タグ別アーカイブ:

<無料占い> 1年後。 じろさんより。


 
 
 今回は、じろさん(女性・40代)からのご相談です。「あることを始めようと思っています。趣味では無く、副業なのですが、他人に一任するようなところがあります。今より経済的に余裕がほしいのですが、1年後にどうなってるでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「漸(風山漸)」です。最上図をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 以上のような「漸」の卦を踏まえて、じろさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「大きく儲かる」とまでは行かないかも知れませんけれど、「着実に、少し増えている」的なイメージかと。
 その人が(「能力的に」という意味では無く、「人柄や遵法精神」と言った意味合いで、)「信用できる人である」ことが前提になるかとは、存じます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸」です。
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「一気にグイッと伸びる」という運勢を示す卦ではありませんが、「堅実に少しずつ増える」という良さはあります。
 「その範囲では」期待できるかと見立てました。
 
 もっとも、「漸」の前提は、その「堅実な歩み」にあります。
 したがいまして、「一任する相手」が大切になるかと。
 何も、有能な人でなくても良いのです。ただ、「誠実な人」であることは、前提として求められるかと。
 
 有能でなくて、大きく利益を挙げることができない人であっても。
 誠実であれば、「漸」。「少しずつでも、それなりに」増えるかと。
 
 しかし、誠実でない人の場合。
 事前には、「儲かります!」ということばかり口にして、後から「リスクはあると、事前に申し上げましたよね?」的な対応を取られてしまうような危険があるかもしれません。
 「詐欺師」的な人であれば、これはもう最悪です。
 
 
 投資?と言いますか、そうしたかたちでの「副業的な何か」については、2つの原則があるかと存じます。
 ひとつは、「ローリスクはローリターン。ハイリターンはハイリスク。」
 もうひとつは、「元手(資本)が大きい人ほど、もうけも大きい。」
 
 「じゃあ、貧乏人はいつまでも貧乏なのか!」と言われてしまうかもしれませんけれど……。
 「まずは、資本を貯める」ことなのかと。
 ローリスクローリターンをメインにする。少し余裕がある分についてのみ、「無くなってしまう」ことを覚悟の上で、ハイリスクに突っ込む。
 そうして元手を増やしたら、またローリスクローリターンをメインに、余裕がある分についてのみ、覚悟してハイリスク。
 そうして貯まってしまえば、もう冒険はいらない。全てローリスクローリターン。
 そういう流れかと。
 
 投資のように、お金を動かすような副業でないとしても、「ローリスクはローリターン。ハイリターンはハイリスク。」は、あるかなと思います。
 「漸」が得られた今回の場合、「ローリスク・ローリターン」的な流れにおいては、「吉」かと見立てます。
 計画されている「副業」が、そちらの流れであるならば、「吉」。1年後には、「小さいながらも着実に増えている」かと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 恋の行方について。 ここちゃんさんより。

 
 
 今回は、ここちゃんさん(女性、30代)からのご相談です。「最近、気になる人ができました。彼といると楽しく、とてもポジティブな自分になれます。しかし彼は仕事が忙しく、連絡も取らなければあまり会うこともありません。一緒にいるときは彼も楽しそうにしてくれていますが、この先この人とうまくいくことはあるのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「漸之習坎」(漸、習坎へゆく)です。
 
 
 まずは「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 次に、「習坎(坎為水)」の卦を検討します。「しゅうかん」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「習坎」の、「習」とは重なること、「坎」は穴を意味しています。
 すなわち「習坎」とは、「困難に困難が続く」、という運勢を示しています。
 
 「習坎(坎為水)」の卦は、水が上下に重なったかたちをしています。洪水が次々やってくるような困難を示しています。
 
 占いの言葉(かなり意訳しますが)は、「天が与える困難はとても越えられない、地の困難といえば厳しい自然である、人が与える戦争という困難には、城を築いて守るべきだ。対処の仕方をよくよく考えなければならない」とあります。
 また、「水がどんな状況にあっても流れていくように、立派な人間は誠意を変えることはない。そうすれば困難を乗り越えられる」ともあります。
 さらに、「立派な人間は、こういう時こそ自分の内面の充実を図るのだ」とあります。
 
 「習坎」の卦は、運勢の悪さでは四天王と言われる卦です。
 今すぐ困難を抜けるのは難しいとされます。ですから、自分にとって大事なものを見つめ直し、それだけは守り抜くことが重要だとされます。
 そうしていれば、他人に評価されることはないかもしれないが、それでも大事なものだけは守りぬける、と言われています。
 
 
 
 以上のような「漸」「習坎」の卦を踏まえて、ここちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質を考え合わせ、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「道のりは険しそうだが、可能性はある」かと見立てます。
 「連絡は、つなぎ続けておく」、「会う機会は、逃さないようにする」といった方向性がお勧めになるかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸、習坎へゆく」です。
 
 メインの卦である「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 サブである「習坎」は、「困難に次ぐ困難」という運勢を示します。しばらくは苦しい状態が続くかと見立てました。
 ただ、「習坎」は、「なかなか動きが取れない」というイメージであって、じっと耐えてさえいれば、破滅に向かっていくような運気ではありません。
 辛抱することで、「大事なもの」や、「自分の根っこに当たるもの」は守っていけるというイメージです。
 
 
 恋愛運については最高と言われる「漸」。
 悪運四天王である「習坎」。
 両者が共に得られたため、解釈にはやや難しいところがあるように思われました。
 
 ただ、「習坎」は、「悪運四天王」ではあっても、「最悪」ではありません。「じっと我慢の日々」というイメージですので。
 「漸」にしても、「積み上げて大を為す」という性質があります。
 
 ここから見て、「道のりは険しそうだが、可能性はある」かと見立てます。
 「マメで地道な積み重ね」が大切になるのでは?と感じられました。
 
 お仕事に忙しい彼、恋愛をする暇もあまりないかと思われます。
 厳しい状況かもしれませんけれど、チャンスであるとも言えないでしょうか。他の人も、なかなか入り込めないわけですから。
 「連絡は、つなぎ続けておく」ことかと。恋愛については、どうしても「去る者は、日々に疎し」。会ったり連絡を取り合ったり、そうした頻度が小さいほど、可能性は小さくなっていくものかと思います。
 連絡の頻度については、難しいところがありますけれど……返信を強く要求することは、控えるほうが良いかと。負担に思われてしまわないように。
 
 「習坎」ですので、難しいかも知れません。
 それでも、粘り強く続けていれば、あるいは。
 「漸」の卦からは、「積み重ねが大切」かと感じられますので。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 恋愛。 はるさんより。

 
 
 今回は、はるさんからの、「最近、彼氏と別れました。一方的にラインで別れてほしいとのことでした。新しい彼氏が欲しいです。出会いはいつか、彼氏がいつできるか教えてください」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「謙之漸」(謙、漸へゆく)です。
 
 
 まずは「謙(地山謙)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「謙」は、「謙遜」、「へりくだる」ことを意味します。  
 自慢したくなる気持ちを抑えてへりくだるとよい、という運気です。  
 
 「謙(地山謙)」は、上が地、下が山というかたちを示しています。高い山が、低い所にある地の下に身を置くようにへりくだっているかたちです。  
 貧富の格差をなくすようにこころがけるとよい、という為政者向けの言葉が占いの言葉として示されています。
 
「謙」の占いの言葉は、
 
「謙」は、伸び栄える。  
驕慢を憎んで謙虚を好むのが人の道だ。   
謙遜ならば上にあって光り輝き、下にあっても侮られない。   
謙であれば終わりを全うできるのだ。  
 
というものです。
 
 この卦が出た時は、謙遜、へりくだる心を忘れないことが基本となります。  
 自分の我を張り、押し出していくのは慎んだ方が良い、という運勢です。  
 もっとも、「謙遜」は卑屈になるのとは違います。自分が大事だと考えることはしっかりと守りつつも、人間関係において相手を尊敬する気持ちを持つ、ということです。  
 結婚運については、「良縁であるがまとまりにくい」とされる運気です。あるいは、のちのち結婚につながるような出会いはすでにあるのだが、すぐに結婚に向かうような関係にはない、という運気です。  
 男性の場合は、女性関係に注意と言われる卦でもあります。
 
 
 
 次に、「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 以上のような「謙」「漸」の卦を踏まえて、はるさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、期間がかかわる問題でもありますので、変化として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「動揺するお気持ちが収まるうちに、やがて自然に次の恋が始まる」かと見立てました。
 数字のイメージとしては、10月、2月。あるいは「5、6」という数字から見て、「半年後ぐらい」という可能性は、あるかもしれません。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「謙、漸へゆく」です。
 現在の運気を示す「謙」には、いろいろな意味があります。
 今回のケースについては、「落ち着いた、静かな運勢ではあるけれど、すぐに結果が出るというイメージではない」という性質と、「今すぐ結果にはならないけれど、『後々結果として実を結ぶであろう(種のような)もの』は、すでに手に持っている」という性質と。この2つが、ポイントになるかと感じられました。
 
 別れ話を切り出された直後とのお話。ショックも大きいかと、不躾ながら拝察いたします。
 とはいえ「謙」ですので、「転んでもすぐに立ち上がり、ダッシュする」ような動き方をするには、やや「雰囲気が重い」ようなところがあります。
 「時間が経つに伴い、自然と立ち上がり、次の恋に向かう機運が生じてくる」のではないかと、感じられました。
 
 
 このような「謙」が、やがて「漸」へと変化していくと解釈されます。
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「漸」は、恋愛運については最高と言われる運勢のひとつです。
 ゆっくりと成長していくような性格を持ちます。
 
 いわば「種子」である「謙」から、「樹木の成長」のような「漸」への推移。
 「動揺するお気持ちが収まるうちに、やがて自然に次の恋が始まる」と見立てた理由です。
 
 
 時期についてのご相談もありました。
 私は「あてもの」を志向しておりませんので、こちらについてはかなり精度が低いところがありますけれども。
 「謙」には10月、「漸」には2月のイメージがあります。
 また、変爻(変化する横棒のこと。最上図をご参照ください)が、五爻・上爻(下から五本目、六本目)ですので、「5、6」というイメージ。
 あるいは、「時間はかかるかもしれない」というイメージがあります。
 
 とは言え、「漸」です。「時間がかかっているようでも、いつの間にか前に進んでいた」的なことがありがちな運気です。
 自然に次の恋が始まっていくのではないかと。そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 運勢。 ひかりさんより。

 
 
 今回は、ひかりさん(女性・20代)からの、「11月から来年度いっぱいまでの仕事・恋愛・金運・健康についての運勢をみてもらえませんか?」とのご相談です。
 
 
 申し上げます。健康運については、私は占いを差し控えております。
 「昔は、このように言われていた」という話を紹介するにとどめさせてください。
 
 
 得られた卦は、「漸之渙」(漸、渙へゆく)です。
 
 
 まずは「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 次に、「渙(風水渙)」の卦を検討します。「かん」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「渙」という字は、「散る」という意味です。川が支流に分かれていくようなイメージです。
   
 また、「渙」の卦は、帆を張って船が水上を行くかたちとされています。
 鬱屈したものが散ってゆく、外にエネルギーを発散させ、大事業に乗り出してゆく、そういう運気を示しています。
 
 「渙」の占いの言葉は、
 
 「渙」は、伸び栄える。
 各横線の働きにより、上下が心を一つにして離散を防いでいるのだ。
 この努力を続ければ、すばらしい結果が待っている。
 
 というものです。
 
 「渙」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 仕事運一般に関して言えば、苦しかった場合にはよい方向に向かうけれども、順調だった場合は緊張感の欠如に注意、と言われています。新規事業には悪くありません。
 人間関係や恋愛・結婚運も同様です。これまで苦しかった場合にはその苦しみが発散していく。逆に、良好である場合には、人間関係やご縁が散って行かないように要注意、と見ていくこととなります。
 
 
 
 以上のような「漸」「渙」の卦を踏まえて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、期間がかかわる問題でもありますので、変化として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 お話にあった期間のうち、前半は、「良く言えば積み重ねの時期、悪く言えば結果が見えにくい時期」かと見立てます。
 後半は、「良く言えば見通しが開ける時期、悪く言えば油断に要注意」かと。
 全体として、悪くないとされる運勢かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸、渙へゆく」です。
 
 前半の運気を示す「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「少しずつ進む」という運勢ですので、すぐには結果が出にくいかも知れません。
 しかし、「努力したぶんだけ確実に積みあがる」という良さがあるとされ、その安定性から「吉」と言われる運勢です。
 
 後半の運気を示す「渙」」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 「順風に帆を張って進む船のかたち」とも言われる卦です。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 
 「発散する」という運勢であり、明るい見通しを感じさせる運勢です。
 努力が実るという良さがありますが、油断大敵という性質があることも、申し添えます。
 
 
 
 個別の運気について、申し上げます。
 
 
 仕事運
 前半は、やや重い雰囲気かも知れません。それでも地道に努力を続ければ、最終的には結果につながりそうな運勢です。
 後半は、重たかったストレスが晴れるような、結果が出そうです。ただし、「積み上げてきたのに、一瞬のミスで……」という方向には、要注意かと。
 
 金運
 前半は、貯金に適しています。無駄遣いを控えてみるだけで、「思ったより、改善したかも」という結果になりそうです。
 後半は、逆に「使うべき時は、使う」という方向性に適しています。だからこそ、「無駄遣い」には要注意。使いどころが大切になるかと見立てます。
 
 恋愛運
 前半は、「結婚に最適」とされる運勢です。恋愛運としては、いま彼がいらっしゃるならば、少しずつ確実な進展がありそう。出会いがあった場合にも、期待はできそうです。ただ、出会いの「有無」という点では、少し期待できないかもしれません。
 後半は、出会いの「有無」には期待できます。彼氏がいらっしゃる場合には、一気の進展も期待できるかと。ただし、「ちょっとしたことをきっかけにした、破綻」には要注意というイメージです。
 
 健康運:これについては、「昔はそう言われていた」というお話の紹介、雑談であるとお考えください。
 「漸」については、「小さな体調不良が徐々に進展しまうようなケース」に要注意、と言われてきました。
 「渙」については、その逆です。「長患いのような体調不良が、パッとなくなる」と言われてきました。
 共に、冷え性のような症状にも注意とされています。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 年末まで。 ふむふむさんより。

 
 
 今回は、ふむふむさん(女性・40代)からの、「今月に入って、精神的にきつい出来事が続きました。今後、年末に向けてどのような運勢かを観ていただきたいです。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「漸之謙」(漸、謙へゆく)です。
 
 
 まずは「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 次に、「謙(地山謙)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「謙」は、「謙遜」、「へりくだる」ことを意味します。  
 自慢したくなる気持ちを抑えてへりくだるとよい、という運気です。  
 
 「謙(地山謙)」は、上が地、下が山というかたちを示しています。高い山が、低い所にある地の下に身を置くようにへりくだっているかたちです。  
 貧富の格差をなくすようにこころがけるとよい、という為政者向けの言葉が占いの言葉として示されています。
 
「謙」の占いの言葉は、
 
「謙」は、伸び栄える。  
驕慢を憎んで謙虚を好むのが人の道だ。   
謙遜ならば上にあって光り輝き、下にあっても侮られない。   
謙であれば終わりを全うできるのだ。  
 
というものです。
 
 この卦が出た時は、謙遜、へりくだる心を忘れないことが基本となります。  
 自分の我を張り、押し出していくのは慎んだ方が良い、という運勢です。  
 もっとも、「謙遜」は卑屈になるのとは違います。自分が大事だと考えることはしっかりと守りつつも、人間関係において相手を尊敬する気持ちを持つ、ということです。  
 結婚運については、「良縁であるがまとまりにくい」とされる運気です。あるいは、のちのち結婚につながるような出会いはすでにあるのだが、すぐに結婚に向かうような関係にはない、という運気です。  
 男性の場合は、女性関係に注意と言われる卦でもあります。
 
 
 
 以上のような「漸」「謙」の卦を踏まえて、ふむふむさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の関係性を考えて、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 ほんの少し上向き、穏やかな運勢かと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸、謙へゆく」です。
 
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 これに内包されている「謙」の卦は、まさに「謙遜」。「へりくだること」「相手を尊重する気持ち」を示します。
 上の説明でも、「自分の我を張り、押し出していくのは慎んだほうが良い」という表現を使っていますが、これだけではやや誤解を生むところもありうる表現ではあります。
 「謙」の卦については、注意事項として必ず申し上げなくてはならないポイントがあります。それは、「謙」は、「卑下」とは異なるということです。「自分を不当に貶めることで、相対的に相手を高い立場として扱う」ことは、「謙」ではありません。  
 相手を尊重するその前提として、自分も尊重する。自分にとって大事なこと・譲れないこと等を固く守るからこそ、相手の大事なものへの配慮もできる。それが「謙」です。
 また、「謙」の卦は、「今すぐ結果にはならないけれど、『後々結果として実を結ぶであろうもの』は、すでに手に持っている」ような運勢であるとも言われます。
 
 
 2つを併せますと、「まだ実にはなっていない、いわば種のようなものは、手の中にある」ような運勢かと。
 「すぐに良いことがある」というわけではないかもしれませんが、つらい時期に、何かの「きっかけ」はつかまれたのではないかと。そのようなイメージです。
 その上で、運勢の基調としては、「漸」。少しずつ、順繰りに、問題が解決していくというイメージです。これも、「すぐに解決」というわけには行かないかもしれませんが……。
 
 まとめると、「ほんの少し上向き、穏やかな運勢」かと。そのように見立てます。
 
 「謙」からしますと、あまり卑屈になるべきではないという運勢です。悪くないと思って、前を向くほうが良さそうです。
 山登りのように、「少しずつ、諦めず、一歩一歩」がお勧めになる時期かと感じられました。
 
 
 
 個別の運勢について、申し上げます。
 
 お仕事運
 低調に感じられるかも知れませんが、「やれば、やった分だけは、積みあがる」という時期かと見立てます。一気に結果を出すには、時期尚早かもしれません。
 
 金運
 こつこつした貯金に適した時期かと。散財は、もう少し後にしたほうが良いかもしれません。
 
 家庭運
 上で申し上げました、「モテモテで困る」というのは、男性限定です。女性については、特に問題ない時期かと。穏やかに、誠実に話し合うことのできる時期になりそうです。
 「信頼関係を積み上げる」のに適しているかと見立てます。
 
 
 全体として、やや地味に感じられるかも知れませんが、その分だけ穏やかな良さがあります。
 「切れる」「投げ出してしまう」ような方向性にだけご注意いただければ、というイメージです。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 仕事のこと。 えんさんより。

 
 
 今回は、えんさん(女性)からのご相談です。「仕事のことで、お願いいたします。最近、知り合いから、(これからの未来に大事になってくる事業)ある投資話を紹介されました。とても興味深いのですが、資本金が確保できるのか?また、この話に乗っていったら、どんな展開になっていくのか?が気になっています。よろしくお願いいたします。」とのご相談内容です。
 
 
 前提として、少しだけ整理させてください。
 
 ①「えんさんのお仕事(おそらくは、会社の経営)」の、未来にとって大事になってくる事業、「関連業種」の事業であって。
 ②えんさん以外の、第三者がその事業を経営するのだけれど、その第三者が資本金を確保できるか、疑問である。
 というお話で、良いでしょうか?
 
 それとも。
 ①えんさんのお仕事とは直接関係ないけれども、未来にとって大事になってくる事業であって。
 (例えば、人類の未来にとって大切な、環境ビジネスなどのイメージです)
 ②資本金とは、「出資金」のこと。えんさんが出資したいと思っている金額、準備すべきお金が間に合うかどうか、疑問である。
 というお話でしょうか?
 
 
 得られた卦からしますと、どちらについても一定の「案」を申し上げることは、できそうです。
 ただ、解釈の仕方が変わってきてしまいますので……。
 いちおう、双方について、申し上げます。
 
 
 
 その上で。
 
 得られた卦は、「離之漸」(離、漸へゆく)です。
 
 
 まずは、「離(離為火)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「離」は、現代の感覚とは逆ですが、「麗(り)」、「くっつく」ことを意味しています。くっついて素直に行動すべきなのですが、その前提としてくっつくべき対象をしっかりと選ぶべきことを象徴しています。
 
 「離」の卦は、上下とも火・太陽を意味しています。火のような情熱・明るい知性を示すかたちです。「知性を磨き、天下を照らすべし」という言葉が示されています。
 
占いの言葉は、
 
 「離」とはくっつくこと。
 日月は天につき、草木は地につく。人は明るい知性によって、正しい道につけば、発展する。
 下から二本目に陰がある。従順さを大事にすることだ。
というものです。
 
 「離」の卦が象徴するのは、「麗」、「くっつく」ことです。
 しかし、何でもかんでもくっつけば良いかというと、そうではありません。
 「離」の卦は上下とも火を意味します。くっつく、着火の対象が不燃物では意味がないし、また、燃やしてはいけないものに火をつけては放火になってしまいます。
 だからこそ明るい知性(火・陽)をもって、燃やすべき情熱の対象をきちんと選んだ上で、燃え上がるべきであるということが示されています。また、火は取り扱いに注意すべきもの。慎みをもって、控えめに扱うのが重要だということです。
 人間関係全体について言うと、冒頭の図を見てもらいたいのですが、自分の心の柔らかい部分(内心)という陰を、硬い殻という二本の陽で挟んでいる形が、上下に向かい合っています。
 お互いに内心を見せない、見せられない、どうも意気投合できない、そういうかたちであると言われています。
 
 
 次に、「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 以上のような「離」「漸」の卦を踏まえて、えんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせて、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 純粋に、「資本の論理」「お金の理屈」の観点のみから考えて、慎重に判断されるべきかと、見立てます。
 その上で「行ける」と思われる場合には、しばらくの我慢の後、「堅実な結果」が得られるかと。もし、見通しに不安があるならば、投資は控えるほうが良いのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「離、漸へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「離」の卦は、上下とも「火」というかたちをしています。
 「火」は、「情熱」、「知性・理性」、「明るさ」、「くっつく」、「美しさ」等の事象を象徴します。
 そのため、「理性・知性で情熱をコントロールし、何とくっつく(何についていく)かを判断する」ことが重要とされる運気です。気をつけなくてはいけないのが、「炎上」・「情熱の空回り」となります。
 
 このような「離」に内包されているサブの卦が、「漸」です。
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 
 この二つの卦を併せまして。
 
 「何より大切なのは、理性に基づく冷静な判断である。」(離)
 「『一気に伸びる』とは、考えない方が良い。」(漸)
 そして、その2つの前提が満たされれば、「堅実な結果」(漸)が得られる。
 そのように、見立てます。
 
 
 
 冒頭、2つのケースを想定いたしましたが。
 説明しやすいほうから申し上げます。
 
 ①えんさんのお仕事とは直接関係ないけれども、未来にとって大事になってくる事業であって。
 (例えば、人類の未来にとって大切な、環境ビジネスなどのイメージです)
 ②資本金とは、「出資金」のこと。えんさんが出資したいと思っている金額、準備すべきお金が間に合うかどうか、疑問である。
 というケースですが。
 
 「離」の卦が示す、「冷静な判断」からしますと。
 情緒的な判断は、排除していくべきかと。
 たとえば、「環境」や「人権」は、これからの人類の未来にとって大切になるから、出資する……と言ったような、ウエットな観点は排除すべきかと見立てます。
 「環境ビジネス」や「人権ビジネス」は、「儲かるから」出資する。そのような理由でないならば、控えるべきかと。さらに、「本当に儲かるか」を精査すべきかと。投資は、その上でなさるべきかと見立てます。
 もし、(たとえば)環境ビジネスのようなものに共感を覚えていらっしゃるのであれば……。その場合は、投資ではなく、ささやかでも寄付をする(あるいは、ごく少額の投資をする)方が良いと思います。多額の出資ですと、損をした時に、割り切れなくなると思います。せっかくの共感が、「憎さ百倍」になりかねないかと。
 
 「出資すべきお金を、余裕をもって準備できない」場合にも、投資は控えるべきかと見立てます。
 無理や焦りがありますと、どうしても目が曇りかねません。
 「離」は、「情熱が燃え上がる」ことの危険性をも内包する卦ですので。
 
 
 もう一つのケースについて、申し上げます。
 ①「えんさんのお仕事(おそらくは、会社の経営)」の、未来にとって大事になってくる事業、「関連業種」の事業であって。
 ②えんさん以外の、第三者がその事業を経営するのだけれど、その第三者が資本金を確保できるか、疑問である。
 というケースです。
 
 この場合は、よりシビアに考えるべき案件ですよね。
 「漸」がヒントになるかと感じられました。
 
 「漸」は、上昇機運ではありますが、「晋」(快進撃だが、大コケの危険もあり)や「升」(順調な成長。バランスよし。)とは異なり、「非常にゆっくりした進み方だが、大コケも無い」というイメージです。
 投資で言うならば、「晋」がハイリスクハイリターンであるのに対し、「漸」は、ローリスクローリターンです。
 したがいまして。
 「投資先が資本金を確保できるかどうか分からない状態で、先頭を切ってお金を投資する」ようなやり方とは、「漸」は相性が悪いです。
 「資本の集まり具合を横目で眺めて、先頭集団から少し遅れるようにして、そろそろと注ぎ込む」ようなやり方はいかがかと、提案いたします。
 
 また、メインが「離」ですので、やはり情緒的な判断は禁物かと。
 その(関連)事業は、本当に「これからの未来に大事になってくる」でしょうか?大事になって来るとして、本当に、「投資に対する見返りが確保できる」でしょうか?
 純粋に、「お金の理屈」の観点からのみ、考えるのが良さそうだと見立てます。
 
 
 
 情緒を排して、慎重に判断されるべきかと、見立てます。
 その上で「行ける」と思われる場合には、しばらくの我慢の後、「堅実な結果」が得られるかと(漸)。
 もし、見通しに不安があるならば、投資は控えるほうが良いのではないかと(離)。
 そのように、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 新しい土地での生活。 ちゃーちゃんさんより。

   

 
 
 今回は、ちゃーちゃんさん(女性・40代)からのご相談です。「ようやく、年内いっぱいで退職することになりました。来年からは心機一転、新しい土地で就職し生活しようと考えておりますが、その選択はいかがなものでしょう?新しい土地で良縁があるかも、お願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 お引越しについて。
 得られた卦は、「渙(風水渙)」です。「かん」と読みます。最上図、一番左側をご参照ください。
 
 「渙」という字は、「散る」という意味です。川が支流に分かれていくようなイメージです。
   
 また、「渙」の卦は、帆を張って船が水上を行くかたちとされています。
 鬱屈したものが散ってゆく、外にエネルギーを発散させ、大事業に乗り出してゆく、そういう運気を示しています。
 
 「渙」の占いの言葉は、
 
 「渙」は、伸び栄える。
 各横線の働きにより、上下が心を一つにして離散を防いでいるのだ。
 この努力を続ければ、すばらしい結果が待っている。
 
 というものです。
 
 「渙」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 仕事運一般に関して言えば、苦しかった場合にはよい方向に向かうけれども、順調だった場合は緊張感の欠如に注意、と言われています。新規事業には悪くありません。
 人間関係や恋愛・結婚運も同様です。これまで苦しかった場合にはその苦しみが発散していく。逆に、良好である場合には、人間関係やご縁が散って行かないように要注意、と見ていくこととなります。
 
 
 
 ご縁について。
 得られた卦は、「蹇之漸」(蹇、漸へゆく)です。
 
 
 まずは「蹇(水山蹇)」の卦を検討します。「けん」と読みます。最上図、左から二番目をご参照ください。
 
 「蹇」は、「足をひきずる」という意味です。
 
 危険な大河(水)と険阻な山(山)があるかたちを示しています。
 
占いの言葉は、
 
 ゆくてに危険があるのだから、とどまるべきだ。
 このような時は平易な道を選べ。
 人の話をよく聞いて、慎重に対処の方法を考えなさい。
 「蹇」と時機の関係は重要である。
 
というものです。
 
 「蹇」の卦が出た時は、運勢はよくありません。四天王クラスの運気の悪さです。この卦が出た時は、「自分の力」を見極めて、無理はしないようにすべき、と考えられています。
 とはいえ、専門的な話ですが、二本の中正があるので、運気がめちゃくちゃに乱れているというほどのひどさではありません。天の時にあたらない、というほどではないのです。
 平易な道、やりやすいこと、やれることから手をつけていけば、運気が開けてくる。そういう卦でもあります。
 恋愛・結婚運についても、話があっても進みにくい、そもそも良い話ではない、そのようなイメージです。
 
 
 次に、「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、一番右側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 以上のような「渙」「蹇」「漸」の卦を踏まえて、ちゃーちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考えて、変化の関係にあると判断しました。
 
 
 
 結論です。
 
 お引越し自体は、吉かと感じられます。先行き、見通しが良さそうです。
 ご縁については、焦りは禁物かと。しばらく様子を見てから、少しずつ。人間関係ができてくる中で、ご縁もその中にあるのでは?というイメージです。
 
 
 
 
 お引越しについて。
 得られた卦は、「渙」です。
 
 「渙」の卦は、「散る」という意味です。悩み事やストレスは発散されていく。一方、人の心が緊張を欠いて離散していく、などの運気を象徴しています。
 「順風に帆を張って進む船のかたち」とも言われる卦です。
 大きな動きが起こる可能性もあります。
 
 「渙」は、「発散」です。
 「風に帆を受けて出航する船」や、「ホースの先をつまんで、庭に水を撒くようす」といったイメージの運勢です。
 非常に見通しが良い、爽やかな運勢と言う事ができます。
 お引越しについては、問題ないかと感じられました。生活、お仕事ともに、自然と話が進んで行くかと見立てます。
 
 
 ご縁について。
 得られた卦は、「蹇、漸へゆく」です。
 
 変化前の運気を示す「蹇」は、「四難卦」とされています。「厳しい運気の四天王」といった意味あいです。
 もっとも、厳しいながらも、どうにもならないというような運気ではありません。
 専門的な話になりますが、「蹇」(と「屯」)は、「中正」が二本あるため、運気がめちゃくちゃに乱れているというわけではないということ。また、卦の性格が分かりやすく、対策が非常にはっきりしているということ。それらの理由により、「四難」の残りの二つである「習坎」や「困」ほどは厳しくありません。四難卦ではないものの非常に悪い運気とされる、「否」や「明夷」ほど厳しくもないのです。
 「蹇」は、「足に障碍がある」という意味です。また、登山をしているようなイメージです。
 足に障碍がある、あるいは足が疲れ切っているような状態で、山中にある。下には大きな川が流れている。「危険が予想される」という状態ですから、「そちらの方へ進んではいけない」、あるいは「疲れをとるべく、しばらく休息するのが良い」、「動くのであれば、無理をせずゆっくりと」と、という心構えが必要となります。
 「にっちもさっちもいかない」「何をどうすればいいかさえ分からない」というような厳しさはない、ということです。「危険だと分かっている」のだから、「留まる」「控える」「休息する」ようにすれば良いのです。
 
 「しばらくは、無理をすべきではない」かと感じられました。
 どうやら、生活が落ち着いてくるまでは、周囲が見えてくるまでは、恋愛を焦らないほうが良いのではないかと。
 そのように、見立てます。
 
 このような「蹇」が、やがて「漸」へと変化していくと解釈されます。
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 恋愛・結婚運としては、かなり良い運勢です。
 しかし、話の進展は非常にゆっくりしたもの。人間関係ができてくる中で、ご縁もその中にあるのでは?というイメージです。
 時間がかかりそうですので、その点も考え合わせまして、「引越し直後は無理をしない方が良い」のではないかと見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 仕事。 ゆりあさんより。

 
 
 今回は、ゆりあさん(女性・20代)からのご相談です。「やりたい仕事ではないということ、人間関係や仕事ができないことなどがあり、辞めたいです。精神的にも来ています。職歴が短いので、辞めたら見つかるのかも心配です。どうしたら良いですか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「漸之需」(漸、需へゆく)です。
 
 
 まずは「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 次に、「需(水天需)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「需」は、「待つ」という意味です。
 それも、準備万端を整えた上で、積極的に、期待して待つというものです。
 たとえて言えば、100メートル走で、「位置について、よーい」で腰を上げている状態。
 後は「ドン」が来るのを待つばかり、そのようなイメージです。
 
 卦のかたちでいうと、天の上に雲がもくもくと上がっている状態。
 後は雨が降るのをまつばかり、そういうイメージです。
 
 この「需」の占いの言葉は、
 誠意をもって、じっと待機せよ。そうすれば大成功するであろう。
 あせらずさわがず、はらごしらえするというぐらいの余裕を持て。
 というものです。
 
 「需」の卦が出た時は、いかにも行けそうな状況が整っているという運気です。
 そこをこらえてタイミングを見計らうのが重要、フライングだけはしないように、そういう運勢です。
 (「需」の卦が単独で出た場合に)ポイントとなるのは、下から五本目の実線です。この線は、非常に良い位置に、良い状態で存在しているものですから、じっと待ってタイミングを合わせればうまくいくと考えられるのです。ただし、下から数えて五本目…チャンスまではなかなか遠い、というイメージも含まれているわけです。
 人間関係を見る場合、相手側に聞き入れる気分がないという運気です。やはりしばらく時機を待つのが良いとされています。また、誠実な人であるのに、どうもタイミングが良くない、そのように考えられる運気です。こちらから動いてもうまくいかない運気です。
 恋愛・結婚運としても良くありません。こちらは乗り気であり、話をまとめたいが、相手側が乗り気ではない、という運勢であると考えられています。
 
 
 
 以上のような「漸」「需」の卦を踏まえて、ゆりあさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から見て、内包と判断しました。
 
 
 
 結論です。
 
 卦の性格的には、本来、転職にはあまり向かない運気とされます。
 しかし、「もうやってられない。無理。」ということで、転職を「すでに決断されている」ならば。
 易占は、「決断があった後に、作用する性格のものではない」ですので……。「転職する場合には、どう考えて行くべきか」ということになります。
 その場合には。
 「転職先のめどをつけてから、辞める。それまでは、『もう絶対に辞めてやるんだ』と腹の中で思うことで自分を励ましつつ、粘ってしがみつく」という方向性が良いのではないかと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「漸、需へゆく」です。
 
 メインの運気である「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 このような「漸」にサブとして内包されている運気が「需」です。
 「需」は、「待つ」という意味です。それも、「できる限りの準備は整えて、いつでも動ける状態にしておきつつも、気持だけは焦らず落ち着くようにして待つ」という意味です。
 たとえるならば、「田んぼに雨が欲しい。西の空には分厚い雨雲が見える。でもまだこっちには来ていない。」そのようなイメージでもあります。非常に気持ちがジリジリしますが、ここは一つ、落ち着くことが必要となります。フライング・暴発だけはいけません。
 
 
 
 「継続性」を尊ぶ「漸」と、「今はその時ではない。待て。」という「需」ですので、卦の性格的には、本来、転職にはあまり向かない運気とされます。
 
 しかし、易占は、「決断する前、迷っている段階」で立てる占いです。「決断した後」であれば、その決断こそが重視されるべきだと考えます。
 したがいまして。
 もし、「もう、やってられない。絶対に辞める!」ということで、転職を「すでに決断されている」場合には。その前提のもとで、「漸之需」を解釈することとなります。
 「転職するならば、どう考えて行くべきか」ということになるわけです。
 
 「漸」ですので、「段取りが重要」と解釈されます。
 したがいまして、「転職先のめどをつけてから、辞めるべきだ」と見立てます。
 それならば、「見つからない」という心配は、不要になりませんか?
 
 また、サブが「需」ということを考えますと。
 「転職するにしても、『その時は、今ではない』」というイメージです。
 時が来るまで、つまり、転職先が見つかるまでは、「辞めるつもりで、準備をしつつ、しかし我慢する」という方向性が良いのではないかと見立てます。
 「もう、絶対に辞める。辞めてやるんだ。」と決断することで。そしてそれを腹の中で思うことで、「もう少しだけ粘る」。そのような方向性はいかがかと、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 来月の運勢。 なあちゃんさんより。

 
 
 今回は、なあちゃんさん(女性)からの、「来月(10月)の運勢を占っていただきたいです。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「姤之漸」(姤、漸へゆく)です。
 
 
 まずは「姤(天風姤)」の卦を検討します。「こう」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「姤」は、「邂逅」の「逅」と同じで、「偶然・突然の出会い」という意味です。それも、大勢の男性を手玉に取るような、悪女的な女性との出会い、といったイメージです。(「いい女」とも言えるかもしれません。『ルパン三世』の峰不二子的なイメージと言ってよいかと思います。喩えが古いかもしれませんが。)
 
 「姤(天風姤)」は、天の下に風が吹き渡る、というかたちです。為政者は風のように政令を通達すべきである、という言葉が示されています。
 もっとも、「姤」については、「天」と「風」という他に、六本の線が「一陰五陽」になっている、というかたちに注目すべきとされています。
 全体が陽であったところに、下から一本の陰が入り込んできたというかたちは、多くの男性(陽)をうまく持ち上げ、手玉に取る女性(陰)というイメージである、ということです。
 
「姤」のうらないの言葉は、
 
 「姤」とは、遭遇することである。
 一本の柔が五本の剛に遭遇する。多くの男の中に忽然と一人の女が現れて、魅了する。
 このような女はしたたかもの。妻にすべきではない。長続きしないであろう。
 天地が遭遇すれば、万物がみな美しく育つ。
 「中正」であるリーダーに、剛強なものが出会えば、天下に道が行われる。
 「姤」の意義は重大である。
 
というものです。
 
 「姤」は「突然の出会い」。それも多くの場合、「あまり歓迎できない出会い」です。思いがけない災害やもらい事故に出会ったり、詐欺被害や株価の暴落にあってしまったり。そのような運気です。
 特に、陰が内側に入り込んでいるというかたちですので、うまい話をもって近づいてくる陰湿な人間に注意すべき、他人の口車には乗らないように、といった運気です。
 天の下に風が吹き廻る、どこまでも行くとも言えますが、どこに行くやらわからない、というかたちでもあります。いろいろ迷いが生じやすい時期と考えられます。このような時は基本に返って考えるのが良いと言われています。
 結婚運には良くありません。男性からすれば、女性がしたたかすぎて(あるいは肉食系過ぎて)心身ともに参ってしまう。女性からすると、「男性が多い」というかたちですから、落ち着けないという運気とされてきました。
 もっとも、現代の価値観からは少し考え方を変えるべきかもしれません。積極的に社会に出て、男性を相手に渡り合って経営等をこなす強い女性こそが良いと考えるのであれば、男性からすれば悪い結婚ではないと考えうるからです。
 
 ここまで、「姤」の悪いイメージを中心に述べてきましたが、「姤」にも良いところはあります。
 まず、たとえば、いわゆる客商売と言われる業種や芸能関係を占ってこの卦が出た場合には、魅力的な女性ということで、非常に良い運気といえます。
 さらに、そのような限定的な場面だけでもないのです。「姤」は、「偶然の出会い」。占いの言葉に、「万物がみな美しく育つ」とありますが、この「美しい」は、原文では「章」、つまり「あや」です。異質なものとの偶然の出会いが、思わぬ「あや」となり、運勢が動いて行く。そのような可能性をも含んだ卦でもあるのです。「『姤』の意義は重大である」といわれるゆえんです。
 
 
 
 次に、「漸(風山漸)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 以上のような「姤」「漸」の卦を踏まえて、なあちゃんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から、変化の関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「思っても見ないこと」、「何かとの出会い」があるひと月かと見立てました。
 と言っても、派手に推移することはないかと。良くも悪くも、その後の推移は穏やかなものになるかと、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「姤、漸へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「姤」」のイメージは、上でも申し上げましたように、「全体が陽であったところに、下から一本の陰が入り込んできたというかたち。多くの男性(陽)をうまく持ち上げ、手玉に取る女性(陰)というイメージ。」とされています。
 またあるいは、「邂逅」。つまり、「突然の出会い」です。
 少し言葉が悪いかも知れませんが、「悪女」ですね。「男性を手玉に取る女性」です。
 もう少し現代社会的に解釈しなおすならば、「積極的に、男性と対等に向かい合う女性」です。
 
 「突然の出会い」を象徴します。
 男性の場合は、「あまり良くない出会い」なのですが、女性の場合にはそうとは言い切れない場合があります。
 いずれにせよ、「思っても見ないこと」、「何かとの出会い」があるひと月かと見立てました。
 
 動き方としては、自分が矢面に立つよりは、「後ろに回って状況を眺める、コントロールする」ような発想がお勧めになるかもしれません。
 
 
 このような「姤」が、やがて「漸」へと変化していくと考えられます。
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「姤」で、「思っても見ない出会いがある」として、ではその正体は……と言うと、「案外落ち着いたもの」であった。
 そのようなイメージです。
 出会いの驚きとは裏腹に、その後の推移はおだやかなものになるのではないかと、見立てます。
 
 
 
 
 個別の運気について、申し上げます。
 
 
 金運
 突発的な収入、あるいは支出が生ずるかも知れません。ただ、慌てることは無さそうです。後から少しずつフォローができるのではないかと、見立てます。
 
 仕事運
 ひととの思わぬ出会いがある、あるいは仕事が急に入る、急な異動がある……的なことがあるかもしれません。
 その時は驚くかもしれませんが、取り組んでみれば、「ひとつひとつ片付けることができる」のではないかと。
 
 恋愛・結婚運
 既に結婚されている、あるいは彼氏がいらっしゃる、という場合は、「突然の出会いには、要注意」です。何かあった場合には、冷静で柔軟な立ち回りが必要になるかと見立てます。過ぎてしまえば、穏やかな日常に戻るかと。
 未婚である、彼氏もいらっしゃらない、という場合には、「出会いの可能性はあるけれど、相手の性質は精査すべき」かと。良い出会い出会った場合には、その後にはかなり期待できるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> どちらにするべきか。 マークさんより。

   

 
 
 今回は、マークさん(女性・40代)からのご相談です。「旅行へ行くか、風水のセミナーへ行くか、迷っています。どちらも完全に趣味ですが、あとあと仕事にもプライベートにも結構影響してきそうなので、占っていただけると助かります。」とのご相談内容です。
 
 
 旅行について。
 得られた卦は、「漸(風山漸)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 「漸(風山漸)」は、山の上に木があるかたちを示しています。
 山の頂上に生えている木は、地上から見ていると気づけないのですが、実は陽の光を浴びて着実に成長しているものです。「自分の徳を固く守り、周りにもだんだんと好影響を与えよう」という言葉が示されています。
 
 「漸」の占いの言葉は、
 
 女子の婚姻に吉。
 順序正しく、正道を進めば、国家全体を正しくすることさえ可能なのだ。
 とどまるべき時にとどまり(山)、時勢に従う(風)。それゆえ行き詰まることはない。
 
 というものです。
 
 「漸」は、全体として、急激な成長は望めないが、着実な進歩は期待できる、という運勢を示しています。
 これまでは行き詰まっていた、あるいは行き詰まっているかのように進展が見えなかった事業・苦労がだんだんに実を結ぶという結果になることが予想されます。
 何事につけ、手順を踏むのが良いとされる運気です。
 金運・仕事運も同様です。だんだんに良くなってくるという運気です。
 また、「女子の婚姻に吉」という占いの言葉通り、特に女性側から見た場合の結婚運としては、良い運気であるということができます。
 
 
 
 風水のセミナーについて。
 得られた卦は、「小畜(風天小畜)」です。「しょうちく」と読みます。最上図、右側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 以上のような「漸」「小畜」の卦を踏まえて、mさんのお話とあわせて運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「現状の運気としては、旅行の方に分がありそうだ」と見立てます。風水セミナーの方は、少し「面倒だなあ」的なところがあるかと。
 「あとあと」という観点からは、どちらも良い結果につながりそうですが、「風水セミナーの方にやや分がある」かと見立てます。
 旅行の方は堅実に積みあがるイメージで、風水セミナーの方は大きな意味が出てきそうなイメージかと見立てました。
 
 
 
 
 旅行について得られた卦は、「漸」です。
 
 「漸」のイメージは、「山の頂上に生えている木」です。山の頂上に生えている木は、地上から見上げていると、高いのだか低いのだか、伸びているのだかいないのだか、よくわからないところがあります。しかし、実際にはさんさんと日を浴びて、すくすくと育っているものです。
 これと同様に、「どうも実感としては良く分からないながらも、現実には着実に運気が上昇している」。それが、「漸」です。上昇のペースは非常にゆっくりしていますが、ゆっくりである分だけ堅実で、転んでしまうようなことはありません。気づきにくいのですが、これはなかなか得られない貴重なものです。無理をして今の状態を壊してしまうことだけは避けなければいけません。階段を一歩一歩登っていくように、「物事を段階的に・順々に・一つずつ、片づけていくと良い」という運勢です。
 
 「漸」は、「今はゆっくりした歩みだけれど、順を追って結果が積みあがってくる」というイメージです。
 旅行をすることについても、悪くないと見立てます。
 
 
 風水セミナーについて得られた卦は、「小畜」です。
 
 「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 「小畜」ですので、イライラやストレスがたまりそうなイメージではあります。
 その意味では、現状、旅行に比べると分が悪いかなと見立てました。
 
 
 
 「あとあと」が気になるとのご相談です。
 
 「漸」も「小畜」も、「あとあと」については「吉」とされる卦です。
 どちらも、今の努力が後につながるという性質を持っていることも、共通しています。
 ただ、「吉」のイメージが違います。
 
 「漸」は、「自然と結果になる」的なイメージです。「順当な結果」が得られるので、吉なのです。
 「小畜」は、「苦労した分だけ、大きな結果になる」的なイメージです。やはり、吉です。
 
 「小畜」の方が、努力が要求されます。ただし結果としては、「漸」よりは大きいイメージ。
 したがいまして、ビジネスや勉強等については、結果については「小畜」の方が吉かと。
 しかし「大小」で測れないような問題(たとえば結婚のように、穏やかに信頼を積み重ねるような問題)については、「漸」の方が吉と言えます。
 
 
 
 まとめますと。
 旅行やセミナーの当日については、どちらもはっきりと「吉」というわけではない。しかし「漸」である旅行のほうが、運気の点では分があるかと感じられる。
 「あとあと」については、どちらも「吉」である。ただし、「吉」の性質が異なるので、何を求めるかによって変わってくる。勉強や仕事という点では、「苦労は多いが実りも大きい」という「小畜」であるセミナーの方が、分があるかと感じられる。
 ……というのが、私の見立てとなります。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ