゆまさんより。

 
 
 今回は、ゆまさんからの、「旦那の転勤先を占ってほしい(生年月日)」とのご相談です。
 
 
 完全に「あてもの」に属しますので、「古来、そのようなことが言われてきた」内容を紹介するにとどめます。
 ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
 
 
 得られた卦は、「兌(兌為沢)」です。最上図をご参照ください。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 と、以上は「兌」に関する一般的な解説となっております。
 今回は、これとは直接に関係しない「あてもの」ですので、以下はそれについて申し上げます。
 
 
 
 結論です。
 
 「西」かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「兌」です。
 上では、「兌」についての伝統的・一般的な解説を申し上げましたが……。
 
 純粋に「あてもの」として申し上げるならば。
 「兌」のイメージは「西」となります。
 
 したがいまして、転勤先は「西」かと。
 そのように見立てます。
 
 私は、あてものを志向しておりません。
 また、本来易占は、「お互いの信頼関係に基づいた上で、情報交換をしっかり行った上で」執り行うのが本筋です。
 
 したがいまして、今回の記事はまさに「当たるも八卦当たらぬも八卦」、精度については相当に低いものであるということは、申し上げておかなければならないところかと存じます。
 「話のタネ」程度に考えていただきますよう、お願い申し上げます。
  
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> ありがとうございます。 keikoさんより。

 
 
 今回は、keikoさんからの、「もう一つだけ伺ってよろしいでしょうか。どんな海外生活になるか、注意点なども含めみていただきたいです。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「大壮(雷天大壮)」です。最上図をご参照ください。
 
 「大壮」は、「おおいにさかんである」と訓読みします。陽気で騒がしい様子を示します。明るいのは良いのですが、やや中身が伴っていない、という運気です。
 
 「大壮(雷天大壮)」は、上が雷、下が天というかたちです。雷鳴が天上にとどろいている、まさに壮大な様子です。「このような時は、礼に外れた行いはしないものだ」という占いの言葉が示されています。
 
 「大壮」の占いの言葉は、
 
 大いなる陽の気が盛んである。
 盛んに活動しているのだ。
 正しく活動してこそ順調にすすむ。
 
 というものです。
 
 「大壮」は、陽気で騒がしく、活動的な運気を示しています。悪い運気ではありません。ただし、調子に乗りすぎないように注意、という運勢です。
 「大壮」は、冒頭の説明がわずかふた文字(「利貞」)という、やや珍しい卦ですが、それもこのことを表しています。
 「利貞」は、「正しくしていれば良い」というような意味です。勢いが盛んなので、脇道にそれたり、誰かに引きずられたり、調子に乗りすぎたり、悪事に走ったり、そういうことだけ気をつけましょう。
 アクセルばかりではなくブレーキも忘れずに、そんな運勢です。
 
 
 
 以上のような「大壮」の卦を踏まえて、keikoさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「勢いで押し切れる」というイメージです。
 「神経質になりすぎないこと」、「力みすぎて、スタートダッシュでバテないこと」が要注意事項かと。
 「普通が一番、それで回る」かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「大壮」です。
 「大壮」は、「素早い動き」を象徴する「雷」と、「継続して動き続ける」ことを象徴する「天」とで構成されています。
 そのため、非常に積極的で能動的。また、「陽気で騒がしい」という性質を持ちます。勢いの強い、良い運気です。しかし、なかなか中身が伴ってこないという性質、勢いが良いぶんだけ細やかさに欠ける(がさつ)という問題点があります。
 この「大壮」の卦が得られた時の心構えは二つあります。ひとつは、「正しくあること」です。もう一つは、「勢いに乗ること(ただし、調子に乗り過ぎないこと)」となります。
 
 「大壮」の卦が得られた場合、「普通にしていればそれで自然に回っていく」と解釈されます。
 自然の勢いで押しきれますので、大きな心配は必要ないかと見立てます。
 
 「普通にしていれば大丈夫」という運勢ですので、注意事項もシンプルに2つ。
 「ブレーキをかけすぎること」と「アクセルを踏み込みすぎること」です。
 すなわち「神経質になりすぎないこと」と「力みすぎて、スタートダッシュでバテないこと」が要注意事項かと。
 
 大きな心配は不要かと感じられました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ