タグ別アーカイブ: 勉強・受験小ネタ

受験・勉強小ネタ 第五回 社会 ~世界史~ 受験生に知っていただきたいこと。

 

アメブロより、続きです。

世界史の一般的な勉強法は、「まず流れから入る」です。

その上で、受験生(特に私立大学)の方に知っていただきたいことがありまして。

それは。

志望校の、入試(の穴埋め)問題は必ずチェックし、

それが「どの会社のどの教科書に基づいているか確認する」ことです。

 

教科書と言えば、山川出版の『詳説世界史』と思い込み過ぎていませんか??

 

たとえば、上智大学の穴埋め問題は、同じ山川出版でも、『新世界史』に準拠しています。

『新世界史』の本文に、穴を開けたら、上智大学の入試問題の出来上がり。

上智大学を受けるならば、『詳説世界史』ではなく、『新世界史』を読み込むべきなのです。(近年は変わったかもしれませんが…)

 

自分が受ける大学が、入試にどの教科書を使っているのか。

早めに確かめておいて、損はないですよ!

 

 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

受験・勉強小ネタ 第四回 体育 ~確実に逆上がりをできるようにするには~

 
 
アメブロより、続きです。
 
 
 逆上がりは、足を使って地面を蹴り、駆け上がってもできるものではありません。
 では、どこを使うのか。
 
 
 逆上がりは、上半身の筋肉を使って上がるものです。
 
 
 1 やや高めの鉄棒(「ぶら下がって足を曲げたら地面から浮く」以上の高さ)に、順手で、ぶら下がります。
 2 腕を曲げ、上半身を鉄棒に引きつけます。
   同時に、あるいはその後に、お腹を丸め(腹筋を収縮させ)ます。
 3 すると、足が上にあがってきます。
 4 上半身をさらに鉄棒に近づけ、足をさらに上にあげていきます。
 5 足が鉄棒に近づいてきたら、上半身を後ろに倒します。
 6 頭の重さを利用して勢いをつけ、足を鉄棒にくっつけたら、後は回るだけ。
 
 鉄棒にぶら下がって、「だんご虫」のポーズを取る要領です。
 肘を曲げて腕を鉄棒に引きつけることを意識してみてください。
 
 
 上半身を意識すると、いつでも安定して逆上がりができるようになります。
 お子さんがお悩みでしたら、一度試してみてください。
 
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ