タグ別アーカイブ: セルビア

女子バレーボールW杯2015 日本対セルビアの占い

 
 
 
 
 8月22日から、女子バレーボールW杯2015が開催されています。
 このサイトでは、日本の各試合について、その試合展開を占っていく予定です!
 他のチームについては、基本的には、「大会を通じた調子」ぐらいにとどめようかなあ、と。
 時間的余裕次第ということになりますが、よろしくお願い致します!
 
 
 では早速!
 9月1日午後7時に開始される、日本対セルビアの試合の展開について占ってみたいと思います!
 
 
 この試合における日本代表の調子は、「復之升」(復、升へゆく)ではないかと見立てます。
 試合の前半を象徴する運気は「復」。
 「復」の卦のキーワードは、「一陽来復」と「かえる」です。季節で言えば、冬至のイメージです。「これまではどんどん日が短くなっていた。今が一番暗い時期だ。しかしこれからは、ゆっくりとではあるが日が伸びていく。明るくなっていく。」という、「一陽来復」であり、運勢の「復調」、「やり直し」を意味します。すぐに絶好調になるとか、運気急上昇であるとか、そういう運勢ではありませんが、じわじわとした復調傾向、光が見え始める、というイメージです。
 試合の後半を象徴する運気は「升」。
 「升」は、勢いが強すぎもせず弱すぎもせず、バランスよく上昇してゆくという運勢を象徴しています。非常に良い運気です。また、「升」は上が「地」で下が「木」(「風」は、「木」も象徴します)というかたちをしています。植物が土の中にあって、やがて芽を出し成長してゆくイメージです。「ひとの助けが得られる」という運気ですが、その助けを得るためには、まずきっかけとして、植物自身が芽を出していかなければなりません。最初は自分の側から努力をしなければならない、ということです。
 
 ここから考えて、この試合の日本代表は、「前半は低調だが、だんだんと光が見えてくる。後半は勢いが上昇していき、好調。」と見立てます。
 
 
 これに対するセルビアの調子は、「咸之大壮」(咸、大壮へゆく)です。
 前半を象徴する運気は、「咸」。「かん」と読みます。
 「咸」は、「感」とほぼ同じ意味であり、「感覚」「感応」という意味を持ちます。「全人格的なふれあい」であり、「感覚」「直観」を重視すべき時期です。また、「きっかけ」「運勢の動き出し」という時期にあたることが多いとされます。
 試合の後半を象徴する運気は「大壮」。「たいそう」と読みます。
 「大壮」は、非常に積極的で能動的。また、「陽気で騒がしい」という性質を持ちます。勢いの強い、良い運気です。しかし、なかなか中身が伴ってこないという性質、勢いが良いぶんだけ細やかさに欠ける(がさつである)という問題点があります。
 
 ここから考えて、この試合のセルビア代表は、「前半、後半とも勢いが良い。特に前半は、好調なスタートダッシュが切れそうだ。後半も力強いプレーが続くが、ミスには要注意。」というイメージではないかと見立てます。
 
 
 運気の点では、日本代表のほうがよく言えば堅実、悪く言えば地味。セルビア代表のほうが、よく言えば勢いがあり、悪く言えばがさつ。そのように見立てました。
 良い結果につながることを、期待いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ