タグ別アーカイブ:

<無料占い> 主人の転職、子供の下宿を探す時期。 ゆうさんより。

   

 
 
 今回は、ゆうさん(女性)からのご相談です。「主人が転職を考えています。転職先はS社に決めているようですが、そこでいいのかも分かりません。転職するのであれば、時期はいつが良いのでしょう。子供の下宿崎を探す時期について、悩んでいます。早く決めないと良いところはないと聞いて、焦っています。いつが良いのでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 ご主人の転職について。
 得られた卦は、「中孚之兌」(中孚、兌へゆく)です。
 
 
 まずは「中孚(風沢中孚)」の卦を検討します。最上図、一番左側をご参照ください。
 
 「孚」という字は、「まこと」と訓読みします。これは、「信」つまり誠実を意味します。
 
 「中孚(風沢中孚)」は、上にある風が吹きわたり、下にある湖の水を動かす、そのようなかたちをしています。上の者が誠意をもって自ら動き、下の者もそれに感動し、喜んで従う、というかたちです。「恩情をほどこすべきだ」という言葉が示されています。
 
 「中孚」の占いの言葉は、
 中にある二つの陰爻(二本の破線)が、内にある虚心を示す。
 その外側の二本は誠意の充実を表している。
 誠意をもって導くなら、皆喜んで従うであろう。
 誠意をもって行動すれば、(大きな川をわたるような)大事業であっても成功するであろう。
 というものです。
 
 また、この卦は、上下の口が接するような形、たがいに親しむ形をしています。
 そのため、誠実に話し合いをするようなこと、共同で仕事をすること、誠意をもって親友としてつきあうこと、には吉であると言えます。
 仕事運についても同様です。人の和を心がけつつ、誠実に仕事をすれば吉、とされます。
 誠実さが重要である、という運気ですから、失敗した場合、あるいは自らの側に欠点や何らかの非がある場合には、隠さず正直に言うほうが良いという運気でもあります。
 恋愛運については、誠実さ・たがいに親しむと言った意味合いから、良い運気と言えないこともないのですが、「中孚」は、口を接する形であることから、いわば情熱的なキスのようなイメージとしてとらえられることがあります。そのため、むしろ「情熱の行き過ぎに注意」という警告的な意味合いが強くなります。古くは、駆け落ちや情死の危険あり、と言われた卦でもあります。
 
 
 
 次に、「兌(兌為沢)」の卦を検討します。「だ」と読みます。最上図、左から二番目をご参照ください。
 
 「兌(兌為沢)」は、上下とも沢というかたちです。「沢」は、口や少女を意味します。少女たちが集まっておしゃべりしているように楽しげなかたちを意味します。
 
 このかたちについて、「友人たちと励まし合い競い合って、向上していこう」という言葉が示されています。
 
「兌」の占いの言葉は、
 
 「兌」は伸び栄える。「よろこび」という意味である。
 外柔内剛の徳性を示している。
 正しい道を行く自然な喜びを貫けば万事順調。
 よろこびの心は、人を励まし、苦難を乗り越えさせるものなのだ。
 
 というものです。
 
 「兌」は、よろこびを意味します。しかし、よろこびに溺れてはいけないわけで、何事にも慎ましさを忘れず、欲望をほどほどにとどめれば、良い結果につながる、という運気です。
 日々の平穏については吉ですが、大きなことをするにはやや勢い不足と考えられます。
 人間関係でも、小さなこと、楽しんで軽い付き合いをするには悪くない卦です。一方、しっかりした人間関係が必要な場合には、慎重にならなければならない運気といえます。注意すべきこととして、「口は災いのもと」にならないように、と言われています。また、相手の人柄について、口ではうまいことを言い、表面の人当たりはいいけれど、虚言癖であったり、やや内実に乏しい人物である可能性があるとされます。
 恋愛関係で言えば、間違いが起きやすい運気であると言われてきました。現代的に言うならば、軽い関係、遊びの恋愛と考えるならばまあそれでも良いのですが、結婚等を考える真剣なおつきあいには向かない運気であるとされます。上記のように、相手側がやや内実の乏しい人物であるという可能性があるからです。
 
 
 
 下宿先について。
 得られた卦は、「解(雷水解)」です。最上図、一番右側をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「中孚」「兌」「解」の卦を踏まえて、ゆうさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から見て、内包関係にあると解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 まず、全体として、「焦らない」ことが大切になるかと感じられました。
 転職のお話については、「ご主人と、よく話し合うこと」。「ただし、楽観を忘れないこと。心配だ、不安だと問い詰めないこと」。この2つが、大切になりそうです。
 その上で、ですが。
 転職には、そこまで悪い運気とは言えないと見立てました。「何とかなる」かと。ただ、しっかり時間をかけて検討すべきお話かと見立てます。
 下宿探しについても、「まずは、前提を固める」ことが大切になりそうです。
 その上で、ですが。
 1月というイメージがあることも、一応申し添えます。
 
 
 
 
 ご主人の転職について。
 得られた卦は、「中孚、兌へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「中孚」は、「誠実」を象徴します。虚心坦懐、こころからの誠意をもって人と接するのに向いた運気です。したがって、人間関係一般について、非常に良い運勢ということができます。
 特に、誠意を持って「話し合う」ことについては大吉とされます。
 注意すべき点も、その裏返しと言うべきものになります。
 行き過ぎた真心や情熱です。たとえば恋愛であるならば、二人だけ、あるいは自分だけの世界に入りこんでしまい、周囲との調和がとれなくなって破綻するような危険は避けなければいけません。
 
 このような「中孚」に内包されているサブの運気が「兌」です。
 「兌」は、上下とも「沢」を意味します。
 「沢」は、「少女、笑い、喜び、口、身軽さ」などを象徴しています。悪く言えば、「深みがない、軽薄だ」ということにもなります。
 
 
 2つを合わせますと、まず思い浮かぶイメージとしては、「誠実に、話し合う。」です。
 ご主人とは、よく話し合われることが大切かと見立てました。
 
 ただし、「楽観を忘れない(兌)」ことも大切になりそうです。
 不安に囚われたまま、「どうして?本当に大丈夫なの?」と問い詰めまくっては、「ゆうさんに話しても、まともな話し合いにならない。不安だと言うばかりで、何にも生産性が無いじゃないか。俺のほうで勝手に決めてしまうしかない。」と思われかねないかと。
 
 「中孚」も「兌」も、絶好調という運勢ではありませんが、「まあ、何とかなる」程度の良さはあります。
 「転職しなければ、これまで通り。転職しても、まあ何とかなる」。そのように、私としては見立てております。
 ゆうさんにおかれても、それぐらいの意識・楽観を、まずはお持ちになることがお勧めになるかと。
 その上で、ご主人と、しっかり話し合いを。「本当に良い話か、熱に浮かされているのか」、「なぜ転職が必要なのか、今のままではいけないのか」を見極められることが、一番大切になりそうです。
 転職するかしないか、どこに転職するかも、もちろん問題ですけれど。ゆうさんがパニックになってしまうほうが、大きな問題かと感じられました。
 
 
 時期について、申し上げます。
 「中孚之兌」からは、4、6というイメージが得られるのですが。私は「当てもの」を志向しておりませんので、こうした数字にまつわるイメージについては、あまり確信を持てません。
 卦のイメージからすると、「(何事かについて)ひとやま越えたあたり」か、「しっかり話し合って、双方が完全に納得してから」か。
 そうした時期がよろしいかと、見立てます。
 
 
 
 下宿探しについて。
 得られた卦は、「解」です。
 「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 前提となる条件が決まらないままに、気持ちだけ焦って、行動に突っ走るには向かない運勢です。
 簡単なことから、詰めて行くべきかと。
 
 まず、伺いたいところとしまして。
 お子さんの進学先は、確定していますでしょうか。
 たとえば東京を例に取るとして、大学によっては1・2年は多摩地域で3・4年は都心……と言ったこともありえますし。
 都心の下宿先は家賃が高く、電車代込みでも少し離れた地域の方が安かったりということもありえます。(逆に、離れすぎてしまうと電車代で割高になるということもあり得ます。)
 いくつか受けるにしましても、進学先との兼ね合いで居住地域をある程度絞ることが、まずは前提になりはしないかと思うのです。
 
 東京はそれでも、単純に下宿先の数が多いです。
 聞くところによりますと、たとえば京都は、下宿先そのものが少なく、そもそも割高である(良いところが「はじめから無い」)とか。
 そうしたこともありますので、地域によっては、「良いところが見つからない!」と焦っても仕方が無いということもあるかと。
 
 決めるのは、年明けでも大丈夫かと見立てます。
 現時点では、「焦らず、前提条件を絞って、情報を集める」ことかと。
 
 なお、「解」には「1月」のイメージがあります。
 たとえば東京(近郊)であれば、1月ぐらいに決めるのであれば、十分かと感じられます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 仕事。 Nさんより。

 
 
 今回は、Nさん(女性)からのご相談です。「今の仕事は好きなのですが、調子はそこそこ。営業なので、頑張り次第で良くなってくると思ってます。半年後には一定レベル以上の成果を出せるようになりたいと思っています。半年後、私はどのようになっているでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「解(雷水解)」です。最上図をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「解」の卦を踏まえて、Nさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 上向きかと感じられます。
 半年後となれば、調子はかなり「温まっている」という状態ではないかと見立てます。
 「仕事のやり方は、人それぞれ」ですので、あまり差し出がましいことを申し上げてはいけないとは思いますが……。「ごくごく簡単なこと、基本的なこと」を、たまに見返してみると、良いことがあるかもしれないというイメージです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「解」です。
 
 「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 ゆっくりしていますし、「三寒四温」的に「行ったり来たり・好調不調を繰り返す」ところはありますが。
 それでも、「冬から、知らず知らずの内に春に移ってゆくような上昇傾向」を象徴するのが、「解」です。
 半年後となれば、調子はかなり「温まっている」という状態ではないかと見立てます。
 
 
 「解」は、「無理をせずに、簡単なところから攻めて行くと良い」というイメージを持ちます。
 単純に、「契約の取りやすそうなところから」という意味となりましょうか。
 またあるいは、何か自分のやり方に問題がありそうだな……という時には、「案外、簡単な事、基本的な事をうっかりしていた」的なこともありがちとされる運勢です。
 「仕事のやり方は、人それぞれ」ですので、あまり差し出がましいことを申し上げてはいけないとは思いますが……。
 もしも、参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> s国とp旅行。 エスさんより。

 
 
 今回は、エスさん(女性)からのご相談です。「その後、状況に変化があり、旅行プランの変更に落ち着きました。キャンセル料がかかるのがもったいないという理由と、友人を傷つけたくないからという理由によります。そのつもりでいたのですが、最近友人が、部署異動に伴い、強いストレスを抱えるようになってしまいました。体調も損ね、手術をすることになったそうです。その手術が、旅行の後に行われるということなので、私は旅行をとめたのですが、聞き入れてくれません。これまでの付き合いから、現在の友人の調子がかなり厳しいことは、私には分かっているのですが……。私は、やはり旅行をやめようと提案する方が良いでしょうか。今からだとキャンセル料もそれなりにかかるので迷います。この旅行は楽しめるでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「解之謙」(解、謙へゆく)です。
 
 
 まずは「解(雷水解)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。詳しくは後述します。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 次に、「謙(地山謙)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「謙」は、「謙遜」、「へりくだる」ことを意味します。  
 自慢したくなる気持ちを抑えてへりくだるとよい、という運気です。  
 
 「謙(地山謙)」は、上が地、下が山というかたちを示しています。高い山が、低い所にある地の下に身を置くようにへりくだっているかたちです。  
 貧富の格差をなくすようにこころがけるとよい、という為政者向けの言葉が占いの言葉として示されています。
 
「謙」の占いの言葉は、
 
「謙」は、伸び栄える。  
驕慢を憎んで謙虚を好むのが人の道だ。   
謙遜ならば上にあって光り輝き、下にあっても侮られない。   
謙であれば終わりを全うできるのだ。  
 
というものです。
 
 この卦が出た時は、謙遜、へりくだる心を忘れないことが基本となります。  
 自分の我を張り、押し出していくのは慎んだ方が良い、という運勢です。  
 もっとも、「謙遜」は卑屈になるのとは違います。自分が大事だと考えることはしっかりと守りつつも、人間関係において相手を尊敬する気持ちを持つ、ということです。  
 結婚運については、「良縁であるがまとまりにくい」とされる運気です。あるいは、のちのち結婚につながるような出会いはすでにあるのだが、すぐに結婚に向かうような関係にはない、という運気です。  
 男性の場合は、女性関係に注意と言われる卦でもあります。
 
 
 
 以上のような「解」「謙」の卦を踏まえて、エスさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、2つの卦の関係から見て、内包であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 急な方向転換は、あまりお勧めできないかと見立てました。
 お友達も楽しみにされているとのことですし、今のプランで良いのではないでしょうか。
 その分、旅行中に気を使ってあげれば良いのかな、というイメージです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「解、謙へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 「解」は、「少しずつだが、良くなっていく」というイメージの卦です。
 ただ、「少しずつ」ですので、急激に動くことはあまりお勧めできないとされます。
 
 今から旅行プランを変更するとなると、エスさんにしてもお友達にしても、大きなストレスになってしまいはしないでしょうか。
 身体に無理の無い範囲であれば、ストレスの解消になるということも、あると思います。
 お友達も楽しみにされているとのことですし、今のプランで良いのではないかと見立てました。
 
 
 このような「解」に内包されているサブの運気が「謙」です。
 内に「謙」を意識しておくと良さそうだ、というイメージです。
 
 「謙」は、まさに「謙遜」。「へりくだること」「相手を尊重する気持ち」を示します。
 上の説明でも、「自分の我を張り、押し出していくのは慎んだほうが良い」という表現を使っていますが、これだけではやや誤解を生むところもありうる表現ではあります。
 「謙」の卦については、注意事項として必ず申し上げなくてはならないポイントがあります。それは、「謙」は、「卑下」とは異なるということです。「自分を不当に貶めることで、相対的に相手を高い立場として扱う」ことは、「謙」ではありません。  
 相手を尊重するその前提として、自分も尊重する。自分にとって大事なこと・譲れないこと等を固く守るからこそ、相手の大事なものへの配慮もできる。それが「謙」です。
 また、「謙」の卦は、「今すぐ結果にはならないけれど、『後々結果として実を結ぶであろうもの』は、すでに手に持っている」ような運勢であるとも言われます。
 
 いろいろな意味がありますが、「相手を尊重する、思いやる気持ち」が主なイメージとなる運気です。
 「旅行プランを変更しないとしても、お友達に気を使ってあげる」という方向性が良いのではないかと、見立てました。
 
 
 いろいろとご不安はあるかもしれませんが、運気としては、「低調なりに、上向いてきている」というイメージであり、先行きは明るいかと。
 「無理をなさらない程度に、現状維持で臨む」という方向性はいかがかと、提案いたします。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 元恋人の彼の現状。 ライチさんより。

 
 
 今回は、ライチさん(女性・30代)からのご相談です。「今年別れた彼とやり直したいです。連絡を取っていないので、現状が分かりません。彼とやり直せる可能性はありますか?彼は私のことをまだ好きでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「解之蒙」(解、蒙へゆく)です。
 
 
 まずは「解(雷水解)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。詳しくは後述します。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 次に、「蒙(山水蒙)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「蒙」は、「くらい」、「無知である」、という意味です。
 
 悪い意味のようですが、実際は、人間で言えば幼児の状態、無限の可能性があるともいえます。ただし、無知な幼児なわけですから、正しい方法で慎重にことを運ばなければならないという運勢です。
 
 「蒙(山水蒙)」は、山の下に危険な川があるかたちです。あるいは、山の下に湧水があるというかたちとされます。泉が大河になるように努力をし、また山のように揺るがぬ姿勢を貫くべきだ、という言葉が示されています。
 
「蒙」の占いの言葉は、
 
 山と川という危険がある。
 正しい導きによって、時機を見て動くなら、やがて大いに伸び栄えるであろう。
 ただし今は童子の状態。心から教えを願おう。先生の方から教えるのではないのだ。
 占いをする時は、同じことを二度三度と占ってはいけない。それは易を冒瀆するものなのだ。
 
というものです。
 
 全体としては、現在のところはまだくらい、決して悪い運勢ではないのですが、時期が悪いとされます。運気は漸進的、つまり進んではいるのですが、当事者としてはどうも進んでいないように思う、そのような時期です。すぐに結果が出るという時期ではありません。
 今は苦労が多く、何らかの対策をとり、慎重に物事を進めるべきと言われています。
 また、童子のように、虚心になってひとに助言を求めるのがよいとされます。
 恋愛・結婚運も良くありません。暗く、先が見えないのです。とは言え、今から彼氏を探すというケースの場合は、悪いとまでは言えません。「これからだ」「どうなるかまだ分からない」というイメージですので。
 
 
 
 以上のような「解」「蒙」の卦を踏まえて、ライチさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、2つの卦の関係から見て、内包であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 可能性はあるかと感じられました。
 しかし、現状は「まだまだ先行きが不透明」であり、「少しずつ無理なくきっかけをつかんでゆくべき」ではないかと見立てます。
 彼の気持ちについては、「動く可能性はあるけれど、『今でも好き』というのとは違うかも知れない」と見立てます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「解、蒙へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 「解」は、運気の回復を象徴します。
 したがって、復縁の可能性はあるかと見立てます。
 しかし、焦って一気に進もうとしても、うまくいかないのが「解」の特徴です。
 無理のないきっかけをつかんで、自然に、じわじわと、交流を回復していくところから始めるのが良いのではないかと見立てます。
 
 このような「解」に内包されているサブの運気が「蒙」です。
 「蒙」は、「くらい」という意味ですが、これは、「幼児のように、『物事に明るくない』」というイメージです。
 「子供には無限の可能性がある」的なイメージもあるということです。ただ、現状はまだまだ暗い。そのようにお考えください。 
 
 「蒙」の卦からしますと、やはり、「可能性はあるけれど、なかなか大変だ」というイメージになるかと見立てました。
 焦りは禁物かと見立てます。
 
 
 彼の気持ちについてですが。
 メインの「解」と、内なる要素である「蒙」と、その2つからの見立てを申し上げます。
 
 「解」の卦について、人間関係を考える場合、彼が「雷」でライチさんが「水」です。
 「雷」は、「能動性、積極性、大きな音」といったイメージを持ちます。悪く言えば、「落ち着きの無さ、空騒ぎ」です。
 「水」は、「思慮深さ」ですが、悪く言えば「陰謀好き」です。
 ここから見て、「ライチさんはためらっている。彼の気持ちについては、『動く可能性がある』」という状態ではないかと見立てました。
 
 また、内なる要素が「蒙」であることからすると、「幼児のように、まだ何も始まってはいない」かと見立てます。
 彼に気持ちが残っているかと言われると、「そういうことではなさそうだ」というイメージになるかと。
 彼の気持ちはリセットされているのではないかと見立てます。
 「ゼロからの、再スタート」というイメージではないかと、感じられました。
 
 それでも「解」です。
 彼の気持ちが動いてきて、少しずつでも回復してくる可能性はあるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 二人の友達。 ゆうさんより。

    

 
 
 今回は、ゆうさん(女性・40代)からのご相談です。「二人の友達との付き合い方に悩んでいます。一人は、以前の職場の先輩です。初めは良くしてくださったので慕っていましたが、理解できないところがあったので、ある日を境に私が避けるようになりました。つい最近、相手から連絡があり、話をするようになりました。どうつきあって良いのか、相手の気持ちも分かりませんので、お願いします。もう一人は、直前の職場の同僚です。連絡をしてから一ヶ月以上経ちますが、全く連絡がありません。家の事情かなとも思う反面、余計なことも考えてしまいます。話をしたい相手でしたので、気になっています。私への気持ちとなぜ連絡ができないのかを占っていただきたいです。」とのご相談内容です。
 
 
 以前の先輩について。
 得られた卦は、「既済(水火既済)」です。「きせい」と読みます。最上図、一番左側をご参照ください。
 
 「既済(水火既済)」は、「すでになる」と訓読みします。万事が完成した状態を表しています。
 
 「既済(水火既済)」は、火の上に水があり、燃え盛る火を水で消し終わったことを示すかたちです。「立派な人間は、災厄の予防に努める」という言葉が示されています。
 
 「既済」の卦の占いの言葉は、
 
 少しだけ伸び栄える。
 運勢の完成型であり、現状を維持すれば順調である。
 初めは吉であるが、やがて混乱に転ずるだろう。
 
 というものです。
 
 「既済」の卦は、六本の爻(横線)が、全て理想的な形に配置されている卦です。
 そのため、運勢の完成型であり、万事が完成した状態であるために、「すでになる」=「既済」なのです。この卦は、「泰」とならび、運勢が最高の状態にあることを示しています。
 しかし、『易経』は変化の書。
 今が最高ということは、後の伸びしろが望めないばかりか、むしろこれから運気が悪くなりかねないことを示しています。
 それが、「少しだけ伸び栄える」であり、「現状維持が吉」であり、「混乱のおそれ」であり、「災厄の予防」である、という占いの言葉に表れているのです。
 ですから、この卦が出た時は、「現状維持」・「新規事業には手をつけない」・「油断大敵」の3つを心がけるのがよいとされています。
 恋愛・結婚運も悪くありませんが、長続きさせるためには十分な注意が必要と考えられる運気です。
 
 
 
 前の同僚の方について。
 得られた卦は、「解之坤」(解、坤へゆく)です。
 
 まずは「解(雷水解)」の卦を検討します。最上図、左から二番目をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。詳しくは後述します。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 次に、「坤(坤為地)」の卦を検討します。「こん」と読みます。最上図、一番右をご参照ください。
 
 「坤」は、柔軟さ・女性性・消極性を象徴します。この卦は、六本すべてが「陰・柔」となっていますから、純粋な「陰・柔」という状態です。静止しながら豊かな力を蓄えている様子です。
 
 「坤(坤為地)」は、上下とも「地」というかたちです。万物を生み育てる豊かさを象徴しています。「乾」とは逆に、静止している様子でもあります。
 このような「坤」のかたちについて、「大地の働き、それが坤である。立派な人間は徳性を厚くし、人々を包容していく」という言葉が示されています。
 
 「坤」の占いの言葉は、
 
 「坤」の生成力は偉大である。その力を受けて万物は生まれるのだ。
 「坤」は大地の象徴である。大地は厚く万物を乗せる。その徳は天の広大さと等しい。
 「坤」の限りない包容力によって万物すべてが伸び栄える。
 「坤」の道は、従順に、堅くわが道を守ること。人に従って目的に達するのだ。
 良い友人に恵まれる。同類に背を向ける時は、友を失うも、よりどころが得られる。
 
 というものです。
 
 「坤」の卦が出た時は、一般的には隠忍自重が良い結果をもたらします。また、先生について勉強をするとか、上司の指示に従って働くということについては、良い運勢です。決断をするようなことには向いていません。「柔」ですから、「優柔不断」で決められないと見るのです。
 仕事運等について言えば、リーダーシップをとるよりは、リーダーを支えて裏方に回る方が良い。
 また、この卦には「西南に朋を得るに利あり……」という占いの言葉があります。これには、「友人と仲良くするのが良い。一方、友人に背を向ければ、配偶者に出会える」であるとか、「簡単なほうを選ぶのも良い。難しい方を選ぶと、孤独になるが結果は出る。これも良い。」とか、「西南方向に移動するなら、大勢で行く方がいいが、東北方向へ行くならば、一人がいい」などのいろいろな意味があり、何か思い当たるところがある場合には参考にできると考えられます。
 恋愛・結婚運で言えば、まとまりにくいとされます。良縁の場合は孤独で困難なものになると考えられています。また、注意すべきこととして、「坤」の場合は、人にだまされるおそれ、という問題があります。
 
 
 
 以上のような「既済」「解」「坤」の卦を踏まえて、ゆうさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質からみて、内包関係として解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 以前の先輩の方については、「気にせず、話をする。進展させるでも後退させるでもなく、現状維持」という方針がお勧めかと。
 それほど悪い気持ちを持っているわけではないと見立てます。
 前の同僚の方については、「特に大きな問題は無さそうだ。ゆっくりと回復してくるのではないかと思われる。いきなり大きな話題を振るのではなく、まずは友達づきあいを再開させるところから。」という方針では、いかがでしょう。
 特にこれといった感情を抱いてはいないのではないかと見立てます。
 
 
 
 
 以前の先輩について。
 得られた卦は、「既済」です。
 
 「既済」は、「運勢の完成型」を示します。非常に良い状態ですが、易では「運勢は変化する」と考えていきますので、「いまが完成型」ということは、「今後は伸びしろがない」、「むしろ傾いていきがちだ」という意味合いも持ちます。慎重になる必要があります。
 
 「既済」ですので、「現状の関係が、ベスト」というイメージかと、見立てました。
 「時々は、お話をする。これ以上踏み込むこともせず、かといって関係性を断つこともせず。」という方向性がお勧めではないかと見立てます。
 
 お二人の関係性については、先輩が「水」で、ゆうさんが「火」。
 正反対と言うとおかしいかもしれませんが、やや「違うところがある」ことは、確かかと。ただ、「違う」からと言って仲が悪くなるというものでもありませんよね。「既済」ですので、むしろ「違うところ・違和感を覚えるところがあるけれど、だからこそうまくかみ合う」というところがあるのではないでしょうか。
 先輩は、「誠実」で、「考えすぎ」。ゆうさんが「どうも心を見せられない」。そういう関係性ではないかとも、見立てます。
 
 
 
 前の同僚について。
 得られた卦は、「解、坤へゆく」です。
 
 「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 このような「解」に内包されているサブの運気が「坤」です。
 「坤」は、「母なる大地」を象徴します。どこまでも広く平らにつづく大地です。そうしたイメージから、「受容性、柔軟さ、分厚く鈍重、動きが少ない…」といった性質がイメージされる運気です。
 
 この二つの卦から見て、「内なる事情としては、特にこれと言った問題は無い。けれど、やや気分が重いといった状態にあるのでは?」(坤)と見立てます。
 今後については、「ゆっくりと回復してくると思われる」けれど、「関係を再開させたばかりで、いきなり重い悩みを相談したりであるとか、そういうことは『無理がある』のではないか?」(解)というイメージです。「少しずつ、関係性を育むところから。まずは友達づきあいを再開させ、他愛も無い会話から始めていくべき」時期なのではないかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 元彼。 アップルパイさんより。

 
 
 今回は、アップルパイさん(女性・40代)からのご相談です。「半年以上前に喧嘩別れをして以来、全く交流の無い元彼から、私を懐かしんでいるようなメールが来ました。正直とても好きだった彼だったのですが、気まずい別れ方をして気にはなっていました。友達関係を築くか、または復縁などできたらいいなあなどと考えています。彼は友達関係を望んでいるのでしょうか、それとも何となくメールをしてきただけでしょうか?こちらは無視をした方がいいのでしょうか?」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「姤之解」(姤、解へゆく)です。
 
 
 まずは「姤(天風姤)」の卦を検討します。「こう」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「姤」は、「邂逅」の「逅」と同じで、「偶然・突然の出会い」という意味です。それも、大勢の男性を手玉に取るような、悪女的な女性との出会い、といったイメージです。(「いい女」とも言えるかもしれません。『ルパン三世』の峰不二子的なイメージと言ってよいかと思います。喩えが古いかもしれませんが。)
 
 「姤(天風姤)」は、天の下に風が吹き渡る、というかたちです。為政者は風のように政令を通達すべきである、という言葉が示されています。
 もっとも、「姤」については、「天」と「風」という他に、六本の線が「一陰五陽」になっている、というかたちに注目すべきとされています。
 全体が陽であったところに、下から一本の陰が入り込んできたというかたちは、多くの男性(陽)をうまく持ち上げ、手玉に取る女性(陰)というイメージである、ということです。
 
「姤」のうらないの言葉は、
 
 「姤」とは、遭遇することである。
 一本の柔が五本の剛に遭遇する。多くの男の中に忽然と一人の女が現れて、魅了する。
 このような女はしたたかもの。妻にすべきではない。長続きしないであろう。
 天地が遭遇すれば、万物がみな美しく育つ。
 「中正」であるリーダーに、剛強なものが出会えば、天下に道が行われる。
 「姤」の意義は重大である。
 
というものです。
 
 「姤」は「突然の出会い」。それも多くの場合、「あまり歓迎できない出会い」です。思いがけない災害やもらい事故に出会ったり、詐欺被害や株価の暴落にあってしまったり。そのような運気です。
 特に、陰が内側に入り込んでいるというかたちですので、うまい話をもって近づいてくる陰湿な人間に注意すべき、他人の口車には乗らないように、といった運気です。
 天の下に風が吹き廻る、どこまでも行くとも言えますが、どこに行くやらわからない、というかたちでもあります。いろいろ迷いが生じやすい時期と考えられます。このような時は基本に返って考えるのが良いと言われています。
 結婚運には良くありません。男性からすれば、女性がしたたかすぎて(あるいは肉食系過ぎて)心身ともに参ってしまう。女性からすると、「男性が多い」というかたちですから、落ち着けないという運気とされてきました。
 もっとも、現代の価値観からは少し考え方を変えるべきかもしれません。積極的に社会に出て、男性を相手に渡り合って経営等をこなす強い女性こそが良いと考えるのであれば、男性からすれば悪い結婚ではないと考えうるからです。
 
 ここまで、「姤」の悪いイメージを中心に述べてきましたが、「姤」にも良いところはあります。
 まず、たとえば、いわゆる客商売と言われる業種や芸能関係を占ってこの卦が出た場合には、魅力的な女性ということで、非常に良い運気といえます。
 さらに、そのような限定的な場面だけでもないのです。「姤」は、「偶然の出会い」。占いの言葉に、「万物がみな美しく育つ」とありますが、この「美しい」は、原文では「章」、つまり「あや」です。異質なものとの偶然の出会いが、思わぬ「あや」となり、運勢が動いて行く。そのような可能性をも含んだ卦でもあるのです。「『姤』の意義は重大である」といわれるゆえんです。
 
 
 
 次に、「解(雷水解)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。詳しくは後述します。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「姤」「解」の卦を踏まえて、アップルパイさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質から見て、内包関係であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 「ただ何となく」だけではなさそうだと見立てます。
 アップルパイさんが復縁や交友関係の復活を望むのであれば、無視をするよりは、返信していくべきでしょう。
 ただ、「『こちらから食いつく』ということのないように」、というイメージです。
 うまく「あしらう」と言うと言葉が悪いかも知れませんが、「彼の側から、復縁や交友関係の復活を望むように『させる』」方向で動くべきかと。
 焦りすぎることも、良くなさそうです。舵取りは少々難しいかも知れないと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「姤、解へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「姤」のイメージは、上でも申し上げましたように、「全体が陽であったところに、下から一本の陰が入り込んできたというかたち。多くの男性(陽)をうまく持ち上げ、手玉に取る女性(陰)というイメージ。」とされています。
 またあるいは、「邂逅」。つまり、「突然の出会い」です。
 少し言葉が悪いかも知れませんが、「悪女」ですね。「男性を手玉に取る女性」です。
 もう少し現代社会的に解釈しなおすならば、「積極的に、男性と対等に向かい合う女性」です。
 
 そのままの、イメージです。
 こちらから食いつくのではなく、「彼に食いつかせる」ように動いていくことが、お勧めになるかと見立てます。
 
 もちろん、復縁や交友関係の復活を望んでいるのはアップルパイさんの側ですから、メールを無視することはあまりお勧めできないかと。
 返信して、連絡を復活させ、その線を太くしていくべきだとは思うのです。
 それでも、こちらから「食い気味」になることは、お勧めできないというイメージです。
 「女性の側で主導権を取り、状況をコントロールする。男性を掌の上で転がす。」のが、「姤」ですので。
 
 
 このような「姤」に内包されているサブの運気が「解」です。
 「解」も意識しつつ行動すると良さそうだ、というイメージとなります。
 
 「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 「焦りは禁物」というイメージです。
 とは言え、あまりにも気が無い様子を見せると、また冷え込みかねません。「解」には、そのようなところ(サボってはいけないという性質)もあります。
 「状況をコントロールすべし」という「姤」とあわせますと、舵取りには少々難しいところもあるかと感じられました。
 
 
 彼の気持ちですが。アップルパイさんが「風」のところ、彼は「天」です。
 「風」は、「如才なさ・動揺」です。「天」は、「積極性・能動性・どうもふわふわしている」です。
 ここから見て、「ただ何となく」というよりは、「何かしら、積極的な意図はありそうだ」と見立てました。
 
 
 復縁や交友関係が復活する可能性は、あると感じられました。
 「うまくあしらう、転がす」ことがお勧めになるかと見立てます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 前の状況から一ヶ月しかたっていませんが。 keikoさんより。

 
 
 今回は、keikoさんからのご相談です。「6月終わりより始めた勉強がまだ続いております。週末、頑張っている人たちの中で勉強していると、ひとりで家にこもっていた時より暗くならないし気持ちが楽です。去年以来食事や運動等々頑張ってきた結果が出てきたのか、数値が良くなってきています。ここ二ヶ月著しく改善したようです。健康を兼ねて早起きし、毎日朝に勉強するのが苦ではなく、さらに勉強が役立っているのか、難しい仕事もすんなりとできるようになっています。お医者さんにも、体調は随分良くなってきたと言われました。少しは前向きになって来ているようです。ただ、少し頑張りすぎな気もしていますが。気がついたら周囲はほとんど幸せになっていました。私は人といると損な役回りになることが多く、恋愛でも遊ばれたりと散々だったので、ひとりが楽になってしまいました。今まで自分自身がダメだから、自信もなく合わない男性としか縁が無いのだと思い、自分を良い状態にしないとと、努力して来ました。自分が魅力のある人間になる努力をするのが正しいと思っていますが、正しい考えでしょうか。自分のやり方が間違っているのではないかと不安になります。もしそうなら軌道修正したいので、アドバイスをお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「解之予」(解、予へゆく)です。
 
 
 まずは「解(雷水解)」の卦を検討します。最上図、左側をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。詳しくは後述します。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 次に、「予(雷地予)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「予」は、「あらかじめ」と訓読みします。物事には準備や警戒が重要だ、という運勢です。
 また「たのしむ」という意味があります。心に余裕を持つことが大事であり、また逆に、気を緩め過ぎてはいけないということが示されています。
 
 「予」の卦は、上が雷、下が地です。雷が地上にとどろくかたちを象徴しています。
 大きな音から音楽が生まれたように、心に余裕を持つべきだ、という言葉が記されています。
 
「予」の占いの言葉です。
 
一つの陽に残りが応ずる。時のめぐりに従って動けば吉。
時のめぐりに従って動くから、天地も日月も、四季も動いていくのだ。
このような、予のもつ、「時」にかかわる意義は重要である。
 
 というものです。
 
 「予」の卦が出た時は、「あらかじめ」の準備が大事です。また、「楽しむ」という意味からは、人を楽しませ、自分は楽しみに溺れないように、という心構えが吉を呼ぶと考えられています。
 また、雷は音ばかり大きいものの、実害が生ずる範囲がピンポイントであることから、音ばかりで実がないというイメージを持たれていました。「予」の卦が出た時は、そのようなことがないように心掛けるのもよいとされます。
 「予」の卦が出た時は、雷が地上を震わすに従って、土の中から生き物が顔を出すように、人が世の中に出てくる運気があるとされます。しかし、雷はもともと音ばかり大きいもの。チャンスはあっても慎重にふるまうことが重要です。運気は上昇傾向ですが、不安定なもの、「時機を逸しない」ことが重要です。
 「予」は、恋愛・結婚運については、かなり良い運気です。「たのしむ」という側面があるため、こころ楽しい恋愛や結婚には良いのです。もっとも、「たのしみに溺れ」がちな運気でもありますので、場合によっては注意しなければなりません。
 
 
 
 これら、「解」「予」は、基礎となる運気です。今回は一爻変(最上図をご覧ください。横棒が一本だけ変化しています。このかたちを一爻変と言います。)ですので、変爻(変化する横棒)に付された占いの言葉が、特に重要となります。
 今回、変爻は「解」の二爻(下から二本目の横棒)であり、そこに付された占いの言葉とは、「狩猟をして三匹の狐を仕留める。(狐を射た)黄金の矢も戻ってくる。正しくしていれば、吉。中庸を得ているからだ。」というものです。
 二爻は、「中」と言い、それだけで吉となることが多いとされています。また、「解」の二爻は、「陰」のポジションに「陽」(実線)が来ているので、やや座りが悪いところもあるのですが、一番関係が深い五爻が「陰」(破線)ですので、「陰と陽とが対応している」というかたちになっており、協力が得られるという運気になっています。三匹の狐とは、初爻・三爻・上爻であり、これらのつまらない人間を打ち破るという意味であると言われています。とは言え、「吉」とされるのは「中庸を得ているから」なので、あまりに激しいやり方もよろしくない、という運気です。
 こうした解釈から、上記の占いの言葉は、「吉。協力者が現れる。つまらない人間を排除することができる。ただし、重要となるのはバランス感覚であるから、あまりやり過ぎるのもよろしくない」という意味になります。
 
 この言葉と関係の深い占いの言葉が、「予」の二爻に付された占いの言葉です。「石のように節操が固い。怠惰や安逸にふける気持ちがあっても、その日のうちに改める。正しい気持ちを持っている。吉。」というものです。
 二爻は「中」ですので、それだけで吉です。「予」の二爻は、「陰」のポジションに「陰」の爻(破線)が配置されているので、運気が安定しています。また、「予」の二爻は、関係の深い五爻、お隣さんである初爻・三爻全てが「陰」(破線)であり、二爻とは「陰」どうしですので、親和できない関係にあります。いってみれば、友達を作らない頑固者です。しかし、そのおかげでかえって、「予」の悪い面である「安逸に耽る」ようなことを免れていると解釈されるのです。
 したがって、上記の占いの言葉は、「自分のやるべきこと、やれる範囲内のことはきちんと見極めることができる。悪い遊びにふけるようなこともなさそうだ。大失敗はない。吉。」といったイメージの運気になります。
 
 
 
 以上のような「解」「予」、「重視すべき占いの言葉」を踏まえて、keikoさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、2つの卦の関係から見て、内包であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 大まかには、正しい方向なのだと感じられました。
 今後は、「気楽に」、「計画を立てること」がお勧めになるかと見立てます。
 二つの選択肢から一つを選んで突き進むような、「極端な考え方をしない」ことも、特にお勧めとなりそうです。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「解、予へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「解」は、「春の雪解け」です。長く続いた低調な運気が、ゆっくりと回復してくると思われます。とはいうものの、回復のペースはあくまでもゆっくりしたものですので、無理はいけません。やれそうなこと、簡単な問題から手をつけて行くのが良さそうです。
 
 「良い方向に進んでいる」というイメージを持つ卦です。
 方向性としては、正しいと感じられます。
 ただ、回復のペースはゆっくりしたものですので、「無理は禁物」というところがあります。
 
 この「解」に内包されている、サブの運気を示す卦が「予」です。
 「解」の基調にあって、「予」を意識していくと良さそうだ、というイメージとなります。
 
 「予」は、重層的なイメージを持つ卦です。
 しかし、そのイメージをまとめますと、「あらかじめ・楽しむ・楽しませる(楽しみに溺れない)」と言う3つの性質となります。
 
 回復基調に乗っているからこそ、「気楽に考える・楽観的になる」(楽しむ)ことがまずは重要かと見立てました。
 あくまでも、その前提の上で、ですが。
 「『今後の方向性』をゆっくりと考えていく」ことも、お勧めかと。
 
 「一人でいるのが楽しい」けれど、「結婚したい」と言うのは、ちょっと難しい状態なのかなという気もします。
 何事につけ、少々「決め付けすぎ」「考えすぎ」だったりはしませんか?
 「人と付き合うと、損な役回りになって『ばかり』」、「自分はダメだと思って『しまう』」、「自分を良い状態に『しないと』」……。
 さらに申し上げれば、「結婚しなければ、幸せでない」という発想も、「思考が先立っている状態」であるような気がしなくもないのです。
 
 極論ですが、どんなにヒドイ状態であっても、自分さえ「私は絶好調だ!!」と思ってしまえば、すでに「自分は良い状態にある」と断言できてしまうわけです。
 ですから、「私は良い状態にある」、「自信は、まあある」、「私はそこそこ魅力的だ」と思ってしまうか。
 あるいは、「状態・自信・魅力」といった、「内省的な発想/自己を評価(批評)するという発想」を、とりあえず棚上げしてしまうか。
 
 それだけでも、気持ちの上に余裕が生まれますし、実際に魅力的になれるのではないかと。
 「自分が魅力的にならなくては」と思って努力しますと、仮に「いや、それは魅力的とは言えないし」という方向に努力していた場合、目も当てられないと思うのです。
 「女性の自分磨きは、時として男性からすると辟易もの」(逆もまた然り、ですが)ということもありますし。
 努力せずとも魅力的なところは、あるのではないかと思うのです。
 
 したがいまして、軌道修正するとすれば、「『努力しようとすること』をやめること」かもしれません。
 やりたいことを、やりたいようにやってみてはいかがでしょう。
 それがkeikoさんの場合、勉強だったのですよね?そうしたら、体調が良くなった。仕事もはかどっている。それならば、「強いて努力するようなこと」をこれ以上しなくても、良いのではないかと。
 「いま、自分は好調だ」と思っているだけで、十分なのでは?と、見立てます。
 
 
 「今回重視すべき占いの言葉」も、「思ったようにやって良いが、バランス感覚が重要で、やりすぎは不可」、「現状、自分とうまくつきあえている。大失敗は無い」といったイメージです。
 「大きな方向性としては間違っていないのだから、極端な発想は控える」ことがお勧めになるのではないかと、見立てます。
 気楽に構えて、「努力する」のでは「ない」方向で、今後の計画をゆっくり立ててみてはいかがかと、申し上げます。
 この記事の中に、何か役立つ部分がありましたならば、幸いに存じます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 自宅サロンにともなう引越し。 レモングラスさんより。

 
 
 今回は、レモングラスさんからのご相談です。「自宅サロンを始めるにあたり、引越しを検討中です。仕事をする部屋と生活のスペースとを分けたいと思っています。今のところでも仕事は可能です。引越しに関しては、どちらが良いでしょうか。引っ越す場合、年内か来年度か、時期についてもお願いします。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「萃之解」(萃、解へゆく)です。
 
 
 まずは「萃(沢地萃)」の卦を検討します。「すい」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「萃」は、もともとは「草が群生している」という意味で、転じて「集まる」という意味です。
 人や物が集まり、にぎわっている様子です。
 
 「萃(沢地萃)」は、地面の上に池・湖があるかたちです。沙漠のオアシスが、草が生い茂り、人が集まり、交易の拠点となるように、天のめぐみにより繁栄がもたらされているかたちです。
 ですから、自分の力だけで運気が良いわけではないということを自覚し、周囲への感謝を忘れないようにすべきであると考えられています。また、人が集まれば不慮の事態も発生しがちであることから、「思いがけない事態にあわてないよう、日頃の備えが大切だ」という言葉が示されています。
 
「萃」の占いの言葉は、
 
「萃」とは、「聚」(あつまる)である。
柔順(地)で喜びあい(沢)、人があるべき位置を得ている。
そのために人や物が集まるのだ。
感謝の気持ちを忘れずに。すぐれたリーダーに従おう。
このようなやり方を守り、敬虔さを保てば吉。
運勢は盛んである。積極的に行動しよう。
 
というものです。
 
 「萃」の卦は、集まりにぎわう運気です。したがって、基本的には良い運気と言えることが多いです。商売繁盛・出世・入試合格、そういった運気であるとも解釈されます。
 この卦は「夬」(決行)の卦や、「比」(人の和)の卦と関係が深いと考えられています。「問題を排除する」と「人が集まる」、そして「人が親しむ」という関連性です。また、「夬」は雨降り。雨が降って地上に溜まると「萃」になります。また、地上の水が動いている(大河)場合が「比」であるからです。
 事業・仕事運では、吉となることが多い運気です。「人が集まる」からです。また、利益も「集まりやすい」と考えられます。ただし、あまり物欲を燃やすよりは、ていねいな仕事を心がけるべきであり、また、「人が集まり」「人と親しむ」運気ではありますが、口先のうまさで親しみを得るのは良くないと言われています。ですから、こと営業職等のお仕事に限っては、いろいろと注意すべき点も多いという運気ではあります。
 
 
 
 次に、「解(雷水解)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「萃」「解」の卦を踏まえて、レモングラスさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、卦の性質を考え合わせて、内包関係であると解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 いまお住まいのところに「人通り」があるかどうか、「何となく足が向きそうなところか」どうか、そこから判断すべきかと感じられました。もし、より良い条件のところに引っ越せるならば、引っ越す方が良いのではないかと。
 ただ、「無理はしないほうが良い」という運勢でもあります。いわゆる商業地や、その近くを選んだために、部屋代の負担が大きくなりすぎてしまうのは良くないかと。また、ご近所のクレームがありそうなところも、避けるほうが良いのではないかと感じられました。(今お住まいのところが、「何やらそういうことにうるさそうだな」と言うことであれば、引っ越すのも一つの選択かもしれません。)
 引っ越しの時期については、「いつお仕事を始められるのか、そのために必要な準備期間は?」という点との兼ね合いもあるかとは感じられますが、一つの可能性として、一月。また、5ヶ月後。そういう数字があるかなとは感じられます。ただ、私は「当て物」を意識して占いを立てませんので、こちらは「当たるも八卦当たらぬも八卦」であると申し上げます。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「萃、解へゆく」です。
 
 メインの運気を示す「萃」は、「砂漠のオアシス」というイメージであり、「人が集まる」、「物やお金も集まる」という運気ですので、大概のことについて、かなり良い運気ということができます。特に仕事運と人間関係については、大吉と言えます。
 
 「引っ越すか、引っ越さないか」という今回のご相談についても、「人の集まり」という点を判断基準にするのが良さそうだと、見立てました。
 いまお住まいのところが、たとえば駅の近くであるとか、何か大きな商業施設等の近くであるとか、あるいはその他の理由により、「人通りが繁華である」ようなところであれば、引っ越さなくても良いのではないでしょうか。
 逆に、「閑静なのは良いけれど、あまりに物静かすぎる」ということであれば、お引越しを検討されるのも一つの判断かと申し上げます。
 
 「駅前」のようなところに限ることも無いのかな、とは思います。
 「妙に人の足が向く」ようなところもありますし、「関連性がありそうで、興味を持ってくれそうな人が通っていそうな施設の近く」という発想もあるかと(「病院の近くに薬局を建てる」的なイメージです)。
 
 
 このような「萃」の卦に内包されているサブの運気が「解」です。
 メインとして「萃」を意識するにしても、「解」も意識しておくと良さそうだ、というイメージです。
 
 「解」は、「春の雪解け」というイメージの運気です。
 凍りついていたような運気が動き出すということです。緩やかに上昇していく運勢であると見立てました。
 もっとも、「解」は、「雪解けがはじまったばかり」というイメージです。そのため、運気が暖まってくるまでには、まだ時間がかかります。寒い日がぶり返したりするような運気の時もあります。目には見えにくいけれども上昇はしている、そのような運勢であるとお考えください。
 このような「解」の卦が得られたときに注意すべきは、「無理をしない」ことと、「『懈(おこたる)』にならないようにする」ことです。
 
 決して悪く無い運勢です。ただ、「何事につけ、無理は禁物」というところがあります。
 ここから考えますと、「好条件を求めすぎて、家賃等の点で無理をする」ようなことは避けるほうが良いのかなと、感じました。
 また、その他の点での「強引さ」も、避けるほうが良いかもしれません。
 真っ先にイメージされたのは、集合住宅の管理規約的なもの、あるいはご近所トラブル的なものです。「お仕事禁止」というところもあれば、「そう定められてはいるけれど、みんな気にせずやっている」ようなマンションもありますよね。
 「そういうことに、うるさくなさそう」なところを選ぶという発想も、あるのではないかと感じました。
 
 
 お引越しの時期につきましては、上でも申し上げましたが、「当たるも八卦当たらぬも八卦」というところがあります。
 特に、いつからお仕事を始められるのか、そのために必要な準備期間は、「かきいれ時」との兼ね合いは……等の問題もありますので、なんとも言えない部分はあるかと感じられてなりません。
 とは言え、変爻(変化する横棒のことです。今回は下から二本目と五本目。最上図をご参照ください。)の位置からすると、2ヶ月後・5ヶ月後。前者はあまりに急ですので、5ヶ月後というイメージが、あるにはあります。
 また、「萃」のイメージが7月、「解」のイメージが「1月」であり、「解にゆく」という卦であることを考えると、「1月」というイメージも、あるかとは存じます。
 とはいえ、「解」であればやはり、「無理は禁物」というイメージこそが大切かと。「しっかり見極めて、決まった時にこそ」と、見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

 

<無料占い> 尊敬する上司。 HSPさんより。

 
 
 今回は、HSPさん(女性・30代)からのご相談です。「一緒に仕事をした尊敬する上司がいます。いなくなって初めて、彼がどれだけ部下のことを考えて頑張ってくれていたかを実感してます。大きな組織なのでまた一緒に仕事できる機会があるかは分かりませんが、完全に縁は途切れてしまったのでしょうか。また接点はできるでしょうか。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「解(雷水解)」です。最上図をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「解」の卦を腑萎えて、HSPさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 
 結論です。
 
 ご縁が途切れたということはない、と見立てます。
 仕事上、直接の上司と部下というご縁になるかどうかまでは分かりませんが、接点はまたできるのではないかと。
 ただ、「ゆっくり回復する」という卦ですので、時間はかかるかもしれません。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「解」です。
 「解」は、「春の雪解け」というイメージの運気です。
 凍りついていたような運気が動き出すということです。緩やかに上昇していく運勢であると見立てました。
 もっとも、「解」は、「雪解けがはじまったばかり」というイメージです。そのため、運気が暖まってくるまでには、まだ時間がかかります。寒い日がぶり返したりするような運気の時もあります。目には見えにくいけれども上昇はしている、そのような運勢であるとお考えください。
 このような「解」の卦が得られたときに注意すべきは、「無理をしない」ことと、「『懈(おこたる)』にならないようにする」ことです。
 
 「今はまだ、寒々とした時期だけれど、やがて回復してくる」といった性格の運気です。
 ご縁が完全に途切れたというイメージではなく、また接点が生ずることはあるかと見立てました。
 ただ、「ゆっくり回復する」という卦ですので、時間はかかるかもしれません。
 
 「当て物」系の占いは得意ではないのですが、今回のご相談については、卦や易を離れても、「またご縁がつながる」ということがありうるのではないかと感じられます。
 「大きな組織であるために、直接の上司部下というご縁がまたできるかは、分からない」というところは、あるかもしれません。
 しかし、仕事上のご縁って、案外根深い(なんだか良くない表現みたいですが)ところが、ありませんか?
 思わぬところで繋がっていたり、協力し合ったり。プロジェクト等が立ち上がった時に、違う部署でも係わり合いがあったり。そういうかたちでのご縁は、いつかきっと、復活すると思うのです。
 「それでは足りない。もう少し太いご縁を……」というご期待はあるかもしれませんが、今度はそれこそ易に戻りまして、「解」ではないかと。
 「ゆっくりと、回復してくる」ような繋がり方ではないかなと、そのように見立てました。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ

<無料占い> 婚活中です。 オフさんより。

 
 
 今回は、オフさん(女性・30代)からのご相談です。「婚活中ですが、最近疲れ気味です。いつ頃彼氏ができますか?結婚もできるでしょうか?年齢的に、一人で生きていくことも視野に入れていかないといけないかなと思っています。」とのご相談内容です。
 
 
 得られた卦は、「賁之解」(賁、解へゆく)です。
 
 
 まずは、「賁(山火賁)」の卦を検討します。「ひ」と読みます。最上図、左側をご参照ください。
 
 「賁」は、「かざり」「装飾」という意味です。なんの飾り気もないと、やや殺伐としてしまいますが、中身がないのに装飾だけするのは、「虚飾」になってしまいます。適度な装飾・うるおいを心がけましょうという運気です。
 
 「賁(山火賁)」は、山の下に太陽があるかたちです。このかたちについて、「刑罰のような重大事はすべきではない。日常の事務に励もう」という言葉があります。
 
 「賁」の占いの言葉は、
 
 積極的に進めば、小さな吉がある。
 天文の運行に従って時代の変化を察知し、文化を築くべきだ。
 
 というものです。
 
 「賁」は、「噬嗑」の次に配置された卦であり、また、両者はそのかたちも似ています。最上図をご参照いただきたいのですが、この卦は上下のあご(実線)の中に歯(破線)があり、その真ん中にものが挟まっている(実線)というかたちをしています。上の歯に物が挟まっているのが「噬嗑」、下の歯に物が挟まっているのが「賁」です。
 いずれも、歯に物が挟まったような悩み事がある、という運気ですが、「噬嗑」は思い切り噛み砕く方向に考えるのが良いのに対して、「賁」は無理せず、穏やかに対処する方向に考えるのが良いとされています。
 ですから、大きな事業の決断は避けた方が良いのですが、日常の事務に関しては、「小さな吉」なのです。
 また、「賁」は山(門)の内側に火(文明・知性)を宿しているというかたちです。ですから、内々の問題に関しては明晰に判断ができるという運気でもあります。
 恋愛・結婚運としてはあまり良くありません。相手側に、何か隠された事情があるようなケースが多いとされます。
 
 
 
 次に、「解(雷水解)」の卦を検討します。最上図、右側をご参照ください。
 
 「解」は、「とける」という意味です。雷(春の訪れ)によって氷がとけるように、苦しみから解消される運気があるという卦です。
 
 「解(雷水解)」は、雷がとどろき雨が降るというかたちです。このかたちについて、「慈愛の心を持つべきだ」という言葉があります。
 
 「解」の占いの言葉は、
 
 困難(水)の中を動いて(雷)ゆき、苦しみを抜け出る。
 平易なことがらを選択しよう。
 困難が解決したら、静かにするのがよい。
   
 というものです。
 
 「解」は、雪解けです。今まで苦労されていた人にとっては、運気の上昇が見込める卦です。
 また、「解」が、「解答」「解決」「理解」という語にも使われるように、問題を抱えていた人にとっては、その問題が解けるという運気です。
 もっとも、春の氷はゆっくりととけていくもの。急激に運気が上昇するというわけではないことに注意が必要です。
 そして、占いの言葉に、「平易なことがらを選択しよう」とありますが、これは、「解、利西南」(「解」の卦は、西南に利がある)という言葉を翻訳したものです。
 また、対人関係については、「あまりに情けをかけすぎるのは、その人が「懈」になってしまうのでよくない」という意味になります。
 恋愛・結婚運については、一般的には悪くないと見ていきますが、まとまるまでは予断を許しませんし、まとまってからも油断すると破綻しかねない、という運気でもあります。
 
 
 
 以上のような「賁」「解」の卦を踏まえて、オフさんのお話とあわせて、運勢を判断します。
 「A之B」という卦が得られた時の、「A」と「B」の関係については、以下のように解釈されます。
 現在、メインとして表に出ている運気は「A」である。この「A」の中に、サブとして、「B」が内包されている。今は内部にあって表に出ていない「B」であるが、やがてこれが成長して、全体として「B」がメインとなり、表に出てくる可能性がある。その結果、運気が「A」から「B」へと変化するということができる。
 すなわち、主に内包関係と見るか、主に変化の関係と見るか、基本的な意味合いは同じですが、どちらを重視して解釈すべきかという点は問題となります。
 今回は、2つの卦の関係性から見て、変化であろうと解釈しました。
 
 
 
 結論です。
 
 少し時間がかかるかもしれませんが、「恋人が見つからない」という卦ではありません。
 決め付けるような考え方、「覚悟をしていく」ような発想には、あまり向かないという運勢です。
 「理に走る」よりも「感覚的になる」と良さそうです。「どうにかなる」という楽観も、お勧めになるかと見立てました。
 
 
 
 
 今回得られた卦は、「賁、解へゆく」です。
 
 現在の運気を示す「賁」は、「かざり」という意味を持ちます。「内実」と「装飾」のバランスが重要である、とされる運気です。
 「賁」は、「日常の事務については小さな吉」と言われています。日々の生活、特に家庭に関する運気については良好とされます。
 何かどうもしっくり来ないような問題がある時には、無理せずに穏やかに対処することがお勧めとされています。「一つの結論を決めてそちらに全力を傾ける」のではなく、「なあなあ」にしておくのに向いた運気ということができます。
 
 このような「賁」が、やがて「解」へと変化していくと解釈されます。
 「解」は、「春の雪解け」というイメージの運気です。
 凍りついていたような運気が動き出すということです。緩やかに上昇していく運勢であると見立てました。
 もっとも、「解」は、「雪解けがはじまったばかり」というイメージです。そのため、運気が暖まってくるまでには、まだ時間がかかります。寒い日がぶり返したりするような運気の時もあります。目には見えにくいけれども上昇はしている、そのような運勢であるとお考えください。
 このような「解」の卦が得られたときに注意すべきは、「無理をしない」ことと、「『懈(おこたる)』にならないようにする」ことです。
 
 
 「賁」も「解」も、穏やかな運気であり、恋愛や結婚には向いた運勢と言うことができます。
 (冒頭で申し上げた、「賁」は結婚運に良くないという話は、「お見合い結婚の時代に、縁談の話が具体化して、本当にこの人で良いか迷った時」の話であるとお考えください。具体的なお話がないケースでは、あまりあてはまりません。)
 
 もっとも、「賁」も「解」も、非常にゆったりとした卦です。したがって、時間はかかるかも知れないと見立てます。
 2、3、6という数字のイメージがありますが、あまり頼れる数字ではありません。
 またそれ以上に、「数字を得たことで、それを目標にして頑張ってしまう、期待してしまう」ような行動とは、非常に相性が悪い卦であるということを、申し上げます。
 「カッチリした考え方、悪く言えばギスギスした発想」に向かない卦なのです。
 
 「賁」は、「決め付ける」、「覚悟をしていく」ような発想とは、非常に相性が悪いとされています。
 また、「解」は、「諦めて努力を放棄する」ことも、逆に「頑張りすぎる」ことも良くないと言われています。
 この二つの卦が得られたということからすると、「『まあ何とかなるさ』と楽観しつつ、淡々と婚活を続けていく」ようなスタンスが、お勧めになるのではないかと感じられるのです。
 時間はかかりそうではあるものの、見つかるのではないかと見立てました。恋愛・結婚運としては良好ですので。
 
 私が言えることではないかもしれませんが……「理に走る」こと、「考えを突き詰めていく事」は、あまりお勧めできないという卦です。
 「物事を、感覚的に捉える」という発想がお勧めになるかもしれないということも、あわせて申し上げます。
 
 
 

無料占いのお申し込みは、 こちら からどうぞ