タグ別アーカイブ: 小畜

<無料占い> 恋愛。 クッキーさんより。

 
 
 今回は、クッキーさんからの、「何度か診察していただいた先生を好きになってしまいました。先生は私をどのように思っているか、今後の進展をみていただきたいです。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「小畜之離」(小畜、離へゆく)です。
 
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「離(離為火)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「離」は、現代の感覚とは逆ですが、「麗(り)」、「くっつく」ことを意味しています。くっついて素直に行動すべきなのですが、その前提としてくっつくべき対象をしっかりと選ぶべきことを象徴しています。
 
 「離」の卦は、上下とも火・太陽を意味しています。火のような情熱・明るい知性を示すかたちです。「知性を磨き、天下を照らすべし」という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「離」とはくっつくこと。
 日月は天につき、草木は地につく。人は明るい知性によって、正しい道につけば、発展する。
 下から二本目に陰がある。従順さを大事にすることだ。
というものです。
 
 「離」の卦が象徴するのは、「麗」、「くっつく」ことです。
 しかし、何でもかんでもくっつけば良いかというと、そうではありません。
 「離」の卦は上下とも火を意味します。くっつく、着火の対象が不燃物では意味がないし、また、燃やしてはいけないものに火をつけては放火になってしまいます。
 だからこそ明るい知性(火・陽)をもって、燃やすべき情熱の対象をきちんと選んだ上で、燃え上がるべきであるということが示されています。また、火は取り扱いに注意すべきもの。慎みをもって、控えめに扱うのが重要だということです。
 人間関係全体について言うと、冒頭の図を見てもらいたいのですが、自分の心の柔らかい部分(内心)という陰を、硬い殻という二本の陽で挟んでいる形が、上下に向かい合っています。
 お互いに内心を見せない、見せられない、どうも意気投合できない、そういうかたちであると言われています。
 
 
 
 以上のような「小畜」「離」の卦を踏まえて、クッキーさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、主に卦の性質から、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 先生の気持ちは、「柳に風」的なところがあるように、感じられます。
 恋愛の方に向けていくのは、なかなか難しいかもしれません。
 「ひと時を、楽しむ」、「心のオアシス」のような割り切り方をしていくと、うまく回るのではないかと感じられます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、離へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 結果に結びつける可能性が無いとは言えませんが、かなり難しいかもしれないと感じられました。
 クッキーさんのお気持ちが「天」であるのに対して、先生の気持ちは、「風」。
 「天」は積極的という良さはあるのですが、なかなか結果に結びつかないという難しさもあります。
 「風」は、「動く」という性質がありますので、「動いてくれるかも……」という可能性も、あるのですが。「如才なさ」という性質もあるために、「柳に風」と受け流されてしまうおそれも、大きいかと。
 結果に結びつけるためには、現状では「エネルギー不足」のように思われるのです。
 
 
 このような「小畜」に内包されているサブの運気が「離」です。
 「離」の卦は、上下とも「火」というかたちをしています。
 「火」は、「情熱」、「知性・理性」、「明るさ」、「くっつく」、「美しさ」等の事象を象徴します。
 そのため、「理性・知性で情熱をコントロールし、何とくっつく(何についていく)かを判断する」ことが重要とされる運気です。気をつけなくてはいけないのが、「炎上」・「情熱の空回り」となります。
 
 「離」の最大の特徴は、「理性・知性」です。
 「割り切り」ができると、うまく回るのではないかと感じられます。
 
 恋愛は、心弾む一面もある一方で、うまくいかない時には強いストレスにもなりかねませんよね。
 メインの「小畜」……「イライラする」を考えると、関係を深化させるためには、よほど上手にことを運ぶ必要があるようにも感じられるのです。
 「適度な距離感で、楽しむ」ような接し方に向いているのではないかと、見立てます。
 「ひと時を、楽しむ」、「心のオアシス」のような割り切り方をしていくと、うまく回るのではないかと感じられます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 仕事の評価。 みかさんより。

 
 
 今回は、みかさん(女性・40代)からのご相談です。「各職員の今年一年の仕事の評価が、書類を元に本社、幹部で話し合われるようです。そこで、上司から見た私の仕事の評価、人間性を見ていただきたく、お願いいたします。」とのご相談内容です。
 
 
 私は「あてもの」を志向しておりませんが、いただきましたご相談については、完全に「あてもの」にならざるを得ないかと。
 精度が格段に下がりますので、「気にしすぎない」ようにしていただきたく、お願い申し上げます。
 
 
 得られた卦は、「小畜之鼎」(小畜、鼎へゆく)です。
 
 
 まずは「小畜(風天小畜)」の卦を検討します。「しょうちく」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「鼎(火風鼎)」の卦を検討します。「てい」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「鼎(火風鼎)」は、「かなえ」です。三本脚の器(食器・調理器具)です。
 三本の脚で器を支えるようにみんなの協力を得てことを行えば、大成功するという、よい運勢を示しています。
 
 「鼎(火風鼎)」は、木(風は木も象徴します)の上に火があるかたちです。鼎をつかって調理を行うかたちです。「秩序を整える」という言葉が示されています。
 
 「鼎」の占いの言葉は、
 
 この卦は鼎をかたどっている。大いに伸び栄える。
 木を火にくべて調理を行い、お供えにしたり、みんなをもてなす。
 謙虚(風)で聡明(火)、穏やかなリーダーにまっすぐな部下。
 だからこそ、伸び栄えるのだ。
 
 というものです。
 
 鼎は三本脚の器です。三本の支えがあればどっしりと安定するように、みんなで協力し合えばよい結果が出るということを示しています。
 また、「鼎」は、新しいことをするのには吉、とされています。「鼎」の前に置かれている卦は「革」(革命)であり、その結果を引き継ぐ運気であると考えられています。
 もっとも、ここでいう新しいとは、完全リニューアルではなく、味付けがうまくいかなかった料理について、食器の中にある食材にもう一度火を加え、料理し直すようなイメージです。うまくいかなかったならば、今までの延長の中でマイナーチェンジを加えてみては、という運気です。
 料理のように、人を喜ばせることで自分も喜ぶという運気でもあります。独善はよくありません。ひとのことを考えると良いでしょう。
 恋愛・結婚運は、協力を意味することから、悪くないと考えていきます。しかし、三本脚の器だけに、三角関係のおそれもあります。
 
 
 
 以上のような「小畜」「鼎」の卦を踏まえて、みかさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容から、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「神経質なところがあり、大きな仕事をわしづかみにするようなことはできない」が、「仕事振りに安定感がある。他者と協調できる」。
 といった評価ではないかと、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、鼎へゆく」です。
 
 メインの卦である「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 小畜の特徴は、「神経質」です。
 また、大きな仕事について、「いまはそれを行う力が無い」というイメージもあります。
 
 サブの卦である「鼎」は、、「かなえ」です。「三本脚の、調理器具 兼 食器」を意味します。
 三本脚ですので、非常に安定しています。また、「支え合う」というイメージですので、周囲の人とは協力しあってうまくやっていけるという運勢を示唆します。だいたいのことについてうまく行きやすいと言うことができます。
 また、「調理」ですので、「ちょっとした味付け・アレンジメント」というイメージを持ちます(「革命」を意味する「革」の卦ほどではありません)。「マイナーチェンジ(小さな改良)をする」「気の持ちようを少しだけ変える」ことに向いている運勢です。
 
 「鼎」の特徴は、3つ。
 まず第一に、「安定感」です。第二に、「複数の人間との、協力関係」です。第三に、「大きなパラダイム転換では無く、マイナーチェンジ」です。
 やはり、「仕事に革命をもたらす」という感じではなさそうだ、というイメージかと。
 ただ、「仕事振りに安定感がある」し、「多くの人と強調できる」のではないかと。
 
 
 2つの卦をあわせて、上の「結論です。」で申し上げた内容となりました。
 冒頭で申し上げましたように、これは完全に「あてもの」です。しかし、私は「あてもの」を志向しておりません。
 そのために、「占いの精度が大きく下がっている」おそれが高いと、自分では思っております。
 「変に気にしてしまう」ようなことだけは、どうかなさらないでいただきたく、お願い申し上げます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 仕事について。 よんよんさんより。

 
 
 今回は、よんよんさんからのご相談です。「よくラインする上司に、本気で会社のことについて改善して欲しいことや、愚痴なんてこぼしてもいいのでしょうか?それとも、今までみたいにうわべだけのお疲れ様や何気ないラインだけにしといたほうがいいのでしょうか?上司だからと言って、現場で働く部下の話をどこまでして良いものか。図に乗って何でも話すのも……と、悩んでおります。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「小畜之観」(小畜、観へゆく)です。
 
 
 まずは「小畜(風天小畜)」の卦を検討します。「しょうちく」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「観(風地観)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「観」は、字の通り、「観察する」ことを意味します。
 
 「臨」のように、上からリーダーシップをとって、ある意味にらみを利かせる、そういうものとは異なり、「一歩引いて、主導権を相手に渡して、静かに観察する」のがよい、とされる卦です。
 
 「観」は、上が風・下が地をあらわします。そのため、地上から吹きわたる風を見るように、あるいは、風が地面のほこりを吹き払った後のように、物事をよく見るのがよい、というかたちを示しています。
 
 「観」の占いの言葉は、
 「観」とは、見ることである。
 柔和(地)にして謙虚(風)な心によってすべてを見るのだ。
 よく見ることによってのっとるべき法則を見出し、それに従って行動するとよい。
というものです。
 
 「観」の卦は、専門的になりますが、「中正」という状態が二つあるので、おおまかに言えば悪くない運勢です。
 また、観察する、静かに様子見をするのがよい、という運勢ですので、一般に、ものごとの精神的な側面については吉とされます。ですから、教育や研究、文筆活動には良い運勢と言えます。一方、物質的な側面、利益を上げようとか、販路を拡大しようという面については凶と見ます。ここでとどまっておかないと、「剥」(ひきずりおろされる)に運気が変化しかねないからです。
 
 
 
 以上のような「小畜」「観」の卦を踏まえて、よんよんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、2つの卦の関係から、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「あまり突っ込んだ相談は、しない方が良い」のではないかと見立てます。
 「愚痴」の方は、まだ構わないかと。「観測気球を上げる、どこまでなら話しても大丈夫そうか、少しずつ様子を見る」的な動き方がお勧めになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、観へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 「小畜」には、「女性の側に力や勢いがないために、流れをうまく押し留められない」というイメージもあります。
 どうやら、「本気の相談」は、今のところはまだ時期尚早かと見立てます。
 
 このような「小畜」に内包されているサブの運気が「観」です。
 「観」は、まさに「観察」です。一歩引いて、物事を冷静に判断するのに向いています。
 一歩引いて、少し周りを眺めてみる。自分を振り返ってみる。その方が結果につながりやすい、「急がば回れ」的なところがあります。
 
 「観」ですので、「観察」、「観測」といった動きには適しています。
 「少しずつ、様子見をする」のはいかがでしょう。
 愚痴にしても、ディープな愚痴ではなく、ちょっとした愚痴から。
 それに対する上司の出方を見て、「ここまでなら話せる。ここから先は、不快感を与える」という境界を、見極めて行くような動き方はいかがかと、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 恋愛。 ににさんより。

 
 
 今回は、ににさん(女性・40代)からのご相談です。「先日、飲み会でひどく酔ってしまった私は、会社の社員さんに絡んでしまったようです。(後から他の方に聞いて知りました)。実は、この方を私は好きで、色んな思いがあって変な酔い方をしてしまったのだと思います。途中彼の顔がとても曇ったのを覚えていますが、帰り際には笑っていました。こんなに酔った私を見て、彼は私をどのように見ているのでしょうか。恋愛感情には気づいているのでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「小畜之損」(小畜、損へゆく)です。
 
 
 まずは「小畜(風天小畜)」の卦を検討します。「しょうちく」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「損(山沢損)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「損」というと、なんだか悪い卦のように見えます。
 しかし、これは現代風にいうならば、「ボランティア」に近い意味です。
 「損して得取れ」ということわざと絡めて説明されることもあります。
 
 山のふもとに沢があるかたちです。
 沢が深い(低い)ほど、その分、相対的に山は高くなります。
 
 「損」の占いの言葉は、
 
 自らを下の立場に置き、上の人に奉仕する。
 欲望を抑えて、高い理想を目指す。
 誠意をもって、自ら他者のためにほねおりをすれば大吉である。
 
 というものです。
 
 「損」の卦が出た時は、出費や損耗、あるいはほねおりの多い時期と言えます。しかし、「損して得取れ」。後で好転する兆しが見える、そのような運気と言えます。
 仕事でも同様で、苦労や損失の多い時期です。
 人間関係について言えば、こちらが一歩引き、相手を認めるのがよいでしょう。
 
 
 
 以上のような「小畜」「損」の卦を踏まえて、ににさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から見て、変化と判断しました。
 
 
 
 結論です。
 
 気づいているのではないかと見立てます。
 ただ、彼の気持ちは「動揺」の可能性があるかと。
 「今後発展する可能性も無いとは言えないが、かなり難しい。ほねおりが必要になる。」というイメージかと、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、損へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 現状、なかなか打開は難しいかと感じられました。
 彼の気持ちは「風」、「動揺」かと。
 「風」はまた、柔軟さや如才なさも象徴しますので、ににさんのお気持ちには何となくであっても気づいたのではないかと、見立てます。
 ただ、やはり酔った姿を見て、「動揺」というところは、あるかもしれません。
 
 
 このような「小畜」が、やがて「損」へと変化していくと解釈されます。
 内包イメージとして見ることもできますが、解釈としては同じ結果になります。
 
 「損」の卦は、現代的に表現するならば「ボランティア」です。何かと「しんどい努力が必要になる」とされる時期を象徴します。
 また、「相手次第」という部分もありますので、やはりなかなか大変なイメージもあります。
 自分から行動していく必要がある運気であり、また、自分ひとりの利益を考えていくにはあまり向きません。「急がば回れ」「損して得取れ」的な動き方が要求されるような運気です。
 
 もっとも、「損」を恋愛について考える場合には、やや異なった視点が必要かと私は考えております。
 『トリニティウェブ』というウェブマガジンに寄稿した、私の記事からの引用になりますが……。
 
 この「損」の卦の面白いところは、「ボランティア」のように、自発的に・自分から動かなくてはいけないのですが、じゃあリーダーシップを取っていくのが良いのかというと、そういうわけでもないというところです。リーダーシップを象徴するのは「益」の卦。字面からしても反対ですので、「損」の指針にはなりにくいところがあります。
 こんな「損」の卦を説明するのに、ぴったりの言葉を最近耳にしました。
 それが「誘い受け」です。
 基本的には「受け身」、誰かにリードしてもらうんだけど、そういう状況に持っていくように「誘う」、つまり自分から動いていく。
 これが「損」の卦にはぴったりの行動指針ではないかと思っています。
 
 「誘い受け」という言葉自体は、いわゆるボーイズラブ用語ということもあり、男女間に使うには不適切かもしれませんが、発想としてはピッタリなので、この用語を使っております。
 「相手が積極的に動きたくなるように、できる限りの準備を努力して整える」というイメージ。それが「損」の卦です。
 
 
 長い説明になりましたが、「損」は、「細かい苦労の積み重ねが必要となる」というイメージを持ちます。
 現状が「小畜」。「『いつか、夢はかなう』という可能性も感じられるけれど、しばらくは進展がない」という状態です。そこから「損」、すなわち、「まだしばらくは、苦労続きだ」という状態へと変化する。
 そういうイメージですので、かなり大変かもしれないと感じられました。
 
 「損」について見ると、彼のイメージは「山」となります。
 「彼の気持ちは、あまり変わらない」と言った意味合いです。「彼を動かすのは、難しい」というイメージとなります。
 
 
 
 あわせますと、「まだまだ、いろいろと大変だ。」といったイメージかと。
 だからこそ、ここは気長に取り組むべきではないでしょうか。
 大失敗をやらかしてしまったかもしれませんが、もう一度作戦(?)を組み立てなおして、少しずつアプローチ。
 そのような時期にあたるかと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 彼のこと。 あかねさんより。

 
 
 今回は、あかねさん(女性・30代)からのご相談です。「上司の紹介で出会った彼ですが、バツイチで、分かれた理由は相手の両親とうまく行かなかったからだそうです。お金の価値観も違ったと言っていました。そんな彼と付き合い始めて少し経ちますが、彼がケチすぎる気がしてしまいました。お金の価値観については、どっちかというと彼に問題があったのではないかとも思うぐらいです。彼が私をどう思い、つきあっているかも気になります。彼との今後を見てもらえないでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「小畜之剥」(小畜、剥へゆく)です。
 
 
 まずは「小畜(風天小畜)」の卦を検討します。「しょうちく」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「剥(山地剥)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「剥」は、「はぐ」という意味です。「剥離」という言葉があるように、運気がむしりとられて、崩壊寸前という運勢です。
 
 「剥(山地剥)」の卦は、山が崩れて平地となるように、また、優れたリーダー(一番上の陽の線)をダメな部下(下の五本の破線)がよってたかって引きずりおろすように、崩壊寸前であるというかたちを示しています。
 
 占いの言葉は、
 
 つまらない人間が勢いを得ている。
 無理な積極策は害を招く。
 守りの姿勢を心がけよう。
 
 といったものです。
 
 「剥」の卦は、崩壊寸前という運気を表しています。季節で言うならば冬直前、一日で言うならば日暮れ時、人間にたとえるなら老衰です。勢いがない時期です。また、陰険な人間に、追い剝ぎ的な仕打ちをうける、そのような運勢でもあります。
 ですから、全体としての運気はよくありません。人間関係では、人にだまされないように注意する必要があります。また、膝詰めの談判を迫られる、詰め腹を切らされる、といった運気です。
 もっとも、山が崩れて平地になるということは、古いもの・過去の経緯を一切捨て去って、また一からやり直せる運気であるとも言えます。ですから、あまり悲観的になることもありません。
 結婚については大凶と言われています。結婚に関係ない恋愛の場合でも、基本的な解釈は共通します。人にだまされがちな運気であり、注意が必要であると思われます。
 
 
 
 以上のような「小畜」「剥」の卦を踏まえて、あかねさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、どちらで判断してもほぼ同じ内容かと感じられました。文章(説明)の組み立てやすさという点から、変化として解釈しております。
 
 
 
 結論です。
 
 彼については、やや不安に駆られているようなところと頑固なところがあるのではないかと見立てます。
 お付き合いについては、難しいところがあるかもしれません。「裏切られる」とまでは申しませんが、「梯子を外される」「期待通りではない」的なところがあるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、剥へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 「男性が頑固で、無理な方向に進もうとしている。女性がそれを留めようとするけれど、男性の方が力(勢い、強引さ)が強いために、押し留められないでいる」ような運気と表現されることもあります。
 なかなか難しい運気です。「女性の側で上手にリードする、コントロールすることができれば……」というイメージですが、それもなかなか難しいのではないかと。
 
 このような「小畜」が、やがて「剥」へと変化していくと解釈されます。
 「剥」は、崩壊寸前という運気を表しています。季節で言うならば冬直前、一日で言うならば日暮れ時、人間にたとえるなら老衰です。勢いがない時期です。
 また、「剥」は、「追い剝ぎにあうようなひどい仕打ちを受ける」「人に騙される」といった運気を象徴します。かなり厳しい運気です。
 
 「剥」は、かなり厳しい運気です。
 上司の方からの紹介ということもありますし、「詐欺・追い剥ぎ的な被害に遭う」ということは無いと見立てます。
 しかし、「期待を裏切られる」的なことは、ありうるかもしれないと感じられました。 
 
 
 2つの卦をあわせますと、やや難しいお付き合いかなとも感じられました。
 イライラが募ったり、「そういう人とは思っていなかった(勝手に期待しすぎるのも良いことではありませんけれど……)」的なことがありうるかもしれないと見立てます。
 
 
 
 彼の性格についてですが。
 「風」にして「山」かと。
 「風」には、「不安・動揺」と言ったイメージがあり、「山」には「不動・頑固」というイメージがあります。
 お金を大切にすることは、決して悪いことではありませんよね。彼の場合、その動機が、「不安(安心を得たい)」というところにあるのかもしれないと見立てます。(だから悪いと言っているわけではありませんが。)
 
 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」などと申します。
 私が易者として人から、あるいは周囲から聞いたりしたような、個人的な「経験」というものは、到底普遍化できるものではありませんが……。
 離婚を経験した男性は、良く言えば「女性に幻想を抱いていないから、寛大なところがある」ような気がします。悪く言えば、「女性に幻滅しているから、無関心であったり信用していなかったりしているようなところがある」と申しますか。
 彼の場合は、後者の方が少し強いかなと。「相手に要求しても仕方ないから、自分の責任で、自分の自由に、やらせてもらう」的なところが出ているのかもしれない……などということを、感じたりもしました。
 何の根拠も無い、ただの雑談的な話です。
 
 
 
 「彼が、あまり我を折らない」的な意味合いで、少し難しいところがあるお付き合いかもしれないと見立てます。
 参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> どちらにするべきか。 マークさんより。

   

 
 
 今回は、マークさん(女性・40代)からのご相談です。「旅行へ行くか、風水のセミナーへ行くか、迷っています。どちらも完全に趣味ですが、あとあと仕事にもプライベートにも結構影響してきそうなので、占っていただけると助かります。」とのご相談内容です。
 
 
 旅行について。
 得られた卦は、「漸(風山漸)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 風水のセミナーについて。
 得られた卦は、「小畜(風天小畜)」です。「しょうちく」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 以上のような「漸」「小畜」の卦を踏まえて、mさんのお話とあわせて運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「現状の運気としては、旅行の方に分がありそうだ」と見立てます。風水セミナーの方は、少し「面倒だなあ」的なところがあるかと。
 「あとあと」という観点からは、どちらも良い結果につながりそうですが、「風水セミナーの方にやや分がある」かと見立てます。
 旅行の方は堅実に積みあがるイメージで、風水セミナーの方は大きな意味が出てきそうなイメージかと見立てました。
 
 
 
 
 旅行について得られた卦は、「漸」です。
 
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「漸」は、「今はゆっくりした歩みだけれど、順を追って結果が積みあがってくる」というイメージです。
 旅行をすることについても、悪くないと見立てます。
 
 
 風水セミナーについて得られた卦は、「小畜」です。
 
 「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 「小畜」ですので、イライラやストレスがたまりそうなイメージではあります。
 その意味では、現状、旅行に比べると分が悪いかなと見立てました。
 
 
 
 「あとあと」が気になるとのご相談です。
 
 「漸」も「小畜」も、「あとあと」については「吉」とされる卦です。
 どちらも、今の努力が後につながるという性質を持っていることも、共通しています。
 ただ、「吉」のイメージが違います。
 
 「漸」は、「自然と結果になる」的なイメージです。「順当な結果」が得られるので、吉なのです。
 「小畜」は、「苦労した分だけ、大きな結果になる」的なイメージです。やはり、吉です。
 
 「小畜」の方が、努力が要求されます。ただし結果としては、「漸」よりは大きいイメージ。
 したがいまして、ビジネスや勉強等については、結果については「小畜」の方が吉かと。
 しかし「大小」で測れないような問題(たとえば結婚のように、穏やかに信頼を積み重ねるような問題)については、「漸」の方が吉と言えます。
 
 
 
 まとめますと。
 旅行やセミナーの当日については、どちらもはっきりと「吉」というわけではない。しかし「漸」である旅行のほうが、運気の点では分があるかと感じられる。
 「あとあと」については、どちらも「吉」である。ただし、「吉」の性質が異なるので、何を求めるかによって変わってくる。勉強や仕事という点では、「苦労は多いが実りも大きい」という「小畜」であるセミナーの方が、分があるかと感じられる。
 ……というのが、私の見立てとなります。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 無題。 ばなさんさんより。

 
 
 今回は、ばなさんさん(女性・30代)からのご相談です。「キャリアアップのため、社内試験を受けました。手応えはありません。合格基準は公表されておらず、点数だけでは判断できません。来月中旬に結果が出ますが、どのような方向にいくでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「小畜之益」(小畜、益へゆく)です。
 
 
 まずは「小畜(風天小畜)」の卦を検討します。「しょうちく」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「益(風雷益)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「小畜」「益」の卦を踏まえて、ばなさんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、「どのような方向に」とのご相談内容ですので、変化と解釈しました。
 
 
 
 
 結論です。
 
 的外れかもしれませんが……「試験そのもの(点数)以外のところ」がポイントになっているかもしれません。
 見通しとしては、悪くなさそうです。「上司との関係」がカギになるかもしれないと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、益へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 「小畜」の卦からしますと、「現在のところ、何かとやきもきさせられている」というところがおありかもしれません。
 また、「自分の力だけでは、なかなか突破できない」というイメージが感じられます。
 的外れかもしれませんし、少し嫌な話であるかもしれませんが……。「試験そのもの(点数)以外のところ」がポイントになっているかもしれません。
 これまでの仕事に対する評価や上司の「覚え」的なものが、反映するようなところがあったりはしないでしょうか。
 そちらの影響次第ということになりますと、見通しが立ちづらいところがあるのではないかと、思うのです。
 
 
 このような「小畜」が、やがて「益」へと変化していくと解釈されます。
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。
 
 「益」ですので、お仕事運については「見通しが明るい」かと。
 合格の可能性、あるかと見立てます。
 
 この「益」の卦も、「人のつながりに助けられる」という性質を持ちます。もう少し露骨に言いますと、「上からの『引き』がある」的なイメージです。
 「自分の力だけではなかなか厳しい」という「小畜」と考え合わせますと、どうも「上司との関係」がカギになりそうな気がするのです。
 
 もちろん、的外れであるかもしれません。
 受かっていたから上司に感謝とか、落ちていたから上司を恨むとか、そちらの方向に感情を動かすようなことを勧めているわけでもありません。
 
 
 まとめますと……。
 「見通しが立たない状態は、しばらく続くかも知れない。その原因は、試験の点数以外の要素が影響しているからではないかと思われる。『これまでの仕事に対する評価』や『上司の覚え』といった方面で問題がなければ、合格の可能性は高いのではないか。」と見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 子供の進学先について。 Naさんより。

    

 
 
 今回は、Naさん(女性・40代)からのご相談です。「来年高校を卒業する子供の進学先に縁がありそうなところはどちらでしょうか?地元と関東です。親の方が、来年への不安でいっぱいです。どうにかちゃんと学校に合格できるのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 地元の学校について。
 得られた卦は、「萃(沢地萃)」です。「すい」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「萃」は、もともとは「草が群生している」という意味で、転じて「集まる」という意味です。
 人や物が集まり、にぎわっている様子です。
 
 「萃(沢地萃)」は、地面の上に池・湖があるかたちです。沙漠のオアシスが、草が生い茂り、人が集まり、交易の拠点となるように、天のめぐみにより繁栄がもたらされているかたちです。
 ですから、自分の力だけで運気が良いわけではないということを自覚し、周囲への感謝を忘れないようにすべきであると考えられています。また、人が集まれば不慮の事態も発生しがちであることから、「思いがけない事態にあわてないよう、日頃の備えが大切だ」という言葉が示されています。
 
「萃」の占いの言葉は、
 
「萃」とは、「聚」(あつまる)である。
柔順(地)で喜びあい(沢)、人があるべき位置を得ている。
そのために人や物が集まるのだ。
感謝の気持ちを忘れずに。すぐれたリーダーに従おう。
このようなやり方を守り、敬虔さを保てば吉。
運勢は盛んである。積極的に行動しよう。
 
というものです。
 
 「萃」の卦は、集まりにぎわう運気です。したがって、基本的には良い運気と言えることが多いです。商売繁盛・出世・入試合格、そういった運気であるとも解釈されます。
 この卦は「夬」(決行)の卦や、「比」(人の和)の卦と関係が深いと考えられています。「問題を排除する」と「人が集まる」、そして「人が親しむ」という関連性です。また、「夬」は雨降り。雨が降って地上に溜まると「萃」になります。また、地上の水が動いている(大河)場合が「比」であるからです。
 事業・仕事運では、吉となることが多い運気です。「人が集まる」からです。また、利益も「集まりやすい」と考えられます。ただし、あまり物欲を燃やすよりは、ていねいな仕事を心がけるべきであり、また、「人が集まり」「人と親しむ」運気ではありますが、口先のうまさで親しみを得るのは良くないと言われています。ですから、こと営業職等のお仕事に限っては、いろいろと注意すべき点も多いという運気ではあります。
 
 
 
 関東の学校について。
 得られた卦は、「小畜(風天小畜)」です。「しょうちく」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 以上のような「萃」「小畜」の卦を踏まえて、Naさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 いずれについても、努力は必要かと感じられます。
 その上で、ですが。
 地元の学校については、いわゆる「大吉」かと。きっちり勉強すれば、きっと結果につながるかと見立てました。
 関東の学校については、「いらいら」、「やきもき」が続きそうだというイメージです。先々結果が出ないという卦ではないのですが、今しばらくは何かと大変かなというイメージです。
 運気の点からは、地元の学校に軍配が上がるのではないかと見立てました。
 
 
 
 
 地元の学校について、申し上げます。
 得られた卦は、「萃」です。
 
 「萃」は、「砂漠のオアシス」というイメージであり、「人が集まる」、「物やお金も集まる」という運気ですので、大概のことについて、かなり良い運気ということができます。特に学業運、仕事運と人間関係については、大吉と言えます。
 
 学業の問題で「萃」が得られた場合は、言うべきことはほとんどありません。「大吉」かと。
 もちろん、「誠実な努力」が前提ではありますが。
 他に、(言い方は悪いですが)「人間関係のつながり等、活かせるものは利用する(誠実さが前提ではありますが)」という発想も、お勧めになる運勢です。
 
 ただ、問題がないわけではありません。
 最上図をご参照ください。実線が2本あります。これが、「二択的な状況に陥って、ついつい迷ってしまう」ようなことがありがちだ、という性質を象徴するとされています。
 そして、その対策として、「迷った時は、本質に立ち返る」という発想がお勧めになると言われています。
 「なぜその学校を選ぶのか」、「将来、どういう理由で、何になりたいのか」。そこを見つめなおすと、受験勉強の大変さも乗り越えられるのではないかと申し上げます。
 
 「大吉」ですので、「あとは頑張るのみ」かと見立てます。
 
 
 関東の学校について、申し上げます。
 得られた卦は、「小畜」です。
 
 「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 「最終的には結果につながるであろう」けれども、「今はとにかく大変だ」という運気を象徴します。
 「いらいら」、「やきもき」が続きそうだというイメージです。
 
 受験勉強をする上でも、集中力の維持がネックになりそうです。
 ここは夢のために「じっと我慢、こつこつ勉強」という方針が、お勧めになるかと見立てました。
 
 
 運気の点では、地元の学校の方に軍配が上がるかと見立てました。
 きっちり努力・勉強されれば、きっと結果につながるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 人事異動や配置換え。 森さんより。

 
 
 今回は、森さん(女性・30代)からのご相談です。「職場では、どんな女性とも比較的うまくやっています。敵を作らず周りに可愛がられるタイプだとおもっていました。仕事を任されるのが嬉しくて頑張ってきましたし、周囲のフォロー・雑用をこなしてきて、それで良いと思っていました。でも、最近心境の変化がありました。主張する人ほど評価されているのです。仕事を選んできっちりやってる器用な女性がいて、女性陣からは扱いにくいと気を使われるのですが、上司からは仕事をきっちりするという評価です。一方私は、ただの便利屋です。かといって、仕事を選んだり断ったり、自分の性格ではできません。ずうずうしくなりたいです。気の弱い性格が嫌いです。今後また、やる気を持って楽しく仕事ができるように復活できますでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「小畜之賁(小畜、賁へゆく)」です。
 
 
 まずは「小畜(風天小畜)」の卦を検討します。「しょうちく」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「賁(山火賁)」の卦を検討します。「ひ」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「賁」は、「かざり」「装飾」という意味です。なんの飾り気もないと、やや殺伐としてしまいますが、中身がないのに装飾だけするのは、「虚飾」になってしまいます。適度な装飾・うるおいを心がけましょうという運気です。
 
 「賁(山火賁)」は、山の下に太陽があるかたちです。このかたちについて、「刑罰のような重大事はすべきではない。日常の事務に励もう」という言葉があります。
 
 「賁」の占いの言葉は、
 
 積極的に進めば、小さな吉がある。
 天文の運行に従って時代の変化を察知し、文化を築くべきだ。
 
 というものです。
 
 「賁」は、「噬嗑」の次に配置された卦であり、また、両者はそのかたちも似ています。最上図をご参照いただきたいのですが、この卦は上下のあご(実線)の中に歯(破線)があり、その真ん中にものが挟まっている(実線)というかたちをしています。上の歯に物が挟まっているのが「噬嗑」、下の歯に物が挟まっているのが「賁」です。
 いずれも、歯に物が挟まったような悩み事がある、という運気ですが、「噬嗑」は思い切り噛み砕く方向に考えるのが良いのに対して、「賁」は無理せず、穏やかに対処する方向に考えるのが良いとされています。
 ですから、大きな事業の決断は避けた方が良いのですが、日常の事務に関しては、「小さな吉」なのです。
 また、「賁」は山(門)の内側に火(文明・知性)を宿しているというかたちです。ですから、内々の問題に関しては明晰に判断ができるという運気でもあります。
 恋愛・結婚運としてはあまり良くありません。相手側に、何か隠された事情があるようなケースが多いとされます。
 
 
 
 以上のような「小畜」「賁」の卦を踏まえて、森さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、どちらで解釈してもほぼ同じかと感じられるケースでした。記事作成の都合上、内包関係として解釈しております。
 
 
 
 結論です。
 
 「一気に性格を変える」という発想ではなく、「無理なくできる範囲で」、評価を得られそうな仕事を増やしていく、貢献できそうなあり方を探っていく、と発想するのがお勧めかと見立てました。
 やる気を持って仕事できるように戻れるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、賁へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 このような「小畜」に内包されているサブの運気が「賁」です。
 「小畜」にあって、内なる意識として「賁」を持っておくと良さそうだ、そうすれば「賁」へと変化していく。そのようなイメージでお考えください。
 
 「賁」は、「かざり」という意味を持ちます。「内実」と「装飾」のバランスが重要である、とされる運気です。
 「賁」は、「日常の事務については小さな吉」と言われています。日々の生活、特に家庭に関する運気については良好とされます。
 何かどうもしっくり来ないような問題がある時には、無理せずに穏やかに対処することがお勧めとされています。「一つの結論を決めてそちらに全力を傾ける」のではなく、「なあなあ」にしておくのに向いた運気ということができます。
 
 
 この二つの卦と、その関係から、今回のご相談については、以下のように見立てました。
 
 まず、現状は、「どうにもイライラする」という状況かと。
 方向性は見えてきているのに、そちらに中々進まない、というイメージです。
 今回のご相談で言えば、「『楽しく仕事がしたい、気の弱い性格はいやだ、便利屋をやめたい、ずうずうしくなりたい』という目標はあるのに、どう行動して良いか分からない」、というイメージではないかと見立てました。これが「小畜」です。
 
 この「小畜」を打開するヒントが、「賁」ではないかと感じられるのです。
 「賁」は、一気に物事を解決しようとするやり方には、向かないとされます。
 粘り強く、妥協を繰り返しながら、目指す方向に少しずつ進むようなやり方がお勧めとされます。
 
 性格を全く逆の方向に変えようとしても、おそらく、それはなかなか難しいのではないかと。
 性格を変えることではなく、「性格を変えることで、何を得たいのか」にフォーカスすべきではないでしょうか。
 そして「その目標は、性格を変える以外の方法で達成できないか」と、考えて行くべきではないでしょうか。
 
 目標は、「楽しく仕事がしたい」ということですよね。そして、「良い仕事(評価されるような働き)をしたい」ということですよね。
 それならば、「評価されるように仕事をする」と発想すべきではないでしょうか。何も図々しくならなくとも、というイメージです。
 仕事を厳選しなくとも、まずは今ある仕事の中で、「どのように動けば、どのような結果を出せば評価されるか」を考えて、行動する。
 また、無理に他人と仕事を奪い合わなくとも、「選べる範囲内では仕事を選んで、やはり結果を出せるような動き方をしていく」。
 そうしていくうちに、性格も「仕事向き」に変えられる可能性があります(と言いますか、「何を求められているかが見えてくるので、あわせられるようになってくる」というイメージです)し、あるいは性格を変えなくとも、「今の性格のまま、より良い仕事ができるようになる」のではないかと見立てました。
 
 一気に上向くことは、なかなか期待できないかもしれません。
 「それでも、無理なく良い方向に少しずつ進む」ことは可能かと感じられます。
 「今できる範囲内で、『評価されよう、結果を出そう』という意識を強くしていく」ことから始めるのが、お勧めではないかと見立てます。
 
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 離婚について。 F・Mさんより。(ご本名でのお申し込みでしたので、イニシャルとさせてください。)

 
 
 今回は、F・Mさん(ご本名でのお申し込みでしたので、イニシャルとさせてください。)からのご相談です。「離婚したいのですが、うまく進みません。どーしたら旦那に分かってもらえますか?旦那はモラハラで怒鳴り、暴れることがあります。疲れました。専業主婦ですが、仕事をして穏やかな生活がしたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「小畜之同人」(小畜、同人へゆく)です。
 
 
 まずは「小畜(風天小畜)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「同人(天火同人)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「同人」は、「同人誌」の語源となった卦です。同士を広く求めて実行すればうまくいく、という運勢です。
 
 「同人(天火同人)」は、常に高い所にある天と、常に高みを目指そうとする火を組合わせたかたちであり、両者は親しい関係にあると考えられています。
 それを表すものとして、「同人は親しむなり」という言葉が示されています。
 
「同人」の占いの言葉は、
 
 広く同士を集める。
 そうしてたくましい実行力を持てば、難事業でも成功する。  
 知性(火)と実行力(天)が合わさっているのだ。
 
というものです。
 
 「同人」の卦は、ほかの人と一緒に行動すること。心を一つにすること。心を一つにするからには、その目標は不正であってはならないこと。そして、「実行する」こと。等がポイントとされる運勢です。
 いかにも他の人と仲良くやっていそうな運勢ですが、卦の内部を見ると、実は人間関係がうまくいっていない、という運気が見て取れる運気です。それだからこそ、逆に、協力することの重要性を説いた運勢であるということもできるのです。
 
 
 
 以上のような「小畜」「同人」の卦を踏まえて、F・Mさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、どちらで考えてもほぼ同じ結論になるかと感じられました。内包関係として解釈しております。
 
 結論です。
 
 現在のところ、「なかなかうまく行かない」「進展させることが難しい」という時期のようです。
 「周囲の人に、相談をする」と、うまく動き始めるかと見立てます。
 話をしてみて、「やはり本気で離婚したい」とお考えになった場合は、ご存知でいらっしゃるかとも思いますが。「話し合いで離婚できない場合は、調停で、さらに裁判で」離婚できるようになります。裁判所のホームページ(こちら)をご参照ください。
 話をしてみて、「やっぱりやり直してみるか」とお考えになることも、あるかもしれません。
 現状、「F・Mさんとご主人の、一対一の関係」では、なかなか動きにくいかと感じられした。いずれの結論を選ばれるにせよ、「まずはご家族ご親戚ご友人、あるいはそういう方々には話しにくいということでしたらば、例えば上に掲げた、家庭裁判所などに、話をしてみる」という方向性がお勧めではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、同人へゆく」です。 
 
 メインの運気を示す「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 この、「小畜」は、「娘が、家出しようとする父をドアのところでとどめようとしているが、それを果たせずにいる」かたち、とも言われます。
 何も親娘や家出に限らず、「女性が頑張っているのだが、男性側の勢いが強くて、なかなかうまくいかない」ようなケースでよく得られる卦であり、「どうにも力が及ばない」ということが多いのです。
 やはり現状、「なかなかうまく行かない」「進展させることが難しい」という時期なのではないかと、見立てます。
 
 
 このような「小畜」に、サブとして「同人」が内包されています。
 「小畜」である現状、ではどうすれば良いかというヒントが、「同人」にあるというイメージです。
 
 「同人」は、まさに「同人活動」「同人誌」のイメージです。「同じ志を持った人が何人も集まって、みんなで協力して一つの方向に進んでいく」というイメージの運気です。「二人の協力関係」である「比」とは異なります。周囲のみんなを巻き込むように活動するのに向いた運気です。
 内部に対立をはらんでいるという性質を持つこともありますが、「協力して前へ進む」という運気ですので、人間関係に関しては、一般的に吉であると言えます。 
 
 「同人」は、「外部に広く仲間を求めて行くと良い」という運勢です。
 現状、「F・Mさんとご主人の、一対一の関係」は、「小畜」であって、うまく話を進められません。それならば、「外部の仲間を頼ると良いのでは?」というイメージです。
 
 周囲の方に、相談してみてはいかがでしょう。
 ご家族ご親戚、あるいはご友人。もし、「その人たちには話せない、話したくない」ということでしたらば、あるいはご存知でいらっしゃるかもしれませんが、家庭裁判所に相談に行くという手段もあるそうです。
 
 もし、ご存知でいらっしゃらなかったということでしたらば。私は素人ですが、一応の話を……。
 離婚には、話し合いの離婚と、裁判所での調停と、裁判所での裁判と、3つの方法があります。
 話し合いがうまく行かないときには、裁判所で調停してもらって離婚することもできます。
 裁判所というと、何だかイカツくて恐ろしい感じもしますが、離婚を扱う家庭裁判所は、何といいますか「相談所」的な性格もあるそうですので、それほど怖くはないそうです。
 詳しくは、裁判所のホームページ(こちら)をご参照ください。
 
 「大人として、女性として、それぐらいは常識的に知っているよ!」ということでしたらば、差し出口の失礼をお許し願いたく存じます。
  
 
 外部の方にお話を聞いてもらえば、「やっぱり絶対に離婚したい!」とお考えになるか、「まあ、やっぱり、やり直してみるか」とお考えになるか、いずれにせよ、意思が固まるのではないかと感じられます。
 また、「離婚(あるいはやり直し)へ向けた、具体的な方法」も見えてくるのではないかと。
 現状、一対一では手詰まりであれば、そのような方向性で動いてみることがお勧めではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ