タグ別アーカイブ:

<無料占い> 今後の恋愛運について。 ユエさんより。

 
 
 今回は、ユエさんからのご相談です。「前の占いの結果を見て、しばらく落ち込んでいましたが、もう次に行く気持ちが次第に固まって来ました。そこで、これからの恋愛運を占っていただきたいです。今後の方向性をよろしくお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「益(風雷益)」です。最上図をご参照ください。
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「益」の卦を踏まえて、ユエさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「軽々しくなる」と言うと、語弊があるかもしれませんけれども。
 「積極的に、次々とチャレンジしてみる」方向性が、良いかと見立てます。
 また、「周囲の人に話を通じておく」こともお勧めになりそうです。上司、先輩後輩、お友達……。「いい人がいたら紹介して」という話をつけ、紹介されたら一度は会ってみる。そうした意識が、お勧めになるかと感じられました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「益」です。
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。
 
 「益」の卦は、はっきりと盛運です。
 が、それ以上に。今回のご相談については、方向性かと。
 
 「益」の卦は、「疾風迅雷」。
 「迷うな、動け」という卦です。「腰が重い」という状態は、あまり良い作用をもたらしません。
 「積極的に、次々とチャレンジしてみる」方向性が、良いかと見立てます。
 
 もうひとつ、「益」には、「人のつながりに助けられる」という性質があります。
 「周囲の人に話を通じておく」ことも、お勧めになりそうです。
 また、「話をつけておく」だけではなく、「行動する事」が大切となります。
 「いい人がいたら紹介して」という話を振ったからには、紹介された時には、「できるだけ早く、実際に会う」ことがお勧めになるかと。「紹介したのに、腰が重いよね」ということになってしまいますと、「次のお話」を遠ざけかねません。
 
 「何か、軽いみたいで嫌だなあ」と思われてしまうかもしれませんけれど。
 そのようにお考えになる方は、「軽い」人ではありませんので、心配はご無用かと。むしろ、「それぐらいの意識を持っておかないと、ついつい腰が重くなってしまう」ようなこと、ありがちではないでしょうか。
 
 「疾風迅雷」、「積極性」が、お勧めになるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 結婚について。 わいさんより。

 
 
 今回は、わいさん(女性・20代)からのご相談です。「はじめて占っていただいてから、月日も経ちました。いろいろ状況も変わりましたので、もう一度結婚についてみていただきたいのです。プロポーズもないまま話が進んでいるので、若干モヤモヤがあります。私の親への挨拶もまだですが、追い追いと彼は言っています。プロポーズ、または入籍の時期を見ていただきたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「益(風雷益)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「益」の卦を踏まえて、わいさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「8月」のイメージという卦が、得られましたけれども。
 この卦は、「話をまとめてしまうのが良い」というイメージを持ちます。
 「彼から」だけではなく、わいさんから、わいさんの親御さんから、共通のお友達から、プレッシャーをかけてもらっても良いかと。
 「周囲を巻き込むようにして、なだれ込む」のはいかがかと、見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「益」です。
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。
 
 この「益」の卦は、はっきりと盛運です。
 彼が煮え切らないのであれば、わいさんが主導権を取って動いても良いという運勢かと。
 また、周囲の人を巻き込むのに適していますので、プレッシャーをかけて「疾風迅雷」で決めてしまうのが吉のようです。
 
 なお、「益」には「8月」のイメージがあります。
 秋には決まる可能性があるかなと、感じられるのですけれど。
 そうしたことよりも、「あとはもう、まとめるだけ」という方にこそ、意味があるかと感じられます。
 あまり数字にはこだわらず、「焦らず、しかし素早く、決めてしまって良い」お話かと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> このままでしょうか? 天音さんより。

   

 
 
 今回は、天音さん(女性・40代)からのご相談です。「先ごろ、身内が他界しました。数年前に嫁ぎ先の親戚が他界した時には、私の実家から家族が通ってくれたのに、今回義母は『来てくれたんだっけ?』などと言っています。通夜も迷惑がかかるからと言って、行こうとしません。自分の身内が他界した時には、遠くでも出席しているのに。行きたくないとしか思えないのです。細かいことが積もり重なり、爆発しかかりました。常々私の名前を呼ばず、あんたと言うのも許せません。自分の息子は甘やかし、私や子供に厳しいのも許せません。義母の本性と、本当にこのままここで一生暮らすのかを、見ていただけますか?」とのご相談内容です。
 
 
 お義母さまの本性について。
 得られた卦は、「困(沢水困)」です。最上図、左側をご参照ください。
 
 「困」は、「くるしむ」という意味です。囲いの中に木があって、伸びようとしても妨げられています。
 
 「困(沢水困)」は、沢(沼や湖)の下に水があるかたちです。本来ならば水をたたえているべき湖が涸れ果てているようすをあらわします。
 このようなかたちについて、「沼に水がない。立派な人は自らの身をなげうって、志を貫くのだ」という言葉が示されています。  
 
「困」の占いの言葉は、
 
「困」は、試練を経て伸び栄える。
 剛が陰に覆われているが、その危難(水)を喜んで受け入れ(沢)よう。  
 苦しみの中に道を失わない者こそ、真に立派な人間だ。  
 変ることなく初志を貫こう。内側に剛健な徳を有しているのだ。大人物には吉なのだ。  
 苦境にある時は、何を言っても弁解としか受け取られない。  
 
というものです。  
 
 「困」の卦は、「升」(運気上昇)だったものが頭打ちになったものであるとか、「節」(沢に豊かに水がある)だったものが節度を失ったものであるとか、「否」(八方ふさがり)から苦闘したけれども力尽きたものである等と考えられています。いずれにせよ困難な運気です。四天王級です。  
 困難を象徴する卦は易にもいくつかありますが、「困」は「沢に水がない」かたちですので、「窮乏」であるとか、「資金・物資の不足」といった、何らかの不足による困難である場合が多いです。今は我慢の時です。
 占いの言葉にあるように、言い訳はあまり良い結果を生みません。何をしても苦しい時期ですが、今までの方針を変えずにしばらく時期を待つしかないという運勢と言えます。  
 恋愛・結婚運についても良くないと解釈されます。
 
 
 
 このまま一生暮らすのかについて。
 得られた卦は、「益(風雷益)」です。最上図、右側をご参照ください。
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「困」「益」の卦を踏まえて、天音さんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 お義母さまについては、「気力や体力の欠乏」があるのではないかと感じられます。「ものぐさになっている」のではないかと見立てました。
 「このままここで暮らすのか」については、天音さんがもう少し強くなっても良いと申しますか、自分の思う方向に引っ張っていく意識を持って良いかと見立てます。「出て行く」よりは、「今の家を、自分の縄張りにする」ぐらいの意識で取り組むほうが良いのではないかと感じられました。
 
 
 
 
 お義母さまについて。
 得られた卦は、「困」です。
 
 「困」は、「困難」を象徴します。四難卦と言われる、易を代表する「良くない運気」です。かなり厳しい運気と言えます。
 また、「困」の卦が象徴する「困難」は、「何かが不足している」ことが原因であることが多いと考えられています。
 
 天音さんが軽く見られているということは、確かにあるとは思います。
 それでも、悪意というよりは、「気力や体力的に、しんどい」という状況にあるのではないかと。
 そのように、見立てました。
 
 
 このまま一生暮らすのかについて。
 得られた卦は、「益」です。
 
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。
 
 「益」は、盛運です。「自分がリーダーとなること」、「動くこと」について良しとされます。
 逃げる・出て行く必要は無く、自分が家のリーダー・ボスになっていくことを目指す方向性に適していると感じられました。
 
 「いいお嫁さん」でいるばかりでは、やはり軽く見られてしまうのではないかと。
 キツイぐらいでも、強く出る。家を引っ張っていく。今後は、そのような方向性がお勧めになるのではないでしょうか。
 方向性は、他にもいろいろあるかもしれません。ともかく、天音さんが、「こうありたい、こうしたい」と思う方向で、家を引っ張ってみるのはどうでしょう。
 「数年その過程を経た上で、もう一度判断してみる」のはいかがかと、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 習い事。 はらさんより。

 
 
 今回は、はらさん(女性・20代)からのご相談です。「習い事を始めたいと思っています。時間にも金銭的にも余裕が無いので、ひとつに絞ろうと思っています。候補に考えているのが、料理教室、英会話、カメラ教室、ヨガの4つです。技術的なことだけではなく、人間関係を広げたいという気持ちもあり、あわよくばそこから恋愛につながればな~と思っているのですが、どの習い事を始めるのが良いでしょうか?興味の度合いがどれも同じぐらいなので悩んでいます。」とのご相談内容です。
 
 
 4つについて占いを立てましたが、全てを書くと記事が長くなりすぎてしまいますので、一番良かった卦についてのみ、「卦の一般論」から書き起こしました。
 ほかの3つについては、本文内で「どのような卦が得られたか」と、「その卦の解釈」を申し上げることとさせてください。
 卦の一般論に興味をおもちいただけた場合には、右上の検索ボックスにその卦をコピペしていただけると、ヒットいたします。
 
 
 得られた卦は、「益(風雷益)」です。最上図をご参照ください。
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「益」の卦と、はらさんのお話とをあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 英会話が一番良さそうだと見立てます。
 人間関係が広がる可能性がありそうです。
 私の見立てでは、良いほうから見て英会話→料理教室→カメラ教室→ヨガの順となりました。
 
 
 
 
 英会話について。
 今回得られた卦は、「益」です。
 
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。
 
 「益」ですので、「結果につながりやすい」と見立てます。
 また、人間関係について吉と言われる卦です。そちらについても期待できそうだと見立てました。
 4つの中では、運勢の点では最高でした。
 
 
 
 他の3つについて申し上げます。
 
 二番目は、料理教室かと。
 得られた卦は「頤、漸へゆく」でした。
 「頤」(い)の卦は、「あご」です。「養」の字がキーワードとなり、「栄養」・「教養」方面で吉です。時間がかかるといわれます。
 したがって、料理教室にはぴったりかと感じられます。
 サブの卦である「漸」は、「ゆっくり・堅実な運気上昇」を示唆します。恋愛方面では非常に良いとされる卦です。
 合わせまして、「恋愛には吉」だが、「いずれにしても非常にのんびりした卦で、結果になるまで時間がかかるかもしれない」というイメージです。
 かなり良いのですが、英会話の「益」がはっきりとした盛運ですので……二番目といたしました。
 
 三番目は、カメラ教室かと。
 得られた卦は、「損」でした。
 「損」は、「ボランティア」、「苦労が多い」、「急がば回れ」というイメージです。
 必ずしも悪いとまでは言えないのですが、「ものにするためにはかなりの努力が必要だ」というイメージがあることもあり、三番目としました。
 
 四番目は、ヨガかと。
 得られた卦は、「習坎、坤へゆく」でした。
 「習坎」(しゅうかん)は、「困難に継ぐ困難」を象徴します。
 「破滅的」というわけではないのですが、「非常に苦しい」というイメージがあります。「私はこの道でやって行くのだ!!」というご相談であれば、「厳しいけれど、だからこそ」的なイメージもありますが……。趣味の問題となりますと、運勢の観点からは、あまりお勧めできません。
 「坤」は、「母なる大地」です。良くも悪くも「何事もなし」というイメージです。
 何かを期待される場合には、やはり少し「地味」な運勢ということですので、お勧めとは言い難いかと判断しました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> これからの恋愛について。 ゆかさんより。

    

 
 
 今回は、ゆかさん(女性・20代)からのご相談です。「2年ほどお付き合いしていた彼氏がいましたが、相手の要望で別れざるを得なくなりました。今は連絡も取れない状況ですが、いつか相手から連絡が来ることはありますでしょうか?それと、いま私に告白してくれている方がいるのですが、今はその人とお付き合いした方が良いでしょうか?これからどうしたらいいのか、わかりません。」とのご相談内容です。
 
 
 前の彼について。
 得られた卦は、「困(沢水困)」です。最上図、一番左側をご参照ください。
 
 「困」は、「くるしむ」という意味です。囲いの中に木があって、伸びようとしても妨げられています。
 
 「困(沢水困)」は、沢(沼や湖)の下に水があるかたちです。本来ならば水をたたえているべき湖が涸れ果てているようすをあらわします。
 このようなかたちについて、「沼に水がない。立派な人は自らの身をなげうって、志を貫くのだ」という言葉が示されています。  
 
「困」の占いの言葉は、
 
「困」は、試練を経て伸び栄える。
 剛が陰に覆われているが、その危難(水)を喜んで受け入れ(沢)よう。  
 苦しみの中に道を失わない者こそ、真に立派な人間だ。  
 変ることなく初志を貫こう。内側に剛健な徳を有しているのだ。大人物には吉なのだ。  
 苦境にある時は、何を言っても弁解としか受け取られない。  
 
というものです。  
 
 「困」の卦は、「升」(運気上昇)だったものが頭打ちになったものであるとか、「節」(沢に豊かに水がある)だったものが節度を失ったものであるとか、「否」(八方ふさがり)から苦闘したけれども力尽きたものである等と考えられています。いずれにせよ困難な運気です。四天王級です。  
 困難を象徴する卦は易にもいくつかありますが、「困」は「沢に水がない」かたちですので、「窮乏」であるとか、「資金・物資の不足」といった、何らかの不足による困難である場合が多いです。今は我慢の時です。
 占いの言葉にあるように、言い訳はあまり良い結果を生みません。何をしても苦しい時期ですが、今までの方針を変えずにしばらく時期を待つしかないという運勢と言えます。  
 恋愛・結婚運についても良くないと解釈されます。
 
 
 
 告白してくれている方について。
 得られた卦は、「益之随」(益、随へゆく)です。
 
 
 まずは「益(風雷益)」の卦を検討します。最上図、左から二番目の卦をご参照ください。
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 次に、「随(沢雷随)」の卦を検討します。最上図、一番右をご参照ください。
 
 「随」は、「したがう」という意味です。何かに従ってゆくと良いことが多いという運勢です。しかし、運勢は自分で切り開くもの。何に従うべきかは、自分で主体的に判断しなければなりません。
 
 「随(沢雷随)」は、雷が沼沢の内側に入り込む、動的なエネルギー(雷)が衰えていく時期を示すかたちです。季節で言うならば秋。「時勢に従って休息すべき」という言葉が示されています。
 
 「随」の占いの言葉は、
 
 剛(雷)が柔(沢)にしたがっている形である。
 剛が動き、柔がそれを喜んで受け入れるのだ。
 このような道に従うならば、逆に人々も喜んで従ってくれるだろう。
 
 というものです。
 
 この卦は、時勢に従い、あるいは人に従うとよいことがある、という運気です。また、変化の時期を象徴し、その変化には積極的に従う(変革の動きに乗る)と良い、という運気です。
 ですから、転職や引っ越しにはよい運勢です。
 季節のイメージは秋と申し上げましたが、時勢に従って、無理をしないほうが良いという意味です。
 もっとも、雷は動的なエネルギーを象徴する卦でもありますので、完全に静養しおとなしくしているというよりは、力をためる充電期間、クマが冬ごもり前に活発に動き回るようなイメージです。
 また、「従う」のが良いのですから、たとえば無能な上司であっても、その指示等には逆らわない方が良いという時期です。自分が雷(動)であり、また能力があることを示唆する運気ですが、それでもあえて穏当に上司に従うことで、自分を含めた運気が開ける、そのような時期です。
 恋愛運について言えば悪くはないのですが、結婚運となると、やや安定していないきらいがあるため、あまり良いとは言えません。また、三角関係や、ストーカー問題などのおそれも考慮すべき運勢と考えられています。
 
 
 
 以上のような「困」「益」「随」の卦を踏まえて、ゆかさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から見て、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 お別れした彼氏との復縁を望むのは、難しいかと見立てました。
 告白してくれている方とのお付き合いについては、「吉」かと見立てます。
 
 
 
 
 お別れした彼氏について。
 得られた卦は、「困」です。
 
 「困」は、「困難」を象徴します。四難卦と言われる、易を代表する「良くない運気」です。かなり厳しい運気と言えます。
 また、「困」の卦が象徴する「困難」は、「何かが不足している」ことが原因であることが多いと考えられています。
 
 復縁は、難しいかなと感じられました。
 彼の要望でお別れしたと伺いました。すでに、彼の気持ちが「欠けている」のではないかと。
 あまり期待しないほうが良いかと見立てます。
 
 
 
 告白してくれている方について。
 得られた卦は、「益、随へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。
 
 「益」は、盛運です。
 人間関係・恋愛についても吉です。
 また、「手が差し伸べられる」、「チャンスと思えたら、飛びつくのが良い」という性質があります。
 もし、告白してくれている方について、元彼ほどではないにしても魅力を感じているならば、「そのお話に乗って、良し」ではないかと見立てます。
 
 このような「益」の卦に内包されているサブの運気が「随」です。
 「随」もあわせて意識しておくと良いというイメージです。
 
 「随」は、「したがう」という意味です。「何に従っていく・くっついていくべきか、その選択が重要になる」という運気です。
 また、「随」は、「充電期間」というイメージを持つ運気でもあります。消耗するよりは、「ためる」時期です。
 その一方で、「随」には「転換期」の意味もあります。「流れ」がある場合には、「積極的に乗ってよし」とされます。
 
 「随」は、少し元気がないような時期。
 何か「流れ」のようなものがある場合には、無理に逆らってしまうと、ますます元気を消耗してしまうようなところがあります。
 「流れがあるならば、乗って良し」という時期です。
 
 また「随」には、「転換期」のイメージがあります。
 身辺に異動が起こることが多く、またその異動が吉になることが多いと言われています。
 
 こうしたことから見ても、告白してくれている人がいて、「その人に魅力を感じているならば」、「そのお話に乗って良いのではないか」と感じられるのです。
 
 
 元彼については、やや期待薄かと見立てました。
 告白してくれる彼とのお付き合いを考えてみて良いのではないかと、見立てます。
 ……もちろんこれは、事情を深く知ってもいない易者の見立てに過ぎません。告白してくれた男性で良いかどうか、「彼と別れた」ことをあまり意識しないようにした上で、「しっかりと見極める」ことがお勧めになるかと申し上げます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 恋愛に関して。 ともちさんより。

 
 
 今回は、ともちさん(女性・20代)からのご相談です。「最近恋愛を全くしていないのですが、出会いを求めています。私は近いうちに良い出会いに巡り合うことはできますでしょうか。また、なかなか出会うきっかけもないので、何から始めるべきかアドバイスをいただければと思います。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「同人之益」(同人、益へゆく)です。
 
 
 まずは「同人(天火同人)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「同人」は、「同人誌」の語源となった卦です。同士を広く求めて実行すればうまくいく、という運勢です。
 
 「同人(天火同人)」は、常に高い所にある天と、常に高みを目指そうとする火を組合わせたかたちであり、両者は親しい関係にあると考えられています。
 それを表すものとして、「同人は親しむなり」という言葉が示されています。
 
「同人」の占いの言葉は、
 
 広く同士を集める。
 そうしてたくましい実行力を持てば、難事業でも成功する。  
 知性(火)と実行力(天)が合わさっているのだ。
 
というものです。
 
 「同人」の卦は、ほかの人と一緒に行動すること。心を一つにすること。心を一つにするからには、その目標は不正であってはならないこと。そして、「実行する」こと。等がポイントとされる運勢です。
 いかにも他の人と仲良くやっていそうな運勢ですが、卦の内部を見ると、実は人間関係がうまくいっていない、という運気が見て取れる運気です。それだからこそ、逆に、協力することの重要性を説いた運勢であるということもできるのです。
 
 
 
 次に、「益(風雷益)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「同人」「益」の卦を踏まえて、ともちさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、どちらで解釈してもほぼ同じというケースかと感じられました。ご相談内容を意識して、変化として解釈しております。
 
 
 
 結論です。
 
 「人の縁をたぐる」ことから始めるのが良さそうだと、見立てます。
 「すぐにすぐ」というイメージではありませんが、先行きは明るいかと感じられました。
 「ご縁があると感じられた場合には、逃さず飛びつく」ことがお勧めになりそうです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「同人、益へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「同人」は、まさに「同人活動」「同人誌」のイメージです。「同じ志を持った人が何人も集まって、みんなで協力して一つの方向に進んでいく」というイメージの運気です。「二人の協力関係」である「比」とは異なります。周囲のみんなを巻き込むように活動するのに向いた運気です。
 内部に対立をはらんでいるという性質を持つこともありますが、「協力して前へ進む」という運気ですので、人間関係に関しては、一般的に吉であると言えます。 
 また、「同人」と言いますと、「内向き、仲間内」的なイメージを想像されるかもしれませんが、実際には少しニュアンスが異なります。
 「地縁・血縁といったムラ社会的な繋がりで固まらずに、外に仲間を探しに行こう」というのが、「同人」の本質です。
 
 「同人」は、人間関係については、悪くない運気です。
 したがって、恋愛運についても、悪くはありません。
 
 「同人」の卦のイメージからすると、真っ先に思い浮かぶのは「仕事仲間」です。
 「仕事仲間のうちから選ぶ」という意味ではなく、「仕事仲間を通じて、広く募集する」的なイメージです。
 
 また、「同人」は、「地縁・血縁以外のところに仲間を見出す」というイメージがあります。
 (現代日本では「学閥」も「地縁・血縁」のお仲間的なイメージがありますが、「同人」の卦の本来のイメージからは、むしろ対立物というイメージもあります。……と言った、解釈にまつわる話はともかくとしまして、)ここから、「学校時代のお友達の縁をたぐる」という発想も、お勧めとなります。
 昔からのお友達に話をして、紹介してもらう。あるいは、合コン等を含めた機会を、お友達を通じて得るようにする。そのような方向性が、お勧めになるかと見立てました。
 
 
 このような「同人」が、やがて「益」へと変化していくと解釈されます。
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。
 
 「益」は、盛運です。
 人間関係は特に良いので、恋愛運にも期待できます。
 また、「益」にも、「人のつながりに助けられる」という性質を持ちます。(もう少し露骨に言いますと、「上からの『引き』がある」的なイメージです。)
 ここから考えても、やはり「人の縁」的なものを意識して、人間関係のつながりを「広げる・掘り起こす」的な発想がお勧めになるのではないかと感じられるのです。
 
 「同人」から盛運の「益」へと「変化していく」というところからすると、少し時間はかかるかもしれません。「すぐにすぐ」というイメージではありません。
 しかし、「益」の卦が得られたことからすると、やがてチャンスやきっかけが得られる可能性は、高いかと感じました。
 その際に意識しておくと良さそうなイメージが、「疾風迅雷」ではないかと。「ご縁があると感じられた場合には、逃さず飛びつく」ことがお勧めになりそうだと、見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 無題。 ばなさんさんより。

 
 
 今回は、ばなさんさん(女性・30代)からのご相談です。「キャリアアップのため、社内試験を受けました。手応えはありません。合格基準は公表されておらず、点数だけでは判断できません。来月中旬に結果が出ますが、どのような方向にいくでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「小畜之益」(小畜、益へゆく)です。
 
 
 まずは「小畜(風天小畜)」の卦を検討します。「しょうちく」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「小畜」は、小がとどめる、小さくとどめられる、小さく蓄える、小さく養う、といった意味合いです。
 
 この卦は、風が天上に吹いているかたちを表しています。
 まだ雲が来ていない、雨が降らない、そういう様子です。
 雨が降る気配はあるのですが、まだその段階にいたっていない。
 志はあるのだが、それがまだ形になっていない、あるいは他の人に伝わっていない、そのような様子です。
 
 下の三本が天、登ろうとする陽気・剛の気です。
 それに対して、柔軟な風である上の三本がこれを押しとどめている。
 「柔よく剛を制す」の形になっているのです。小が大をとどめているから「小畜」です。
 
 あるいは、この卦は陽(実線)が五本に対し、陰(破線)が一本です。積極的な陽が動こうとするのを、わずか一本でとどめている。少しは抑えられる、小さくとどめられるから、「小畜」です。
 
 「小畜」の占いの言葉は、
 
 志は大いに達成される。
 内側に剛健(天)な力を持ちつつも、外側(風貌)にやわらかさ(風)を持っているからだ。
 ただし、今は、西の空には雨雲があるものの、まだこちらは雨になっていない状態である。
 大きな志がとどめられているのだ。努力が必要である。
 
 というものです。
 
 志(雨の降る気配)はあるのだが、それが具体的な形(雨雲)にはなっていない、陰鬱でイライラするような運気です。このような時は短気をおこしてはいけません。将来は、「志は大いに達成される」ことが示されています。
 今は力を「畜」(たくわえる)時です(畜と蓄はほぼ同義です)。従来の事業を行うのはいいのですが、新たな計画を実行しようとしても挫折しやすい時期と考えられます。
 何かと思うに任せぬ時ですが、コツコツと努力をすれば、やがて運気が開けてくる、そのような運勢であると言えます。
 恋愛・結婚運に関しては、そこまで悪くはないのですが、女性が強すぎるために喧嘩が起る、と言われるような運気です。
 
 
 
 次に、「益(風雷益)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「小畜」「益」の卦を踏まえて、ばなさんさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、「どのような方向に」とのご相談内容ですので、変化と解釈しました。
 
 
 
 
 結論です。
 
 的外れかもしれませんが……「試験そのもの(点数)以外のところ」がポイントになっているかもしれません。
 見通しとしては、悪くなさそうです。「上司との関係」がカギになるかもしれないと見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「小畜、益へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「小畜」は、「小さくとどめる」と訓読みしますが、これは、「少ししかとどめられない」という意味でもあります。「雨雲が来ているのに雨が降らない」というイメージもあり、どうにもイライラするような運気です。
 このような「小畜」の卦が出た場合、基本的には「なかなか思うとおりに行かず、苦労する。運気が開けるまでは時間がかかりそうだが、コツコツとした努力を続けられれば、最終的には目標が達成できるであろう。」という運勢であると判断することになります。短気はいけません。
 
 「小畜」の卦からしますと、「現在のところ、何かとやきもきさせられている」というところがおありかもしれません。
 また、「自分の力だけでは、なかなか突破できない」というイメージが感じられます。
 的外れかもしれませんし、少し嫌な話であるかもしれませんが……。「試験そのもの(点数)以外のところ」がポイントになっているかもしれません。
 これまでの仕事に対する評価や上司の「覚え」的なものが、反映するようなところがあったりはしないでしょうか。
 そちらの影響次第ということになりますと、見通しが立ちづらいところがあるのではないかと、思うのです。
 
 
 このような「小畜」が、やがて「益」へと変化していくと解釈されます。
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。
 
 「益」ですので、お仕事運については「見通しが明るい」かと。
 合格の可能性、あるかと見立てます。
 
 この「益」の卦も、「人のつながりに助けられる」という性質を持ちます。もう少し露骨に言いますと、「上からの『引き』がある」的なイメージです。
 「自分の力だけではなかなか厳しい」という「小畜」と考え合わせますと、どうも「上司との関係」がカギになりそうな気がするのです。
 
 もちろん、的外れであるかもしれません。
 受かっていたから上司に感謝とか、落ちていたから上司を恨むとか、そちらの方向に感情を動かすようなことを勧めているわけでもありません。
 
 
 まとめますと……。
 「見通しが立たない状態は、しばらく続くかも知れない。その原因は、試験の点数以外の要素が影響しているからではないかと思われる。『これまでの仕事に対する評価』や『上司の覚え』といった方面で問題がなければ、合格の可能性は高いのではないか。」と見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> あるイベントの成功。 Nさんより。

 
 
 今回は、Nさん(女性)からの、「あるイベントが成功するかどうか、そしてそれが収入に繋がるかどうかを観ていただきたいです。」とのご相談です。
 
 
 得られた卦は、「益之予」(益、予へゆく)です。
 
 
 まずは「益(風雷益)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 次に、「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 以上のような「益」「予」の卦を踏まえて、Nさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、ご相談内容を考え合わせて、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「準備(見通し)に問題がなければ、利益が上がりそうだ」と見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「益、予へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。 
 
 「益」は、ビジネス方面では最高の運勢と言えます。
 利益が出る可能性、あるかと見立てます。
 「機敏に、積極的に動いて良し」というイメージです。
 
 
 このような「益」に内包されているサブの運気が「予」です。
 「予」を意識して行動すると良さそうだ、というイメージです。
 
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 ビジネス方面で「予」を(一般的に/大雑把に)解釈するならば。
 「あらかじめ」ですので、「計画性や見通しが大切」というイメージになります。
 「楽しむ」ですので、「楽観的であること」、「愛想や人当たりが良い事」を心掛けるとうまく回るというイメージです。
 「楽しみに溺れない/楽しませる」ですので、「自分の趣味に走り過ぎない」、「顧客のニーズに応える」というイメージです。
 
 
 非常に景気の良い卦が得られたのに、こんな言い訳を付け加えることには情け無い思いもあるのですが……。
 易占は、本来、お互いに情報をしっかり提示しあってこそ、精度が高まるというところがあります。これは私のサイトの問題点・限界ではあるのですが……。
 とは申せ、運勢としては最高に近い卦が得られました。
 自信をお持ちになってイベントに臨まれて良いのではないかと、見立てます。
 
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 教師になれるか。 まいさんより。

 
 
 今回は、まいさんからのご相談です。「ある専門職の先生を目指しています(学校の先生ではありません)。いまは、マンツーマンでひとりの生徒を教えていますが、いつか、複数相手に教えられるようになりたいのです。私が教師として、生徒を抱える身になれるかどうかを見てください。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「益(風雷益)」です。最上図をご参照ください。
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「益」の卦を踏まえて、まいさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 
 
 結論です。
 
 「見通しとしては、明るい」と見立てます。
 活動的になると、うまく回っていくと思われます。遠慮をせずに、「名を売っていく」ような方向性です。
 「人間関係の縁を頼る」こともお勧めとなりそうです。(何を教えていらっしゃるか伺っておりませんので、一概には申し上げられませんが……。たとえば、習い事の生徒募集を例に取るならば、ご近所にチラシを配る、あるいは掲示板のようなところに張り出す。そういった、アナログな方法もお勧めになるかと感じられます。)
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「益」です。
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。 
 
 「益」の卦は、お仕事方面では大吉と言えます。
 「見通しとしては、明るい」と見立てます。
 
 「疾風迅雷」ですので、「活動的になること」、「先手先手と動くこと」などがお勧めとされる卦です。
 計画や目標をお持ちの場合は、遠慮せずに行動に移すと良いと見立てます。
 宣伝等、「名を売っていく」ことを意識しても良さそうです。
 
 また「益」は、「人のつながり」が助けになる、という運気も象徴します。
 「人間関係の縁を頼る」こともお勧めとなりそうです。先生や先輩等にも、お話をしてみると可能性が広がるかと感じられます。
 「地縁」とは少し違うかも知れませんが、地域のつながりも、意識してみて良いかもしれません。
 
 
 活動的になる、「踏み切って、動く」ことがお勧めになるかと感じられます。
 「可能性は、ある」と見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 就職。 らいくさんより。

 
 
 今回は、らいくさん(女性・30代)からのご相談です。「今まで、家族に手が必要だったことや、自分自身が病気だったこと、実家が自営だったこと等の事情により、専門学校を卒業してから働いていませんでした。病気を治すために東京に出てバイトしていましたが、思うような結果にならず帰って来ました。いろんなことが落ち着いてきたので就活を始めようと思うのですが、なかなか一歩が踏み出せません。職歴がないこと、見た目のハンデがあること。そんなこともあり、事務の仕事がしたいけれど、見つかるのかどうか不安です。専門学校時代にいくつも受けて全て不採用だったのもトラウマです。私はすぐに就職先が見つかるのでしょうか。また、そこはどんなところでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「益(風雷益)」です。最上図をご参照ください。
 
 
 「益」は、「増す」という意味です。これは「損」(ボランティア)の反対で、上に立つ者が下の者に利益を及ぼす、という意味です。
 
 「益」の卦は、上が風、下が雷を象徴しています。風は従うもの、雷は動くもの。下が動けば、上もそれに応ずるという様子を表しています。
 ですから、この卦のかたちを示す言葉は、まさに「疾風迅雷」です。よいものを見たら直ちにそれを学び取り、悪い点があったらすぐに反省すべきである、と言われています。
 
 占いの言葉は、
 
 上が骨を折って下を潤す。上下とも大喜びだ。
 大事業でも成功する。
 盛んな活動力(雷)と順応性(風)があるのだから、とどまることなく突き進む。
 天地の恵みは時の流れに従うのだから、「益」は時宜を得ることが重要だ。
 
 というものです。
 
 この卦は、かなりよい運気を示しています。
 やや専門的になるのですが、この卦は「否」という、非常に悪い運気が動いてこの運気になる、と考えられているので、最悪の状態は抜け出した、と考えられる運気です。
 上の立場にある人の助力が得られるという運気も示されています。また、友人等の手助けを求めるべき、とも言われています。依存してはいけないのですが、人のつながり、きずなの助けを求めるのがよいということです。
 もっとも、この卦は疾風迅雷。運気がいい状態が長期安定するわけではありません。チャンスを見たら、素早くつかまえるべきだと考えられています。
 縁談にはよい運勢です。もっとも、あわただしかったり、あちこちから横やりが入ったりしがちではあります。それでもまとまりやすい、という運勢です。
 
 
 
 以上のような「益」の卦を踏まえて、らいくさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 「一歩を踏み出せば、思っていたよりは早く決まる」のではないかなと見立てます。
 「事務職に限らず、何でも手当たり次第に積極的に受けてみると良さそうだ」と感じられました。何社落ちても、気にする必要はないという運勢です。
 ご実家のコネのようなものも、フル活用されることがお勧めになりそうな運勢です。
 「事務職」よりは、もう少し活発なお仕事ではないかな?というイメージが得られました。「手を広げてみては?」と申し上げたのは、そういったイメージも関係しています。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「益」です。
 「益」は、「利益が上がりやすい」「自分からリーダーシップを取って動くと良い」という運気を示します。
 物事全般について、成功しやすい時期であることを示します。特に良いのはお仕事運と、人間関係です。人の繋がりが得られやすいと考えられています。
 もうひとつのポイントとして、「益」は、上が「風」で下が「雷」というかたちをしています。そのため、「益」のキーワードは、「疾風迅雷」です。チャンスと見たら、素早く動く必要があります。 
 
 「疾風迅雷」ですので、まずは一歩を踏み出し、とにかく素早く積極的に、次々動くことで運勢が動いてくるのではないかと見立てます。
 失敗を気にされる必要は、なさそうです。思っているよりは早く決まるのではないかと感じられました。
 「チャンスには食いつくと良い」という運勢なのですが、何がチャンスになるか分かりません。職種や仕事内容等も、手広く受けてみることがお勧めになりそうです。
 
 「益」は、「利益」であり、そのために、「活発なビジネス」的なイメージがあります。
 「事務職」的な落ち着いたイメージよりも、販売や、あるいは体を動かしていくようなお仕事の方に、可能性がありそうです。
 また「益」には、「人のつながり、人からの助け」が得られやすいという性質があります。
 したがいまして、「コネ」的なものはフル活用されると良いかと。ご実家が自営業をなさっていたとのお話です。外部とのいろいろなご縁がおありでしたらば、遠慮なくその伝手をたぐることも、お勧めになりそうだと見立てました。
 
 
 盛運です。「案外早く決まる」という可能性、十分に感じられます。
 「自信を持って、動きまくる」ことがお勧めになる運勢かと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ