タグ別アーカイブ:

<無料占い> これからの仕事について。 アヒルちゃんさんより。

 
 
 今回は、アヒルちゃんさん(女性・40代)からのご相談です。「今の仕事を続けるべきか悩んでいます。上司が変わってから、雰囲気がおかしくなりました。こちらに勤めると決まった時、私は絶対に営業はできないと伝えていました。特に新規営業は以前に嫌な思いをしたことがあって、つらいことばかりだったので、精神的に苦痛で。今の上司が、最近売り上げが下がったせいか、そればかり強要するようになって。会社で顔を合わせるのがつらいです。この年で我慢してまでつらい仕事をするべきか、とても悩んでいます。他の業務は楽しいのですが、思わず転職サイトも探すようになりました。契約社員なのでいつ契約を切られるかも不安のひとつなのですが、この先、私は仕事をどうしたらいいのか、他に良い仕事がみつかるかなど、アドバイスお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「予(雷地予)」です。最上図をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「予」の卦を踏まえて、アヒルちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 今のお仕事、「楽しく続ける」べきかと見立てます。そのために何をすべきか、というところから考えてみるのはいかがでしょう。
 あわせて、「どうしても無理!」というケースにそなえて、転職の準備もしておいて良いかと。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「予」です。
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 したがいまして、まず第一に。
 今のお仕事を、「楽しく続ける」べきかと見立てます。
 
 営業のお仕事、嫌な思い出があるとのお話です。
 しかし。業界・業種によって、営業の雰囲気にはだいぶ違いがあるかと。
 もうひとつ、「時代の流れ」と申しますか。いろいろと、「露骨な嫌がらせは、しにくい社会になりつつある」というところは、あるようにも思います。
 いったん、営業のお仕事を受けてみてはいかがでしょう。
 案外、うまく回ることも、あるかもしれません。
 
 とは言え、「営業は営業」でもありますし。「なんだかんだ言っても、変わらない」というところも、あるかと。
 すでに、営業のお仕事は受けていらっしゃるのでしょうか?
 現にそれで、うまく行っていないということでしょうか。
 
 それならば、方向性は2つあるかと。
 「仕事をしてみてやはりうまくいかないのだから、もういちど談判してみる」ことをしてみても、良いかと。
 「現に、うまくやれないし」という事実を突きつけることにも、意味はあるかと思うのです。
 もう一つは、「ふてぶてしくなる」ことかと見立てます。
 「叱られようが何しようが、できないものはできない。怒鳴りたければ怒鳴れ。無理をしない範囲で、嫌な思いをしない程度に、営業をやらせてもらう。」
 そうした、開き直りです。またあるいは、上司に何を言われようが、強く(上手に)断るという選択もあると思います。
 
 
 全体として、仕事に対して、少し「いい加減になる」と申しますと、怒られてしまうかもしれませんけれど。
 「我を張る」「強気になる」ようなことをしてでも、多少の「楽」や「楽しい」を求めても良いと思うのです。
 「そのために、何ができるか。何をしていくべきか」ということを、考えてみるのはいかがでしょう。
 何もさぼるわけではなく、その他の業務はきちんとこなすわけです。後ろめたさを覚える必要は、ありません。
 
 
 「予」にはもうひとつ、「あらかじめ」の意味があります。
 転職は、準備が大切になりますよね。
 「準備さえできれば、うまく回りそうだ」というのが、「予」の卦からの見立てとなります。
 
 ストレスを感じると、ついつい視野が狭くなりがちなところ、私達人間にはあると思うのです。
 お仕事で追い詰められる「前に」、「余裕のあるうちから」、本気で探していくこと、お勧めになるかと見立てます。
 「辞めてやる」と思うと、どういうわけか今のお仕事にも余裕が出たり、「気持ちの強さ」が生じたり。そういう効果も、期待できますので。
 
 
 言葉は悪いかも知れませんが、少し「嫌なヤツ」になるようなイメージです。
 楽を求め、辞める気満々。腹のうちにそうした「準備」や「気組み」を持っておくことで、うまく回るのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 恋愛について。 あいさんより。

 
 
 今回は、あいさん(女性・30代)からの、「最近知り合った男性からアプローチを受けていましたが、前の彼女に未練がある様子です。これからどうなるかと、彼の気持ちを見て欲しいです。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「予(雷地予)」です。最上図をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「予」の卦を踏まえて、あいさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 恋愛に発展させることは、可能かと見立てます。
 彼の気持ちは、「積極的だが、落ち着きが無い」という状態ではないでしょうか。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「予」です。
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 「楽しむ」という性質がありますので、恋愛には適した運勢です。
 恋愛に発展させることは、可能かと見立てます。
 
 しかし一方で、「あらかじめ」、すなわち「計画性が大切」という意味合いがあります。
 彼を「ひきつける」ための戦略や計画といったものを意識すると、良いかもしれません。
 
 彼の気持ちは、「雷地予」の、「雷」にあたります。
 「雷」は、男性的で非常に積極的。自分からどんどん動いて行きます。
 彼の方からアプローチをしてきたというお話、「むべなるかな」というイメージです。
 ただ、この「雷」は、「落ち着きが無い」という性質も持ちます。
 前の彼女に限らず、「気が多い」、「あちこちの女性に声をかけている」的なところがあるかもしれません。
 
 「予」は、「楽しい」のですが、それだけに「楽しいばかりの、軽い恋愛」になってしまいがちなところがあるとも言われます。
 「雷地予」の「地」(受け身の性質)であるあいさんの側で、彼のアプローチを受ける場合には、その点を意識されると良いかもしれません。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 職場の人間関係。 ににさんより。

 
 
 今回は、ににさんからのご相談です。「いま勤めている職場には、暖かい人が多く、私が失敗した時など、サラッと叱りながらもフォローしてくださったり、たまには旅行に行ったりおしゃべりしてはわらい転げたりと、楽しい職場です。この会社に入って良かったなと思ってますし、周りの方々に感謝しています。楽しい職場ですので、私も人間関係が崩れないよう気をつけてはいるのですが、距離が近づくにつれ気が緩んで甘えが出てしまっているのでは?と思います。そこで、今後もこのような仲の良い関係が続いていくのか、注意すべきことなどあればお願いします。今後半年ぐらいの、職場での人間関係をうらなっていただけないでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「睽之予」(睽、予へゆく)です。
 
 
 まずは「睽(火沢睽)」の卦を検討します。「けい」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「睽」は、「そむく」と訓読みします。反発しあうことです。
 
 この卦は、火と沢からできています。
 上にある「火」は燃え上がるもの。下にある「沢」は流れ下るもの。そのために反発し、遠ざかってゆくわけです。「同にして異」ということを考察すべきだ、という言葉が示されています。
 
 占いの言葉は、
 
 火は燃え上がり、沢は流れ下る。嫁と小姑が同居していて考え方が異なる。
 しかし、卦の二本目と五本目が対応している。深いところでは通じ合っているのだ。
 小さい事を行うには吉。
 天地は反しているからこそ、その働きは一体である。男女は異なるからこそ、愛情が通じあう。
 万物は相反する働きを持つことで統一されているのだ。「睽」の働きは重要である。
 
 というものです。
 
 この卦は、「内輪もめ」を象徴しています。なにかにつけてゴタゴタした運気です。また、全体として、物事がいい方向に向かっていたと思ったら、急に悪くなったり、また良くなったりと、運気の変動が激しい時期であることを示しています。
 特に家庭内の不和を象徴し、嫁と小姑にたとえられることがあります。
 しかし、専門的な話になりますが、卦の二本目と五本目が対応しているので、深いところでは通じ合っていると解釈される運気でもあります。
 この卦が出た時は、ごたごたが失敗の決定的要因になりかねないような、大事業はすべきではないとされます。そのかわり、こまごましたこと、ちょっとしたことをやるにはいい運勢だとされています。
 恋愛運については、良くありません。「背きあう」という運気だからです。
 
 
 
 次に、「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「睽」「予」の卦を踏まえて、ににさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から考えて、内包関係であろうと感じられました。
 
 
 
 結論です。
 
 少し意外な卦が得られましたが、指針を求めるという意味では、通りの良い卦かもしれません。
 「もし、何か人間関係がうまくいかなくなることがあっても、気にしなくて大丈夫」というイメージです。
 対立が起きたとしても、それは本質的なものではなさそうです。「今の感覚で、お互いに笑顔を保つように振舞えば問題ない」かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「睽、予へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「睽」は、「家庭内のごたごた」を象徴する運気です。多くは「嫁と姑・小姑」の問題ですが、そうでない場合でも、「内輪もめ」が関係していることが多い運気と言えます。
 上の方にある説明でも申し上げたように、「ケンカはしても、それでも家族」がこの卦のポイントとなります。嫁と姑がゴタゴタしていても、外部に敵ができた場合、夫(息子)のため・家のためとなれば、強烈な共同戦線を張るということは良くありますよね。(会社や政党の派閥争いも同様です。大きな問題・外敵があると団結します。)そのイメージです。
 占いの言葉は、この辺の事情を示しています。「深いところでは通じ合っている」・「同にして異(異にして同)ということを考察すべき」、とはそういうところです。
 
 少し意外な卦が得られました。
 「人間関係のごたごた」を象徴する卦だからです。
 
 「現状、そのような状態ではない」ということからすると、純粋に指針として読み取るべきケースではないかと、私は解釈しました。
 したがいまして、「もし、何か人間関係がうまくいかなくなることがあっても、気にしなくて大丈夫」。
 そういう運勢ではないかと、見立てます。
 
 「睽」は、「対立するようなことがあっても、それは大きな問題ではない。深いところでは仲間同士なのだから。」という運気を象徴します。
 「スポーツなどで、エラーをした選手とチームメートが、お互いに怒鳴りあっている」ようなイメージです。全員が本気で勝利を目指しているからこそ、というわけです。
 
 「細かい対立」、「小さな行き違い」、あるかもしれません。
 それでも、全く気にする必要はない。
 そのような運勢かと、見立てます。
 
 
 このような「睽」に内包されているサブの運気が「予」です。
 「予」も意識しておくと良さそうだ、というイメージでお考えください。
 
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 「楽しむことを忘れない」、「周囲の人の笑顔を保つよう、心掛ける」。
 そういった方向性が、お勧めとなりそうです。
 お話を伺った感触としては、「今のままで、大丈夫」かと。
 「楽しく過ごしつつ、周囲の人間関係に気を使う」という今の方針、そのままお勧めになるのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 友達から恋人になれる? 花さんより。

 
 
 今回は、花さん(女性・20代)からのご相談です。「私はここ最近、入社して数ヶ月になる会社の同期(年上)と毎日ラインをして、ショッピングにも2人で出かけました。お互い楽しく過ごせたかなと思っています。趣味や感覚も同じで、できたら付き合いたいなと思ってしまいました。これから、何か進展はありますか?また彼は、私との関係をどう思っていますか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「予(雷地予)」です。最上図をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「予」の卦を踏まえて、花さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 恋愛に進展していく可能性、あると見立てます。
 彼は積極的に動いてくれるのではないかと。もし彼がためらっているようであれば、花さんの側からも「彼が動きやすいような雰囲気を作っていく」と良いかもしれません。
 
 
 
 
 今回得られた「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 「楽しむ」ですので、恋愛方面には吉です。進展していく可能性、あると見立てます。
 
 彼は「雷」で、花さんが「地」。
 「雷」は、「積極性、能動性」を意味します。悪い意味では、「おっちょこちょい」的なところがありますが。
 「地」は、「柔軟性、受容性」です。悪い意味では、「反応が鈍い」です。
 ここから見て、彼は積極的に動いてくれるのではないかと。
 ただ、ひょっとすると、彼から「俺としては働きかけているつもりなのに、花さんの反応が鈍いなあ。あんまりその気じゃないのかなあ。」的に思われてしまうようなおそれも、無いとはいえないかもしれません。
 
 「予」は、「楽しむ」ばかりではなく、「楽しませる」という意味があり、また「計画性」という意味もあります。
 「恋愛は男から押すものだと思う!」等、あまり依怙地になるのはお勧めできません。「お互いに、距離を詰めあう」的な意識を、持っておくとよいかもしれません。
 花さんの側からも「彼が動きやすいような雰囲気を作っていく」こと、お勧めになるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 御礼とお願い。 俊さんより。

 
 
 今回は、俊さん(男性・50代)からのご相談です。「先日は、ありがとうございました。実は私には、身寄りがありません。仕事のことはあまり心配なさそうだとのことで、ひと安心なのですが、おおむね健康で最後まで過ごせそうでしょうか。もし気をつけるべきことがあれば、聞かせてください。また、会社を離れた後も付き合ってくれる人や助けてくれる人は少なからずおりますでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 冒頭に、本題からは少し離れる内容を申し上げることを、お許しください。
 実は少し、驚いておりまして……。
 と、言いますのも。今回得られた卦は、先日と全く同じ卦です。
 易占、それも私の占法ですと、全く同じ卦が得られる確率は、「4096分の1」なのです。
 もちろん、「あり得ない数字」ではありません。「違う卦が得られたとしても、『その卦になる確率』は、やっぱり『4096分の1』である」ということも事実です。
 ただ、同じ方から頂いた、関連性が無いとも言えないご相談について、全く同じ卦が得られるということは、なかなか珍しいものですから……。
 
 もうひとつ、本題とは離れる内容ですが。
 健康の問題については、私は占いを立てないこととしております。現代では、お医者様という専門家がいらっしゃいますので、そちらを大切にしていただきたいからです。
 今回申し上げるのは、「発想」と、「昔はそんなことを言われていた」という「雑談」であるとお考えください。
 
 
 
 得られた卦は、「予(雷地予)」です。
 
 
 卦の説明(一般論)については、前回と全く同じですので、省略させてください。
 
 
 結論を申し上げます。
 
 
 時間をかけて、友達を作っていくこと。
 趣味と言いますか、仕事とは離れた楽しみを見出し、そちらの人間関係を作っておくこと。
 「助けてもらう」と言うよりは、「貢献」・「ボランティア」的な行動を意識すること。
 ……その3点が、方向性としてお勧めになるのではないかと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「予」です。
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 まず「あらかじめ」というところから、「時間をかけて計画的に準備しておくこと」がお勧めとなるのではないかと見立てます。
 「困ってから急に」であるとか、「友達のつもりだったけど、向こうはそうじゃなかった」的なことがあると、なかなか切ないものがあるのではないかと。
 
 次に、「楽しむ」というイメージから、「趣味と言いますか、仕事とは離れた楽しみを見出し、そちらの人間関係を作っておくこと」がお勧めかと見立てます。
 仕事関係のお付き合いは、仕事を辞めてしまった後は、「切実ではないために、縁遠くなる」おそれがあるのではないかと思うのです。
 
 第三に、「楽しませる」というイメージからは、「『助けてもらう』と言うよりは、『貢献』・『ボランティア』的な行動を意識すること」がお勧めかと見立てます。
 「助けてもらいたい」というのも、もちろん悪いことではないのですが、やっぱり「お互い様」的なところ、あると思うのです。
 特に、地域社会との関わりでは、地道な努力と言いましょうか、そのような意識が効いてくるように感じられます。
 
 
 以上の3つが、「予」の卦から得られた、私の見立てとなります。
 参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 
 健康についてですが。
 以下は、あくまでも雑談であるとお考えください。
 
 「大昔、医学が発達していなかった時代」には、「予」の卦について、消化器や、体の内側に注意と言われて「おりました」。
 
 あまりとらわれないようにしていただきたく思います。
 それ以上に、「予」ですので、「予防」の意識、健康的な生活を心掛けることの方が大切ではないかなと思います。
 さらにそれ以上に、何よりもお医者様の言葉を信用していただけますよう、重ねてお願い申し上げます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 母とのことと婚活。 せいこさんより。

 
 
 今回は、せいこさん(女性・30代)からのご相談です。「厳しくヒステリックな母のもとで、お前はかわいくないと言われて育ったため、自尊心がありません。おかげで恋愛でも軽んじられ、遊びばかりで結婚が難しい年齢になりました。世間体を気にする母から結婚相談所を進められたのですが、自分はそこで出会う人は好きに慣れないだろうと断り、母と険悪になりました。また、自分はきっと良い人と出会い幸せになると頑張っていますが、現実に打ちのめされる日々で、焦りばかりを感じます。母は、『あんたなんか自力で結婚することは無理』と言いますが、本当にそうかもと弱気になって来ました。これから私に良いご縁はありますでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「予之師」(予、師へゆく)です。
 
 
 まずは「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 次に、「師(地水師)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「師」は、「多い」また、「いくさ」という意味です。そして、中国の思想では一般に、「いくさは憂うべきもの」と考えますので、キーワードとしては、この二つの他に「憂い」というものが加わります。
 
 「師」は、地面の下に水があるかたちです。水を必要としている地上に水がないために、大きな争いが起こる、そのようなイメージです。
 そのかたちを解釈する言葉として、「大地は豊かな水をその下にたたえている。それと同様に、立派な人間は、豊かな心をもって人と人とのつながりを大事に養い、いざ争いが起こった時のための準備をしておくべきだ。」と言われています。
 
「師」の占いの言葉は、
 
戦争は大義があるものでなくてはならない。指揮官も立派でなければならない。
多数を率いて正しい戦争をすれば、王者となることができる。
戦争は憂いを伴うものだが、正しい行いならば最終的にはとがめはない。
 
というものです。
 
 この卦は、必ずしも悪い運気ではないのですが、とにかく争い事が起きやすい運勢です。
 適任者を求めること、正しいと思うことは断固として貫くことが重要です。
 人間関係でも不和の多い時期であると予想されます。
 
 
 
 以上のような「予」「師」の卦を踏まえて、せいこさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の関係性からみて、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 ご縁の可能性はあると見立てます。
 ただ……お母様の話と、結婚の話とは、分けて考える方が良いのではないかと。
 「お母様が勧めるから、結婚相談所には絶対に行かない」という理由は、不合理かと感じられます。ご縁をいろいろな場に広く求めて行くならば、「お母様バイアス」を捨てて、結婚相談所も含めて可能性を探るべきかと見立てます。(絶対に結婚相談所に行くべきだと言っているわけではありません。結婚相談所にもいろいろと問題があったりすることもありますので。頭から否定すべきでもないのでは?というニュアンスです。)
 「徹底的に気楽になる」と言いますと、語義に矛盾があるようにも感じられますが……。そのイメージかと。
 フラットな視点から、あらゆる可能性を探す。楽観を忘れない。そういった方針がお勧めになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「予、師へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 まずは、「楽観」かと。気楽になることかと見立てます。
 焦ったり、お母様憎しの感情を燃やしたりするのは、恋愛や結婚とは相性が悪いかと見立てます。
 
 また、「あらかじめ(計画性)」も大切になりそうです。
 計画的にという言葉にしてしまうと、少しイメージが違いますが……。「合理的に考える」ということが大切になるかもしれないと見立てました。
 「お母様が勧めるから、結婚相談所には絶対に行かない」という理由は、不合理かと感じられます。
 広く可能性を求めて、感情的なわだかまりを排した上で判断することがお勧めになりそうです。
 
 
 このような「予」に内包されているサブの運気が「師」です。
 「師」も意識しておくと良さそうだというイメージです。
 
 「師」は、端的に言って、「戦争だ!」という運気です。「結論を押し通すまで徹底して争うべきだ」という運気を示すものです。
 「師」の卦が得られた時の心構えとは、まさに戦争の心構えです。具体的には3つ。「仕事を委ねる指揮官には適任者を得ること」「決断は速やかに行うこと」「一度決断したら、最後まで貫き通すこと」です。
 (今回のご相談については、「もし結婚相談所を利用するのであれば、『適任者』、すなわち良い相談所を選ぶ」こともポイントになるかもしれないというイメージです)。
 
 「師」は、「戦争」です。
 「決断と行動」が大切になります。
 
 「予」に見られる姿勢……「楽観」と「合理性」を、「徹底的に貫く」ことがお勧めになるのではないかなと見立てます。
 また、「戦争」ですので、「目的達成が全て」です。真っ正直にお母様と対峙する必要はありません。
 「騙し討ち」というと言葉が悪いですが、例えば結婚相談所を利用するにしても、家には一切資料が届かないように工夫するであるとか、そんな「策略」を使ってでも、「気楽さ」……すなわち、「陽気で高いテンション」を維持し続けるぐらいのつもりの方が、良いかもしれません。
 
 
 
 「予」ですので、可能性はあると見立てます。
 気楽さ、楽観といったものを維持し続けることが大切かと見立てます。
 また、お母様に何か言われても「それを真に受けてテンションを下げたり、不合理な判断に陥ったりすることがないようにする」こともお勧めではないかと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 仕事について。 俊さんより。

 
 
 今回は、俊さん(男性・50代)からのご相談です。「今の仕事を、今の身分のまま、定年まで続けられるでしょうか。体力がだいぶ落ちてきており、心配です。また、定年後の収入で安定した生活ができそうか、不足しそうであれば今から計画的に仕事を探そうと思います。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「予(雷地予)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 
 以上のような「予」の卦を踏まえて、俊さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 まず、「基本的には、そこまで悲観しなくても良さそうだ。何とかなると思われる。」と、見立てます。
 その上で、ですが。
 転職等(転職に限らず、「退職後、数年間のお仕事」を含めて)を意識される場合に、「計画的に探そうとする」ことは、大吉かと見立てます。
 なお付け加えて申し上げるならば、「自分がやりたいお仕事」よりも、「引く手が多そうなお仕事」という観点から選ばれることがお勧めになりそうだと見立てます。 
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「予」です。
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 「楽しむ」というイメージからしまして、「どうにもならない、苦しむことになる」と言うようなことはなさそうだと感じました。
 基本的には、悲観的にならなくても良さそうです。
 「何とかなる」と見立てます。
 
 その上で、ですが。
 「ただ『何とかなる』より以上のものを目指したい」という事になる場合、次のお仕事探しをされることもありうるかと思いますが、そうしたことについても、悪くない運勢です。
 (転職については、「慎重に」というイメージではありますが……。)転職、あるいは「退職後、数年間のお仕事」を意識される場合について、申し上げます。
 
 まず、「計画的に探そうと思って」いらっしゃることは、「予」の卦からすると、大吉です。
 「予」の持つ3つのイメージのうち、「あらかじめ」とピッタリ一致するからです。
 長い時間をかけて検討し、スムーズに次のお仕事に移れるようにしておくという発想は、そのままお勧めできるかと見立てます。
 
 次に、「予」の持つ第三のイメージである「人を楽しませる(自分だけ楽しみに溺れるようなことはしない)」という要素からしますと……。
 転職先を探される場合には、「自分がやりたい仕事」というよりは、「この仕事ならば、求人が多そうだ。仕事が切れることが無い。転職市場で、求められている。」というようなお仕事を狙うのがお勧めになるかもしれません。
 ご相談にありましたような「計画性」を意識される場合、そちらのイメージを取り入れられることもお勧めになるかと、見立てます。
 
 
 「今の身分」について伺うことがかないませんでしたので、少し具体的なイメージがつかみにくいところはありましたが……。
 経済面について、「困窮」のイメージはありません。「楽しく……」と言う言葉の意味にもよりますが、「やれそうだ」と見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 好きな人。 すずきさんより。

 
 
 今回は、すずきさん(女性)からのご相談です。「以前から、好きな人とお互いに惹かれあっている雰囲気でした。そしてつい先日、お互いの気持ちを確認するような出来事がありました。それから2週間ほど、私も彼も躊躇している感じです。進展させたいけど、2人とも目立つ仕事をしているので、周囲の目やこれからの状況、相手の気持ちや立場などが気になって、進展するのかどうか……。私はもう少しお近づきになって、家にご飯を作りに行ったり旅行へ行ったりしたいのですが……。そういった、交際らしいことをしたいのですが、今後どのような関係になるか占っていただけないでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「予之坤」(予、坤へゆく)です。
 
 
 まずは「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 次に、「坤(坤為地)」の卦を検討します。「こん」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「坤」は、柔軟さ・女性性・消極性を象徴します。この卦は、六本すべてが「陰・柔」となっていますから、純粋な「陰・柔」という状態です。静止しながら豊かな力を蓄えている様子です。
 
 「坤(坤為地)」は、上下とも「地」というかたちです。万物を生み育てる豊かさを象徴しています。「乾」とは逆に、静止している様子でもあります。
 このような「坤」のかたちについて、「大地の働き、それが坤である。立派な人間は徳性を厚くし、人々を包容していく」という言葉が示されています。
 
 「坤」の占いの言葉は、
 
 「坤」の生成力は偉大である。その力を受けて万物は生まれるのだ。
 「坤」は大地の象徴である。大地は厚く万物を乗せる。その徳は天の広大さと等しい。
 「坤」の限りない包容力によって万物すべてが伸び栄える。
 「坤」の道は、従順に、堅くわが道を守ること。人に従って目的に達するのだ。
 良い友人に恵まれる。同類に背を向ける時は、友を失うも、よりどころが得られる。
 
 というものです。
 
 「坤」の卦が出た時は、一般的には隠忍自重が良い結果をもたらします。また、先生について勉強をするとか、上司の指示に従って働くということについては、良い運勢です。決断をするようなことには向いていません。「柔」ですから、「優柔不断」で決められないと見るのです。
 仕事運等について言えば、リーダーシップをとるよりは、リーダーを支えて裏方に回る方が良い。
 また、この卦には「西南に朋を得るに利あり……」という占いの言葉があります。これには、「友人と仲良くするのが良い。一方、友人に背を向ければ、配偶者に出会える」であるとか、「簡単なほうを選ぶのも良い。難しい方を選ぶと、孤独になるが結果は出る。これも良い。」とか、「西南方向に移動するなら、大勢で行く方がいいが、東北方向へ行くならば、一人がいい」などのいろいろな意味があり、何か思い当たるところがある場合には参考にできると考えられます。
 恋愛・結婚運で言えば、まとまりにくいとされます。良縁の場合は孤独で困難なものになると考えられています。また、注意すべきこととして、「坤」の場合は、人にだまされるおそれ、という問題があります。
 
 
 
 以上のような「予」「坤」の卦を踏まえて、すずきさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせて、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 恋愛運としては、見通しが明るいかと見立てました。
 「恋を楽しむことができる」というイメージです。
 大切になるのは、「計画性」と、「柔軟さ」かつ「厚かましさ」……と言ってしまうと言葉が悪いかも知れませんが、多少の「開き直り」かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「予、坤へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 「楽しむ」、「相手を楽しませる」というイメージから、恋愛運としてはかなり良い運勢です。
 見通しは明るいと感じられます。
 
 「予」の持つもう一つのイメージは、「計画性」です。
 いろいろと難しいところのある恋愛と伺いました。が、「状況をコントロールする」、あるいは「彼を誘導する(自分のペースで恋愛する)」ぐらいに、積極的に臨んでいくぐらいで良いかなと感じられました。
 
 
 このような「予」に内包されているサブの運気が「坤」です。
 「坤」を意識しておくこともお勧めとなる、というイメージでお考えください。
 
 「坤」は、「母なる大地」を象徴します。どこまでも広く平らにつづく大地です。そうしたイメージから、「受容性、柔軟さ、分厚く鈍重、動きが少ない…」といった性質がイメージされる運気です。
 
 「坤」にも、多様なイメージがありますが……。
 今回は、「柔軟さ」と、「分厚い大地(あるいはいわゆる、鈍感力)」というところがポイントになるかと感じられました。
 
 お立場上、難しいところもおありかとは存じます。
 しかし、どこかで勇気を持つと言いますか、多少は「開き直る」ことも必要かと感じられました。一歩を踏み出すための、「開き直り」です。
 「周囲に大きな迷惑をかけたり、キャリアに傷を入れたり」ということも、心配かも知れません。それでも、踏み込んでしまえば、あとは「柔軟に」対処し、回避できることも多いのではないかと見立てます。
 「坤」は、「どうも鈍重ではあるけれど、その分だけ分厚く、たくましい」というところがあります。そうそう簡単には、破綻しないと感じられます。
 
 
 いずれにしましても、メインの運気が「予」です。
 難しさも含めて、「恋を楽しむ」ことができると、見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 全体運について。 プリンさんより。

 
 
 今回は、プリンさん(女性・30代)からのご相談です。「今年突然、仕事がなくなり、先ごろより、ある会社に派遣で勤めています。今年初めに病気にかかり、緊急入院して、春にオペをして復帰した直後に退職勧告を受けたのが、もともとのきっかけです。体調も万全でないまま次の仕事についたのですが、今までの職場とは仕事内容から事務の小さな手続きまで全く違う特殊な会社で、教えてもくれないためについていけなくなり、困っています。並行して、婚活をしており、年下の男性とメールのやり取りを始めました。ただ、仕事がうまくいっていないので、その方とのやり取りも全力でできない自分がいます。このご縁を逃したくはないと思っているのですが。いま、自分の中でいろいろな事がぐちゃぐちゃになっており、何がしたいのか分からない状態です。今後、仕事はここで続けた方が良いのか、来年以降転職した方が良いのでしょうか。男性とのことは、どうなっていくでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「随之予」(随、予へゆく)です。
 
 
 まずは「随(沢雷随)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「随」は、「したがう」という意味です。何かに従ってゆくと良いことが多いという運勢です。しかし、運勢は自分で切り開くもの。何に従うべきかは、自分で主体的に判断しなければなりません。
 
 「随(沢雷随)」は、雷が沼沢の内側に入り込む、動的なエネルギー(雷)が衰えていく時期を示すかたちです。季節で言うならば秋。「時勢に従って休息すべき」という言葉が示されています。
 
 「随」の占いの言葉は、
 
 剛(雷)が柔(沢)にしたがっている形である。
 剛が動き、柔がそれを喜んで受け入れるのだ。
 このような道に従うならば、逆に人々も喜んで従ってくれるだろう。
 
 というものです。
 
 この卦は、時勢に従い、あるいは人に従うとよいことがある、という運気です。また、変化の時期を象徴し、その変化には積極的に従う(変革の動きに乗る)と良い、という運気です。
 ですから、転職や引っ越しにはよい運勢です。
 季節のイメージは秋と申し上げましたが、時勢に従って、無理をしないほうが良いという意味です。
 もっとも、雷は動的なエネルギーを象徴する卦でもありますので、完全に静養しおとなしくしているというよりは、力をためる充電期間、クマが冬ごもり前に活発に動き回るようなイメージです。
 また、「従う」のが良いのですから、たとえば無能な上司であっても、その指示等には逆らわない方が良いという時期です。自分が雷(動)であり、また能力があることを示唆する運気ですが、それでもあえて穏当に上司に従うことで、自分を含めた運気が開ける、そのような時期です。
 恋愛運について言えば悪くはないのですが、結婚運となると、やや安定していないきらいがあるため、あまり良いとは言えません。また、三角関係や、ストーカー問題などのおそれも考慮すべき運勢と考えられています。
 
 
 
 次に、「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「随」「予」の卦を踏まえて、プリンさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を意識して、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 行動の指針として、「主軸を立て、それ以外は従属的な要素として考える」という発想がお勧めになるかと見立てました。
 そう申しますと、頭で考えてガチガチに詰めていくようなイメージにも聞こえてしまうかも知れませんが。むしろ、「流れに乗る」、「楽しいと思えることを優先する」と言った発想がお勧めになるのではないかと、そのように見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「随、予へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「随」は、「したがう」という意味です。「何に従っていく・くっついていくべきか、その選択が重要になる」という運気です。
 また、「随」は、「充電期間」というイメージを持つ運気でもあります。消耗するよりは、「ためる」時期です。
 その一方で、「随」には「転換期」の意味もあります。「流れ」がある場合には、「積極的に乗ってよし」とされます。
 
 このような「随」に内包されているサブの運気が「予」です。
 「予」も意識しておくと良いのではないか、というイメージです。
 
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 
 このような「随」「予」の卦とその関係から、以下のように見立てました。
 
 いろいろなことがあって、考えがまとまらないと伺いました。
 その点について、「予」の持つ「あらかじめ(計画性)」という要素が参考になるかと感じられました。これに、「随」の持つ「従う」のイメージをあわせますと。
 「主となるもの/従うもの」ということについて、「計画的に考える」のが良いのではないかと、見立てました。
 すなわち、「行動の指針として、『主軸を立て、それ以外は従属的な要素として考える』という発想がお勧めになる」かと見立てました。
 
 「計画性」と申しますと、頭で考えてガチガチに詰めていくようなイメージにも聞こえてしまうかも知れません。
 しかし、「随」は、「抵抗せずに流れに乗る」というイメージを持ちます。また、「予」は、「楽しむ(楽しませる)」ということを、要素として含んでいます。
 このことから、「『流れに乗る』、『楽しいと思えることを優先する』と言った発想がお勧めになるのではないか」と見立てます。
 
 
 気になる男性がいらっしゃるというお話です。
 しばらくの間は、「楽しいこと」である「恋愛」を主軸に据えるという発想が、お勧めになるのではないでしょうか。
 お仕事については、「いい加減にやる」とか「サラリーシーフになる」と言うと言葉が悪すぎますが、少し肩の力を抜いて臨まれてはいかがでしょう。
 「まずは恋愛方面から固めて、気分を上げて、それを仕事に活かす」という方向性です。
 
 お仕事については、その後で、「流れ・展開次第で決める」のでは、いかがでしょう。
 現状のままであれば、「随」の持つ「転換期」のイメージから、「転職する」を意識する方向が良いのではないかと見立てます。
 
 
 「テンションを上げて、気持ちに余裕を持って、考えを整理する。」という順番が良いのではないかと。
 そのためにも、現状は恋愛を優先するという方向性はいかがかと、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 相手の気持ち。 たすくさんより。

 
 
 今回は、たすくさん(女性・20代)からのご相談です。「今回は、その後知り合った別の方についてお願いします。いま、その方とは連絡を取り続けているのですが、その方の気持ちとか今後の展開を知りたく思っております。電話で話したりもしたのですが、緊張から自分のことばかり話してしまったり、彼が言わんとしていることを流してしまったり……失敗したなあと思っているので、彼がどう思っているかを知りたいのです。今後の展開についても、よろしくお願いします!」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「兌之予」(兌、予へゆく)です。
 
 
 まずは「兌(兌為沢)」の卦を検討します。「だ」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 次に、「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「兌」「予」の卦を踏まえて、たすくさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、「展開を」というご相談ですので、変化の関係と解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 現状は、「軽い関係」かと。
 彼の気持ちも、「浮き立っている」というところがあるかと。
 今後は、「楽しい恋」のイメージですが、計画性と申しますか、「どういう方向に持って行きたいかを意識する」ことが大切になるのではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「兌、予へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「兌」は、上下とも「沢」を意味します。
 「沢」は、「少女、笑い、喜び、口、身軽さ」などを象徴しています。悪く言えば、「深みがない、軽薄だ」ということにもなります。
 
 「兌」は、軽快な運勢です。
 恋愛そのものを象徴すると言えるぐらいに、明るく浮き立った状態を象徴します。
 
 恋愛には最適と言えないこともないのですが、「兌(沢)」には、「口先ばかり/軽薄」という性質もあります(前回の記事をご参照ください)。
 彼の気持ちが、「うきうきしている」ぐらいならば良いのですが、「『楽しみ』だけを追及したがっている」という方向性ですと、少々切ないですよね。
 その点の見極めが、大切になるかもしれません。
 
 
 このような「兌」が、やがて「予」へと変化していくと解釈されます。
 
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 この「予」も「楽しむ」ですので、恋愛については良い運勢と言えます。
 しかし、注意点も「兌」と共通するところが……。「楽しみに溺れない」ということが、ポイントになります。
 軽快な恋愛を楽しむには良いのですが、しっかりしたお付き合いを希望される場合には、「恋の楽しみばかりに溺れないように」という点に注意が必要となります。
 
 そのためのカギとなるのが、「予」の第三の要素である、「あらかじめ」ではないかと。
 計画性と言うと少しズレてしまうかもしれませんが、「どういう方向に持って行きたいかを意識する」ことが大切になるのではないかと見立てます。「振り回されすぎないように、ご注意を」というイメージです。
 
 今後ですが。「予」の卦から見て、彼が「雷」でたすくさんが「地」という展開になるかと。
 「雷」は、「能動性、積極性、素早い動き」ですが、「落ち着きの無さ、騒がしさ、中身のなさ」という問題があります。
 「地」は、「受動性、受容性、柔軟性」であり、「動きが鈍い」という問題があります。
 ここから見て、ある段階からは、「彼が積極的に動いて、たすくさんがそれに応ずる」という方向性になるのではないかと。
 その際に、「計画性」が大事になるのではないかと、感じました。
 「彼を受け入れるか、受け入れないかをしっかり判断する。受け入れるとしても、どういうお付き合いを目指して行きたいかを意識しておく。振り回されすぎないように、注意する」という考え方が、お勧めになるのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ